« 週末週始 | トップページ | 睡眠時無呼吸症診察 »

2006年6月 6日 (火)

6月4日の聖教新聞について

4日の聖教新聞「破邪顕正」がネット上で話題になっているのを今日知りました。
あわてて新聞をめくって見る。

SGIのORZさんすいません引用させていただきます○| ̄|_

『聖教新聞』2006年6月4日付


破邪顕正

「名無し」の怨嫉文化

 「いまだ日蓮ほど、法華経のために諸人に憎まれた者はいない」(法蓮抄、通解)

 日蓮大聖人には諸御抄で、こう繰り返し述べられておられる。

 仏法を憎む諸人の心理とは、(1)利害(2)偏見(3)沽券などが複雑に絡んだ情念であった。

 「法華経のため」という大信念に対して、彼らの憎悪はあまりに次元が低すぎた。

 正義も分からない。慈悲も分からない。その迷乱の世情を、悠然と見おろす大聖人の眼差しを拝する思いがする。

 創価学会の前進に対する怨嫉も、同じ情動を見てとれる。

 ネットあたりで品のない憎悪むき出しの罵言をチョロチョロ出す「名無しさん」たちなど、かの諸人の流類であろうか。

 事実も知らない。良識もない。嘘八百や恐喝まがいの悪口で、しかも出元がデマ週刊誌だったりする幼稚さ。

 ネット・チャット類は、市民の自由な言論の場として大切だが、人権破壊の狂言の掃き溜めになっては自殺行為である。多くの常識ある「名無しさん」にとっても迷惑であろう。

 実際、「名無し」の正体が突き止められ、名誉棄損等で断罪されるケースも多いという。

 匿名性の陰に隠れ、他人を罵ってはウサを晴らす汝自身の生き方こそ、どうであるか? 人生の現実に、淫靡な逃げ場サイトはないのだ。

 「憎悪はつねに無力から生まれる」(トルストイ、小沼文彦訳)

 メディア化の中で、人格力や対話力が衰弱する世相。彼らもまた、連綿たる日本の怨嫉文化の犠牲者のようである。

 こういう哀れな「名無し」の諸人にこそ、創価の仏法哲学が大いに必要なのだ。世界の歓呼を聞きたまえ。
(小泊聡)

私自身2chもよく見ていないのでどのような批判が起こってるか具体的にまだ判っていないわけですが・・・

私は本コラムの主張について、大筋では賛成です。しかし、大変な誤解と対立を呼んでしまう文章といわざるを得ません。これではいわゆる「燃料」扱いされます。

まず、ネット上の”名無しさん”像がまだこれだけでは曖昧であります。
中盤の一段落を使って「常識ある『名無しさん』」について言及してますが、話者識別のゆるやかなネット上においては、こういった2分割論は洞察が甘いと言われてもしかたがないです。

できることなら2面の座談会と同じぐらい紙面を割いて、ネット上の独特な言論空間の特徴をしっかり説明し、その上で具体的にどのような誹謗中傷が実際行われているかを会員と非会員両方に説明するべきだと思います。

実際私の身の回りの、イナカの地区のおばちゃん方は、言っちゃ悪いですがインターネットを「したことがある」人が良くて10人に1人というオーダーです。
ネットで何が起こっているか、これから生活の中でネットがどのように浸透していくか、良い面と悪い面を両方平等に紹介していくのが、一般的な新聞の役目といえるでしょう。
コレは聖教新聞に限ったことでなく他のメディアに対しても何度となく言われてきたことです。

そこに持ってきてこういったネットの負の面ばかりをあげつらってみても、会員側は「インターネットは怖いところだ」というイメージが刻み込まれるばかりで、何のメリットもありません。
また、ネットの住人側にしても、創価学会からの自分たちへのメッセージをこうやって突きつけられて決していい思いはしないと思います。なにせ自分が「良識ある『名無しさん』」なのかどうか、まったく区別がつけられないのがネットの構造だからです。
自分たちが十把ひとからげに非難されていると思っても無理がありません。
率直に申し上げて、この記事でネット上の広宣流布が進むとは思えません。

私自身、ネット上にすこしでも仏法の考え方を持ち寄れないかと考えたのがこのブログを作る動機だった面もあるので、この記事が学会とネットとの断絶を進める方向に受け取られることを非常に危惧しています。

どうか聖教新聞としては長期的にネットと上手くつきあう方法に取り組んで行っていただきたいです。またネットのこちら側の皆さんは、今回の接触に失望しないで、きっと誠実に取り組みますから、学会がネットにどう取り組んでいくかを、暖かく見守ってもらいたいと思うのです。お互いを知らない意味でまったく同じじゃないですか。

ちょっと長くなってしまいましたが、そういう意味でも、他にもいいことがいっぱい書いてあるから、
聖教新聞とってみない?(´_ゝ`)とオトしてみたりするわけで。

|

« 週末週始 | トップページ | 睡眠時無呼吸症診察 »

コメント

TBありでーす。

自分も同じこと考えましたw

でも、話すと、妙観講とか日蓮宗(身延派?)とか、いますね。

「教義」で、ある程度わかりましたw

まったく、教学を知らない人もいれば、そこそこ知ってる人もいるという。

投稿: SGIのORZ | 2006年6月 6日 (火) 21:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/48864/2101921

この記事へのトラックバック一覧です: 6月4日の聖教新聞について:

« 週末週始 | トップページ | 睡眠時無呼吸症診察 »