« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月27日 (火)

アキバいってました

しばらくブログ更新してませんでしたが、週末は東京にでかけてました。
アキバに行って色々見て、いろいろ買ってきましたよ。
いやー勉強になりましたわ。足は棒のようですが○| ̄|_

一番の収穫は中古の18インチモニタ。
デル製で19800円でゲットしました。
宅急便で送っといたものが今日の夕方届いてました。

さっそくつなげてみる。
いやーこれはすごい。
調子に乗って解像度を最大にしてみる。
そしてワイヤレスキーボードを使って部屋の端からブログを書いてみたりするのです。
うはー楽しいw
東京についてはまだ色々書く予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月21日 (水)

日本むかしばなし

たまに日本むかしばなしを見ると、すごい話にぶちあたる。

むかしむかしあるところに、おじいさんとおばあさんが住んでいました。
以下高速モード。

親とはぐれた子猫を拾う

子猫が土蔵の隅でネズミを見つける

ネズミ<親が病弱なので見逃して欲しい

猫がネズミを逃がす

ネズミは地下でお宝を磨いていた

ネコがネズミの穴に豆を落としてあげる

ネズミを見逃した+豆をくれたお礼にネズミがお宝をくれる

おじいさんとおばあさんは大もうけ

スゴイです。
ありえないです。

例えてみれば、日本のフォワードがブラジルのGKをグーで殴るような話です。
でもネコ関係の作画、可愛かったので許す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっぱりわるいことだよね

少々古い話かも知れませんが、日銀の速見総裁について。

いわゆる株を所有してたことがどれほど問題のあることなのか、恥ずかしながらわたくし、しばらくピンときませんことでしたのよ。
ファンドに出資して高配当、ほうほう。
株を購入して値上がり、なるほど。
実際の話、上がらない株を買う人間より上がる株を買う人間のほうが、経済に明るくてその筋の役職に向いているのではないか、と思ってたりしましたが、やっぱりよくよく考えると違いますねw

要するに株なんか持ってると、立場を利用したんじゃないの?的な疑惑を持たれざるを得ないってことです。
日銀総裁として実行した政策が、自分の所持する株の株価を上げるためだったんじゃないの?とか、本人に悪気がなくても思われちゃうわけですな。

なんか書いててあんまり当たり前のことなんで恥ずかしくなってきましたがw
今日は私の浅学無知ぶりを晒す日だと思って耐えます○| ̄|_

でもテレビのニュースとか見てても、「とにかく悪い!!!」ばかりで、
何故悪いのか、何が悪いことなのかを話すヒマも無いように見えます。
こうやってよくよく考えてみるまでわかりませんでした。
まあアレですよね。公務員って大変です。


追記:日銀総裁のお名前を思いっっっきり間違えておりました。

正しくは、福井総裁です。やってしまいました。お詫びして訂正します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月19日 (月)

週明けらしくスロースタート

サッカーのせいで寝不足で困る今日この頃。
無呼吸関係で医者からは早く寝るように言われてます○| ̄|_

なんとなくFF11の公式ページを見る。
ほー自由にチョコボに騎乗できるようになる?
なるほどなるほど。

スタートレックのDVDもなかなか見る暇無いっす。
マザー3は嫁さんが進めてるけどまだおわらにゃい。

こんな感じでいまひとつ生き方がとっちらかってます。
何もかもサッカーのせいw
7月初旬ごろに直るかも(´_ゝ`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月14日 (水)

ノー残業デーを励行しませう(*'-')

月曜の夜はほらあの、例のアレがアレだったもんでけっこう落ち込んだわけで。

翌日夜は11時まで残業で身体にこたえました。

で、今日は早めに帰ってトレーニングもせずに静養してます。
レンジの「牛乳」でタオルを蒸して目に当ててます。
トリビアでシャアの副音声を横目にシャワー浴びてます。

題目も15分ほど。

まーアレですよ。

たとえ負けても、負けるな、日本。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年6月12日 (月)

ワールドカップと平和

ORZ氏のブログにコメント書けなかったので自分とこにカキコ。
ちょっと靖国問題について書かれていたので。
続きが楽しみなエントリです。期待してます(´_ゝ`)

間違った宗教の元、国の戦争の巻き添えになって若い命を断たれ、あまつさえ死んだ後も自国や他国の政治ゲームの駒にされている英霊の皆様が気の毒でならない。
悪い宗教よりさらに悪いのは、それを利用する人間の魔性だと先生も断じています。
また、足を踏んだ人間はそのことを忘れても、踏まれた人間は決して痛みを忘れないとも言います。

時あたかもワールドカップ。
前回の日韓大会のときは選挙の応援で行ってた宮崎の飲み屋さんで
韓国-トルコ3位決定戦を見ていたのが懐かしいです。
オリンピックもそうだけど、一つの競技に世界中の国が同じ夢を見られる。
世界が平和だからできることだと思うたびに、涙ぐむような思いがします。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2006年6月11日 (日)

ミッション手伝いで夜遅く○| ̄|_

新入LS員のドラゴン討伐を手伝いました。
4人で行きましたが,夜も遅いこともあり他の2人が次々と力尽きていく。
早い話が寝落ちである。


・・・BC前に残された2人。
いっそ2人で華々しくドラゴンのブレスを浴びるか。
そんな思いもよぎる中,BCに挑戦する集団がもうひとつ。
レベルがバラバラだ。これはもしかして・・・
/say 【ドラゴンキラー】【ミッション】【助けて!】
眠さで英語もたどたどしいが,そんな内容をか呼びかけた感じだった。
適当に呼びかけたら,終了後に手伝ってくれるとのこと。
躊躇せずガイジンPTにねじ込むw

無事加入させられたものの,本当に目的を達成させられるか正直不安だった。
BCに入ってみたら,目の前にあるのは3つの宝箱かも知れないのだ。
LS会話で問いかけてみるが,しばらく返答がない。
5分ほど緊張の時間が続く。

「おわりましたー」
無事ドラゴンを倒せたらしい。
一仕事終えた私はホッと胸をなでおろした。


・・・しかしなかなか出来ない経験だったなあ。
通りすがりのガイジンPTを斡旋するってw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月10日 (土)

睡眠時無呼吸症診察

毎月恒例の診察でした。
朝9時半に家を出て1時間半hぐらいかけて到着。
CPAP(寝ている間に鼻につける機械)を受付に預け,
30分ほど運動訓練をするわけです。

運動訓練といっても体重の増減経過や効果的な運動方法の指導など。
運動療法を始めたのが昨年の4月,もう1年2ヶ月経ちますね。
体重のピークが102kg→現在は90kgを切るまでになりました。
病院内でもかなり成功ケースとか。

他の人にもやり方を教えてあげて欲しい,と言われました。
教える・・・信心を教えれってことですか(;゜д゜)

でも実際あまり他に攻略法らしきものがないのが正直な感想です。
一月や二月体重が増えてしまっても,簡単にあきらめない。
長期的な視野に立って,今日できることを少しずつ続けること。
そして何より,「何のため」にダイエットするのかをしっかり持っていること。
信心根本にこれらの全てを実践した上での結果にすぎない,と思ってます。

まあ人に話すときはもう少し取っ付きやすい話にしたいのですが(´_ゝ`)
実際理想の体重までまだ半分だしw
先生の言葉で何かふさわしいのがないか探してみたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年6月 6日 (火)

6月4日の聖教新聞について

4日の聖教新聞「破邪顕正」がネット上で話題になっているのを今日知りました。
あわてて新聞をめくって見る。

SGIのORZさんすいません引用させていただきます○| ̄|_

『聖教新聞』2006年6月4日付


破邪顕正

「名無し」の怨嫉文化

 「いまだ日蓮ほど、法華経のために諸人に憎まれた者はいない」(法蓮抄、通解)

 日蓮大聖人には諸御抄で、こう繰り返し述べられておられる。

 仏法を憎む諸人の心理とは、(1)利害(2)偏見(3)沽券などが複雑に絡んだ情念であった。

 「法華経のため」という大信念に対して、彼らの憎悪はあまりに次元が低すぎた。

 正義も分からない。慈悲も分からない。その迷乱の世情を、悠然と見おろす大聖人の眼差しを拝する思いがする。

 創価学会の前進に対する怨嫉も、同じ情動を見てとれる。

 ネットあたりで品のない憎悪むき出しの罵言をチョロチョロ出す「名無しさん」たちなど、かの諸人の流類であろうか。

 事実も知らない。良識もない。嘘八百や恐喝まがいの悪口で、しかも出元がデマ週刊誌だったりする幼稚さ。

 ネット・チャット類は、市民の自由な言論の場として大切だが、人権破壊の狂言の掃き溜めになっては自殺行為である。多くの常識ある「名無しさん」にとっても迷惑であろう。

 実際、「名無し」の正体が突き止められ、名誉棄損等で断罪されるケースも多いという。

 匿名性の陰に隠れ、他人を罵ってはウサを晴らす汝自身の生き方こそ、どうであるか? 人生の現実に、淫靡な逃げ場サイトはないのだ。

 「憎悪はつねに無力から生まれる」(トルストイ、小沼文彦訳)

 メディア化の中で、人格力や対話力が衰弱する世相。彼らもまた、連綿たる日本の怨嫉文化の犠牲者のようである。

 こういう哀れな「名無し」の諸人にこそ、創価の仏法哲学が大いに必要なのだ。世界の歓呼を聞きたまえ。
(小泊聡)

私自身2chもよく見ていないのでどのような批判が起こってるか具体的にまだ判っていないわけですが・・・

私は本コラムの主張について、大筋では賛成です。しかし、大変な誤解と対立を呼んでしまう文章といわざるを得ません。これではいわゆる「燃料」扱いされます。

まず、ネット上の”名無しさん”像がまだこれだけでは曖昧であります。
中盤の一段落を使って「常識ある『名無しさん』」について言及してますが、話者識別のゆるやかなネット上においては、こういった2分割論は洞察が甘いと言われてもしかたがないです。

できることなら2面の座談会と同じぐらい紙面を割いて、ネット上の独特な言論空間の特徴をしっかり説明し、その上で具体的にどのような誹謗中傷が実際行われているかを会員と非会員両方に説明するべきだと思います。

実際私の身の回りの、イナカの地区のおばちゃん方は、言っちゃ悪いですがインターネットを「したことがある」人が良くて10人に1人というオーダーです。
ネットで何が起こっているか、これから生活の中でネットがどのように浸透していくか、良い面と悪い面を両方平等に紹介していくのが、一般的な新聞の役目といえるでしょう。
コレは聖教新聞に限ったことでなく他のメディアに対しても何度となく言われてきたことです。

そこに持ってきてこういったネットの負の面ばかりをあげつらってみても、会員側は「インターネットは怖いところだ」というイメージが刻み込まれるばかりで、何のメリットもありません。
また、ネットの住人側にしても、創価学会からの自分たちへのメッセージをこうやって突きつけられて決していい思いはしないと思います。なにせ自分が「良識ある『名無しさん』」なのかどうか、まったく区別がつけられないのがネットの構造だからです。
自分たちが十把ひとからげに非難されていると思っても無理がありません。
率直に申し上げて、この記事でネット上の広宣流布が進むとは思えません。

私自身、ネット上にすこしでも仏法の考え方を持ち寄れないかと考えたのがこのブログを作る動機だった面もあるので、この記事が学会とネットとの断絶を進める方向に受け取られることを非常に危惧しています。

どうか聖教新聞としては長期的にネットと上手くつきあう方法に取り組んで行っていただきたいです。またネットのこちら側の皆さんは、今回の接触に失望しないで、きっと誠実に取り組みますから、学会がネットにどう取り組んでいくかを、暖かく見守ってもらいたいと思うのです。お互いを知らない意味でまったく同じじゃないですか。

ちょっと長くなってしまいましたが、そういう意味でも、他にもいいことがいっぱい書いてあるから、
聖教新聞とってみない?(´_ゝ`)とオトしてみたりするわけで。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年6月 5日 (月)

週末週始

約1年ぶりにシーフのレベルが上がりましたw

57です。できれば【ダンシングエッジ】使いたいです(*'-')

錬金スキルを24まで上げました。
スライム狩るだけで稼ぎがぜんぜん違います。
こんなことならスキル早く上げとくべきだtt

月曜は仕事終わってから男子部の家庭訪問。
久しぶりに3件ほど回る。
みんな色々苦労してます。
やっぱり具体的には言えないけど。

そう頻繁に会えない分、
祈りを届けさせていただきたい今日このごろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 2日 (金)

日記っぽく

副部長が急にバイトに行かなければならなくなり、家庭訪問が中止に。
とりあえず家で題目&静養につとめることに。
題目が20分ぐらいで集中が続かなかったw

明日は嫁さんの実家で稲の種まきの手伝い。
実際ガチで「ほのぼのとした日常」を満喫中(*'-')

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »