« 連休終了 | トップページ | 配置転換みたいな »

2006年5月 9日 (火)

ウォークマンの方針転換

ウォークマン、iPodの音楽圧縮方式に対応

2006年05月09日23時13分

 ソニーは9日、デジタル携帯音楽プレーヤー「ウォークマン」で音楽を聴くためのソフトを、「iPod」をヒットさせている米アップルコンピュータが推奨 する音楽圧縮方式にも対応させると発表した。CDからアップルのソフト「iTunes」に取り込んだ音楽を、簡単に「ウォークマンAシリーズ」のハード ディスク駆動装置(HDD)搭載機種に転送して聴けるようになる。

 今月25日からインターネットを通じて、音楽管理ソフト「SonicStage」の最新版「SonicStage CP」の無料提供を始める。これまで はソニー独自の圧縮方式「ATRAC」や「MP3」、マイクロソフトの「WMA」に対応していたが、最新版はアップル推奨の「AAC」にも対応し、利用者 の利便性が高まる。

 ソニーは独自方式で顧客を囲い込む戦略に失敗し、すでにオープン戦略に転換しているが、最後まで一線を画してきたアップルの人気を軽視できなくなったようだ。

 調査会社BCNによると、携帯音楽プレーヤーの4月の国内販売台数シェアでは、アップルが52%で首位。ソニーは15%、松下電器産業は7%と大差がついている。

要するに「ウォークマンがiTunesに対応」という話でしょうな。
まあ、逆にいさぎよくていいんじゃないですか。

一日も早くiTunesにソニー系の楽曲が多く並んで欲しいです。
モーラカワイソス。

|

« 連休終了 | トップページ | 配置転換みたいな »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/48864/1740921

この記事へのトラックバック一覧です: ウォークマンの方針転換:

« 連休終了 | トップページ | 配置転換みたいな »