« とりあえずおめでとうございます、なのだが | トップページ | ブログ強化 »

2006年9月11日 (月)

5年後のこの世界

911から5年。

始めに感じたのは圧倒的な衝撃。
世界を一変させる出来事をテレビで目の当たりにしている事実。
数日間は現実にうろたえるばかりだった。

そして見えてきたのは、圧倒的な憎悪。
誰のものか、何に向けられているのかすら分からない、ただ存在だけは否応なしに感じさせられる膨大な質量の憎悪だった。

一つの敗北ではなかったかと思う。
何故慈悲や信仰より先に、巨大な形を現したのがこの憎悪だったとは。

個人の計り知れない一念が、世界に一撃を加える時代になったと感じた。

ならばと自分も自分なりのやり方で世界と関わらねばと思った。
私にとってはそれが学会活動という形だった。
WTCを倒すことを、成し遂げた彼もまた私も同じ人間のはずだ。
数日後にはアフガニスタンという国について調べあげ、会館で発表していた。
何かせずにはいられなかった。

あれから5年。
私個人と身の回りとこの世界、何も変わらないように見えて、大きく変わっているようにも見える。

果たして世界は、彼の望んだものになってしまったのか。
それとも、そうならずに済んでいるのか。

|

« とりあえずおめでとうございます、なのだが | トップページ | ブログ強化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/48864/3405525

この記事へのトラックバック一覧です: 5年後のこの世界:

« とりあえずおめでとうございます、なのだが | トップページ | ブログ強化 »