« あ、それはもう宗教が原因ですよ。 | トップページ | 夏ですな(´_ゝ`) »

2006年7月30日 (日)

梅雨明けでひと区切り

この1週間は災害復旧やらで散々でしたが、
学会のほうも、折伏の戦いが一段落した形です。
今日は鹿児島まで支部長会に行ってきました。

いわゆる来年の参院選が大きなヤマですので、
それに向けて、組織をしっかりして行きましょう、という話です。

一人で数百人も選挙を頼んでいるスペシャルな人が、どこの組織にも何人かいらっしゃると思いますが、一人が100人取る組織と、100人が確実に一人取る組織と、どっちが最後に勝てる組織かといえば、当然後者だと言えます。
後者の組織で、2人目をチャレンジする人がいればそれだけ伸びていきますし、後者の組織で100人が1000人になることはありえても、前者の1人が1000人取るようになるとはとても想定できる話ではありません(いるかも?w)

100票クラスの活動家は派手にもてはやされて、1票2票という活動家が卑屈な気持ちを持つことが決して無いように。
一人ひとりが1ずつ取らないと、100人で100はできません。団結です。
99人→100人よりも、0人→1人こそが極めて偉大な一歩であることを肝に銘じていただきたい。

また、単に選挙をする団体ならいざ知らず、一人でも多く戦いに参加して、まあいわゆる福運って言うんですか、参加できた実感を積んで欲しいわけで、限られた人間だけの組織になっちゃあいかんわけですよ。

余談ですが、ネットの世界でも数百万というアクセスを持つサイトが一つあるよりも、あらゆる人間がとにかく雑多な情報を持ち寄って言論の世界を形作るほうがはるかに強靭な世界になると、私は考えています。余談でした。

これまで折伏拡大の路線でがんばってきましたが、ふと気がつけば、会合にガンガン参加できる一線級の人間ばかりの組織になってないか点検してみるべきです。
新しい人間、埋もれていた人間の持つ可能性を信じるべきです。
これはもう学会に限らず。


決して無駄な人間は、いないっす。
例えワーキングプアと、呼ばれても。

|

« あ、それはもう宗教が原因ですよ。 | トップページ | 夏ですな(´_ゝ`) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/48864/2864667

この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨明けでひと区切り:

« あ、それはもう宗教が原因ですよ。 | トップページ | 夏ですな(´_ゝ`) »