« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月27日 (水)

コメントにおこたえします。

創価学会ファンさんからコメントをいただきました。
こんな辺鄙なブログをご覧いただいて嬉しい限りです。
今後も末永く御来訪いただければと思います。
御指摘の内容にお答えするには少々長くなると思ったので、新しくエントリ立てますね。

>「迫った事態の打開のため」=その事態って何?

御指摘の内容について、短い時間ですが自分なりに調べてみました。
手前供の文献で申し訳ないですが、「人間革命」第9巻184pp「展開」の、戸田第2代会長が政治に参加するに至った動機です。

・・・(略)彼ら(民衆:筆者注)は、心から信頼に足る政党を求めているというより、まず信頼すべき政治家たちの集団としての政党が、なんとか実現しないものかとの想いに暮れているといってもよい。戦前、戦中と政治に欺かれとおしてきた民衆の悲願が、戸田城聖には痛いほど胸にこたえていた。この悲願は、戦後の民主化の波に乗ってかなえられるかに思われたが、十年たったいま、それは後退の萌しをみせながら燻りつづけている。未来への期待は、このままではまず絶望といったほうがよい。この絶望のゆきつくところに、帰結として政治するものの人間の問題を、彼は見ていたのである。

これが「差し迫った事態」についての一番具体的な記述ではないでしょうか。

>ふ~ん 単独政権ですか!
>もはや「公明党は創価学会だけのものではない」ことを深く肝に銘ずるべきと考えます。
>えっ 今までは公明党は創価学会だけのものだったのかぃ!
>やっぱりね そうでしたか。ハイ勉強になりました。
>失礼します。

御指摘の内容ですが、件のエントリはどちらかというと創価学会員に向けてのメッセージとして書いたつもりでした。
むしろこれからの学会員の意識のあり方について提言を試みて書いたものです、って何か苦しい言い訳みたいですね(;´_ゝ`)
学会が母体となって公明党が生まれたのは紛れも無い事実です。
学会と公明党は組織上別ですよ、といっても世間の大多数は一笑に付すでしょう。

ただ、この構図によって学会と公明党の関係には非常に厳しい目が注がれているので、これはこれでいい効果を生んでいるような気もします。

あーなんかこれも言い訳っぽい。

あと、一般人以上に学会員は公明党に対して厳しくないと、マジで笑われますよ?と。
議会がどうやって動いてるかとか、本当に関心もって調べて欲しい。学会は信心の団体だ、信心があれば大丈夫とか言って油断しすぎですyp!

スミマセン脱線しました。

まあ学会員のブログを色々見るに、なんかリアル学会活動に比して、ネット上だと非常に公明党に対して厳しい書き方が多いので、私的にはこれからもガンガン書いて欲しいと思ってますw

以上書いてみましたが果たして御満足いただける回答だったかどうか。
こうやって書いてみて改めて自分の不見識をつくづくと反省する次第です。
ブログ書いてると全然勉強が足りないのに気づかされます。
これからも不備の点ありましたらどんどん突っ込んでください。精進します○| ̄|_

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年9月26日 (火)

ネコでもどうぞ

連続着任でお疲れ㊥orz
このネコのようにぐったりと寝たい所存。
Pa0_0001_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月22日 (金)

坂東眞砂子氏の猫殺しに思う。

このブログでは取り上げませんでしたが、坂東眞砂子氏の猫殺しの件について、本人からコメントが出されたようです。

毎日新聞の記事はこちら。
子猫殺し告白:坂東さんを告発の動き…タヒチの管轄政府


さらに、私は猫を通して自分を見ている。猫を愛撫(あいぶ)するのは、自分を愛撫すること。だから生まれたばかりの子猫を殺す時、私は自分も殺している。それはつらくてたまらない。

んーなんか読みたくないオーラに満ちた文章だなあw

もうひとつ、避妊手術には、高等な生物が、下等な生物の性を管理するという考え方がある。ナチスドイツは「同性愛者は劣っている」とみなして断種手術を行った。日本でもかつてハンセン病患者がその対象だった。

なにもナチスを引き合いに出さなくっても・・(;゜д゜)
あと自分自身を高等な生物/存在だと思ってないのかな。

しかし、私にはできない。陰のうと子宮は、新たな命を生みだす源だ。それを断つことは、その生き物の持つ生命力、生きる意欲を断つことにもつながる。

セックスないし出産という行為が、ネコのレゾンデートルであるとでも言いたげな感じです。
誤解と言われようと、私はこの文章からこれ以上の解釈を引き出すことができませんね。

この人の作品は読んだことがありませんが・・・

坂東眞砂子
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

20世紀末 - 21世紀初頭の日本人の前向きな実感は食欲と性欲しかないのではないか、という主観のもと、表現を続ける。

ふむ。
そういう了見で生きているのなら、一連の行動も、さもありなんという感じで納得できます。
この人の一番の問題は、子を産み育てること、毎日を生活することが単に快楽を貪り消費することであるとしか認識できない点にあると私は見ます。
それ以上の価値を感じられず、またその快楽も瞬時に揮発してしまうので、いずれ生きることそのものに価値を見出せなくなっていきます。
仏法的に言うと、地獄、餓鬼、修羅、畜生、人界、天界の六道を彷徨ってるわけです。
短期的な快楽や達成感、勝敗にこだわって自己/他者の生命を消費するだけって言ったらいいんですか。
さぞ生きることが苦しかろうとお察しいたします。

生命って本来、他の生命と触発しあって生きることそのものに価値を見出せる力をもってるハズです。
認識の深さ、影響の大きさで声聞(しょうもん)、縁覚(えんかく)、菩薩(ぼさつ)、仏となります。
ちなみに地獄から仏界まで人間の命の状態(フェーズ)が10あるということで、十界論と呼びます。
学会員は入会後数年のうちに基礎としてこの概念を学びます。

命にはもっといろんな使い方があるのに、人嫌いなのかタヒチにひきこもって猫殺しとは実にもったいない。
実力は分かりませんが、小説書いて上梓するだけの力があるなら、もっと色々考えればいいのに。

あと付け加えますが、この人の中ではいろいろな理屈が渦巻いているようですが、動物虐待とするに十分な客観的事実がありますので、告発は妥当と考えます。

今の世の中、この人のやることにも共感する人が多そうだなあ。
でも理屈はともかくうす平べったい人生観だなあと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月21日 (木)

これもまた現実

夜は家庭訪問。
土曜日に学会の音楽隊が演奏会なのだが、社会人は土曜日も仕事が多くなかなか集まりませんな。
こうなったら婦人部未来部で穴埋めだぜlol
というわけで嫁さんにきゅうきょ動員を要請。
こうして目標は無理から達成されていくのであったw

9時から男子部会。目標達成が厳しいわりにまあまあ雰囲気よし。
まあ目標が厳しくて雰囲気悪いよりはマシですわ。あきらめずに週末がんばります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月20日 (水)

学会員のうつ病・組織との付き合い方

仕事より帰宅後7時より支部の打ち合わせ。ノーパソ持参。
体制表の空欄を協議で埋めて家に帰ってプリントアウトを配布する。
夕食は焼肉でお腹いっぱい(´ー`)

ところで、大白蓮華9月号の記事で気になる点が・・・

シリーズ 仏法は希望の生命学
 第7回 心の病に向き合う
ドクター部インタビュー:うつ病と自己の確立

香西 うつ病だから激励するとか、しないとかではありません。その人が激励を受け止めて頑張れる状態なのか、それとも静かに休ませたほうがいいのか、それを見極めることです。無理な激励は、何十キロも走って疲れて倒れこんだマラソン選手に「もっと走れ!」と叱りつけるようなものです。(99ページ)
香西 本人が、周囲の期待に応えようというのではなく、自分で本当にやりたいと思っているかどうかです。他人のために頑張るのか、自分のために頑張るのか。他人のために頑張るにしても、自分が心からそうしたいと思っているならいいのです。(100ページ)

リポート 「いのちのケア」の現場から

学会2世。高校時代は、池田名誉会長のもと、「社会に役立つ人材に」と誓った逸材である。(略)眠れない。何をしても、空疎に思えた。林田さんは「もっと頑張らなければ」と自分を責めた。(103ページ)
「頑張れない人は弱い人だという思いが強くありました。どこでも”いい子”でいることを心がけてきました。そんなことばかりを気にして生きてきたと思ったんです。(略)」(104ページ)
「題目をあげていい時期と、あげないほうがいい時期とがあるんです。いい時期というのは、患者自身が、病気を客観視できた時です。”ああ、そうか。こんなに苦しむのは、自分が弱いからではなく、病気が原因なのか”。そう気がついて、患者自身が自発的に題目をあげようとする時です。(略)」(106ページ)

科学と生命のフリートーク

”裕福になりたい””責任ある立場につきたい”などの相対的な幸福を追求することは間違っていません。しかし、そうしたことが達成できなければ自分は不幸であるといったように、”条件付き”の幸福に執着し過ぎてしまえば、脳活動の固定化を招いてしまいます。(111ページ)

深読みするのもアレですが、特に2つ目のリポートにおいて、学会員(活動家)のうつ病の実態についてここまで具体的な実像が報告されたことは、私の見る限りでは初めてではないでしょうか。

実際に幹部として頑張っている活動家の壮年・婦人部でも、心療内科で治療を受けているとか、噂では聞いたことがあったのですが、大白で具体的な記事が出るに至って、やっぱりなという感じがします。会員のうつ病という事態が本部でも大きなマターとなっているのでしょうか。詳しくは分かりませんが。

組織は、人間同士の切磋琢磨の場として、仏道修行をしていく上で欠かせないものです。一人では挫けそうなときも、励ましあい、支えあうことで成長できるし、共に団結して会合の成功や選挙の勝利を勝ち取れば何者にも替えがたい体験となります。
しかし、人間関係でさまざまな問題を起こして離れていく活動家が非常に多いです。最近その傾向がますます強くなり、会合に同じ顔ばかりが見えるとか、出てくるのは役職付のメンバーばかりで自分から積極的に参加する姿勢が見られなくなってきている点に不安を覚えます。

私の体験上も、四六時中電話してくる先輩が(かつて)いて、携帯の着信音が鳴るたびに動悸が止まらなくなるほどの思いをしたことがあります。なぜかその頃の着メロがメタルギアソリッドだったのも何かの因果かもしれませんw
ともかく、実際心療内科受診も真剣に考えましたが、妻が止めるのと、学会活動をしている上で精神科に行くようなことがあるわけがないという認識でしたもので、その先輩が活動から離れなければ本当に危ないところでした。

現代社会の中で学会活動を行うこと自体が会員にストレスをもたらしているのか?
現代人自体がストレスへの耐性を失いつつあるのか?
学会の組織が硬直化して、活動家に多大な負担を与えるようになってしまったのか?

仮説としてはいくつか挙げられますが、うつ病は誰でもかかり得る、そして死に至り得る病であり、治療にはまずゆっくり休むことだという大原則を忘れないことだと思います。仕事と活動のバランスを取って、物事に優先順位をつけて、まず自分自身の身を守り、学会活動には自発的に参加する意識を持って組織と向き合うことを肝に銘じる必要があります。池田先生が中継で「とにかくきちんと睡眠を取って」と呼びかけてますが、その指導をしっかり守ることです。

あと、学会員それぞれブログを持つってどうでしょうねw

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2006年9月19日 (火)

発作的インストール祭り

7時前に帰宅、明日行われる月末の支部総会の打ち合わせ(体制表)を作成。
作業用のノートパソコンにプリンターのドライバーを入れ忘れていたのでCDを探す。

戸棚の奥をゴソゴソやってるうちに、私の中の何かにスイッチが入り、やおらソフトのインストール祭りが始まったのであった。

今回棚の奥から見つかったのはA列車で行こう7グラナド・エスパダ

A列車で行こう7
私が買ったのは初期型ですが、今なら全部入りのやつを買ったほうがいいのかな。
経営を黒字にするのは実はかなりカンタンで、AR4をゴリゴリ走らせれば大体OK。
あとはにょきにょきと街が発展していくのを見るなり、完璧なダイヤを組むなり、お好きなように。
いわゆる、デジタル盆栽ですな。

グラナド・エスパダ
久保田修氏の音楽がコレを買った動機の80%。
あと韓国的なMMOってまだやってなかったのが10%と、
友達の友達が開発に関わってたらしいので興味があったのが10%。
オマケのサントラCDで満足して、まだインストールすらしてませんでしたが何か?
一応パッケージには1ヶ月無料プレイ権がついているものの、実際に遊べる時間が確保できるのはいつの日か・・・○| ̄|_
学会活動やりながらMMORPGをするということは・・・・後は分かるな?w

A列車で行こう 7 完全版 A列車で行こう 7 完全版

販売元:サイバーフロント
発売日:2005/12/02
Amazon.co.jpで詳細を確認する

グラナド・エスパダ プレミアムパッケージ (説明扉付厚型スリムパッケージ版) Software グラナド・エスパダ プレミアムパッケージ (説明扉付厚型スリムパッケージ版)

販売元:ソースネクスト
発売日:2006/05/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する


とにかくインストール「だけ」して満足してしまった私は、そのままウォーキングに出かけ、さらにジムのプールで泳いで風呂にも入って、一日を健康的に過ごしましたとさ。

後は子チョコボの世話でもして題目上げて寝ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月17日 (日)

台風13号@鹿児島

私の担当の避難所は、避難者が全員帰宅したので9時をもって解散となりました。
現在暴風域の南東部にかかっているわけですが、時おり突風が吹く他は
比較的穏やかになってきているようです。

この辺りでは突風で立木や看板が倒れたりしたぐらいで、重大な事故は起こってなさそうです。
雨量がそんなに多くないのが助かりました。
各地で被害の報が次々と寄せられています。
これ以上被害が拡大しないことを切に祈ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月14日 (木)

ブログ強化

写真貼ったり、アマゾン貼ったり、リンク集作ったり、色々強まらせてみました。
そんなわけで今後ともよろしくお願いします。
23日に大結集です。部員さんに電話かけなorz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月11日 (月)

5年後のこの世界

911から5年。

始めに感じたのは圧倒的な衝撃。
世界を一変させる出来事をテレビで目の当たりにしている事実。
数日間は現実にうろたえるばかりだった。

そして見えてきたのは、圧倒的な憎悪。
誰のものか、何に向けられているのかすら分からない、ただ存在だけは否応なしに感じさせられる膨大な質量の憎悪だった。

一つの敗北ではなかったかと思う。
何故慈悲や信仰より先に、巨大な形を現したのがこの憎悪だったとは。

個人の計り知れない一念が、世界に一撃を加える時代になったと感じた。

ならばと自分も自分なりのやり方で世界と関わらねばと思った。
私にとってはそれが学会活動という形だった。
WTCを倒すことを、成し遂げた彼もまた私も同じ人間のはずだ。
数日後にはアフガニスタンという国について調べあげ、会館で発表していた。
何かせずにはいられなかった。

あれから5年。
私個人と身の回りとこの世界、何も変わらないように見えて、大きく変わっているようにも見える。

果たして世界は、彼の望んだものになってしまったのか。
それとも、そうならずに済んでいるのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月10日 (日)

とりあえずおめでとうございます、なのだが

私見だが、今回の皇室典範改正問題は、踏み込む度合いによっていくつかの層に分かれており、目的によってその改正内容も違えば影響範囲も違うため、世間は混乱しているように思う。

1 万世一系の男子による天皇制を維持する

2 天皇の地位を男性女性に関わらず就任できるものとする

3 皇室の定義を拡張して皇位継承権者を増やす

4 天皇制の存続そのものを議論の対象にする

端的に表現するならば、以前問題になった「女性も天皇に就任可能にする」といった改正においては、1ないし2の問題について対策を講じるもので、3または4までは踏み込んでいない。
1のみを目的にするには男子の出産というものを気合で実現しなければならないので、2まで譲歩してはどうかという情勢に至ったところで今回の男子誕生である。
とりあえずはおめでとうございます。なのだが、

迷馬の隠れ家 

炎上覚悟?!後継者の話。

たとえ今回の様に上手く親王が誕生したからといって、問題を“後回し”する様ではいけない。てのも、ネガティブな考えかも知れんが今後この親王が成人する までに亡くなられた場合や、現在の皇太子様や秋篠宮様が皇位を継承できなかった(暗殺・事故・急性疾患による病死等)場合も含めた上で、早急に決めるべき 事と認識するべきではなかろうか?

極めて正論だと思う。なのに各所でこれに言及するblogで炎上の報が聞こえる。
発言に対して非難を浴びせる人々は、たぶん本論に関わりの無いところで

1 皇族の死亡という事態を想定することそのものに対する禁忌感

2 女性天皇制への抵抗

あるいは逆に
3 出生児の性別選択への嫌悪感
といった感情による抵抗感を覚えずにはいられないのだろうか。

ことここに至って、自然な感覚としては、皇位継承者が1名増えたということの他に、天皇制を磐石化する要素は、増えていない。
本当に皇統を続けて行きたいというのならば、そう思う人ほど危機管理と制度充実を強化するよう努力すべきだと思うのだが、おせっかいだろうか。

天皇制に対する個人的な感覚として、私は日本国憲法に書いてあるもの以上の親近感は、残念ながら持ち合わせていない。
日本国の象徴ということで、国費を投じて皇室を存続させていくと皇室典範等に書いてあり、日本国民としてそれに服すべきなら、投票権を行使して議員を選んだ有権者として、同意したいと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年9月 9日 (土)

自分のブログを読み返す

みんなもやってみよう。
結構(色んな意味で)グッときますw

もう少し文章練りこんで欲しいなあと自分に注文をつけたくなる。
あともう少し見やすいレイアウトにしたいもんだ。
あまり上手いことは言えないけど、訥々と語って行きたいものです。
あとコレ→○| ̄|_ 使いすぎ!w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 7日 (木)

家庭訪問についてお聞きしてみたい。

最近フと思ったことなんですが。

学会員は、それぞれ受け持っている部員さんの家に、家庭訪問を行います。
内容的には、会合の連絡だったり、生活に変わったことが無いか聞いたり、特に定まった形はありません。
私の部の場合は、だいたい1人につき月に1-2回は回ります。
39人の部内で所在が分からなかったりする人もいるので、確実に回るのは半分ぐらいですかね。

どうも最近の傾向として、自宅に直接訪問されるのに違和感を感じる、ないし半端拒絶する部員さんが増えてきているように思います。
テレビを見たり何かしているのを邪魔されると露骨に嫌な顔をして、とりあえず話は聞くけど早く元の作業に戻りたい様子が見て取れます。
学会員さんに限らず、自分の生活を妨げられたくないばかりに、「来客」そのものがもはや受け入れられない生活様式に、我々はなっているのでしょうか。

自分の家庭訪問が行事の連絡ばっかりになっていないかとか色々悩んでいるわけですが、人に会わせてもらうことが何より経験になると思い、やはりきちんと足を運び顔を見せている訳です。

知り合いの婦人部に相談してみたら、時代は変わっているから、そう何度もしつこく行くのは逆効果だから、手紙を出してみるとか、代わりの方法を考えてみてはとアドバイスされたりしました。

最近はマンション住まいの人も増え、ますます人に会いにくくなっているように感じます。
まあ私の住む街は田舎度が高いので、昔ながらの縁側で話すことも多いのですが^^若い人は玄関先に出てくるのも一苦労なようです。

果たして、家庭訪問というスタイルを貫いて粘り強く会って行くのがいいのか、他の方法を模索するのがいいのか、あるいは相手に合わせるのが一番なのか。

Web2.0とか言ってる時代を迎えて、学会活動はどう姿を変えていくのかを考えるのは当ブログの大きなテーマでなんですが、私はこんな家庭訪問をしているとか、家庭訪問される立場の人とか、何で家庭訪問なんかするの?とか、コレ見てる方はちょっとコメントいただけるとありがたいです。また同じような議論がされてるサイトとかあったら教えてくだされば、なおありがたいです。

悩みは成長の為の栄養といいます。しかしまあ悩みすぎるのもアレなのでちょっと小チョコボとにぅにぅしてきますw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 5日 (火)

新政権でもがんばれ

公明党:憲法改正の安倍氏にクギ 運動方針案で

 公明党が30日の党大会で提案する今後2年間の運動方針案の内容が5日、明らかになった。首相の靖国神社参拝について「中国や韓国との首脳間に不 協和音を生じさせているのは実に不幸な事態」と明記。首相就任が確実視される安倍晋三官房長官に中韓両国との関係改善に取り組むよう強く促す狙いとみられ る。憲法9条をめぐっても1項の「戦争放棄」と2項の「戦力不保持」の堅持を打ち出し、憲法の全面改正に前向きな安倍氏にクギを刺している。

 外交は「創造的アジア外交の推進」を掲げ、東アジア共同体の形成、経済連携協定(EPA)の締結・促進などを列挙。「アジアには北朝鮮の核開発など緊張要因がある。日本と中韓の首脳が率直に意見交換できる関係への修復が急がれる」とも指摘している。

 憲法は(1)自衛隊保持(2)積極的国際貢献--の新たな規定を設けるかどうかを論議する姿勢を示している。このほか、格差拡大の芽を摘み取り、勝者や敗者の固定化をさせないことを強調した。【坂口裕彦、田所柳子】

毎日新聞 2006年9月5日 15時00分

存在感が最近どうも薄く感じる公明党。
いや、きっと政権内部ではそれなりの立場なんでしょうけどね。
メディア露出の少なさに最近もどかしさを感じております。
もっとしっかり政策をアピールしてほしいと切に願う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 4日 (月)

人造ゾウメカにはやはり必殺技が必要だ

世界まる見えでゾウ(メカ)とサイ(メカ)が闘う番組をやってた。
元々はディスカバリーチャンネルらしい。

アルミで巨大なゾウの牙を作り、鼻らしきものを真ん中にぶら下げ、足元はキャタピラ。
水を詰めたドラム缶にキャタピラごとズトーンとぶつかって、さしものぶ厚いドラム缶に穴が開き、水が漏れ出す。
「凄いぜトニー(仮名)!やっぱりゾウはすごいパワーだ!!」

・・・

やっぱり日本人の感性とは、なんか違う。
個人的にはキャタピラの進行方向とかスピードとかに合わせて、牙が上下動してくれると嬉しい。
後退時には牙が閉じて、ディフェンシヴに構えてくれると萌える。
超信地旋回時に牙がヒットするとダメージ2倍だったりするとたまらん。
いっそ超必殺技をつけてしまえ。
もちろん体力ゲージ1/4時のみ使用可能だ。

そういった繊細さがまったく感じられないパワーの殿堂アメリカ。
その後のサイのCGにいたたまれなくなってチャンネル変えますた。
残業のため地区協議会に遅れてメシ食いながら見てたある日の夜。
日が暮れるともうすっかり秋ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 1日 (金)

謎の高校生クイズ

なんか高校生クイズ、年々スケールダウンしてるなあ。
最後の日韓対決も妙に変な雰囲気でした。
あまり勝負が成立してないし。

まあ色々あったからねえ。

うーむ。

実は見たのは最後の部分だけだったので何とも言えないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »