« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月30日 (月)

コトー絡みで

Dr.コトーのモデルさんの本。

Dr.コトーのモデル Dr.瀬戸上の離島診療所日記 Book Dr.コトーのモデル Dr.瀬戸上の離島診療所日記

著者:瀬戸上 健二郎
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

職場の掲示板で紹介されてたので読んでみようと思う。
なにせ職員として知らないでは済まされないのでw
ドラマともども観ております、が、田舎の人間的に見て非常に刺激的なドラマだなあと。
離島の診療所であれだけの大事件は毎週そうそう起こりませんぜとマジレスしてみるテスト。

あ、ついでにこちらもセットで注文しちゃいました。









先生助けて!―Dr.コトーをさがして


Book

先生助けて!―Dr.コトーをさがして


著者:西 秀人

販売元:小学館

Amazon.co.jpで詳細を確認する

こちらは実際の甑島(こしきじま)の職員さんの話ですね。
着き次第読んで書評を書いてみようと思う。

・・・しかし地元がバレるなあこの記事w

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年10月27日 (金)

「いじめた側が100%悪い」

先日書いた「希望対話」について、本文の方をORZさんが上げてくださってました。感謝。

せっかくだから私のブログにもコピペさせていただきます。

コレ読んだ人で、趣旨に賛同される方いたら、もう学会とか関係無しにコピペしてもらえたらいいと思う。
まあチェーンにならない程度に(゜Д゜)b

きっとどこかに悩んでる子がいるはずだから。これ見て励まされるなり、反発するなりして欲しい。
大人も一緒にいじめと闘う姿勢を見せるべきだ。

『希望対話 21世紀を生きる君たちへ』(池田大作 聖教新聞社)

いじめ1 いじめた側が100%悪い(より抜粋)

「いじめられる人も悪い」は間違い!
「いじめた側」が100%悪い!!

相談することは恥ずかしくない

(略)

 名誉会長 (「クラスのリーダー的な人に無視されてから、みんなに無視されるようになった」という)質問に「自分にも何か原因があるのかもしれませんが」とあったが、そんなことを考える必要はありません。君は、どこも悪くない。「いじめている」側が、100パーセント悪い。1000パーセント悪い。
 「いじめられている」側に問題があるのではない。「いじめる」側が、自分の中の「モヤモヤ」とかを、ぶつけているだけです。「原因」は、いじめている側の「心の中」にあるんです。

 松村 たしかに、今のいじめは、突然、理由もなく、やってくるんです。たとえば、クラスで力のある子が「あの子、むかつかない?」といえば、みんなも「うん、むかつく」と。そして「シカトしようか」となるんです。

 白土 彼は、夏休みの中等部の研修会に来ていて、自分から私に声をかけてくれたんです。話を聞いて、ビックリしました。明るくて、はきはきした子で、いじめに悩んでいるようには見えなかったからです。彼自身は「ボクは、堅くて、柔軟性がないから、人の意見を引けなかった面があるかもしれません」と言っていましたが……。

 名誉会長 そうじゃないんだよ! もし、仮に、そういう面が自分にあったとしても、どうしてそれが「いじめられてもしかたがない」ことになりますか。
 だれだって、完全な人間なんかいない。欠点だらけです。だからといって、その人を「いじめていい」ことになりますか。そんなことを言ったら、「いじめている」側のほうが、よっぽど不完全で、卑怯ではないか。人間として最低でしょう。
 「みんながやっているから」「だれかが言ったから」「いっしょに、いじめないと、今度は自分がやられるから」。もしか、そんな理由で、簡単に人をいじめるのを「柔軟性」というのならば、そんな「柔軟性」なんか、ないほうがいい! そんなのは柔軟性ではなく「付和雷同」という。日本人の一番悪いところです。
 だから、「いじめられている」人は、決して、自分を恥ずかしいと思ってはいけない。自分を、みじめに思ってはいけない。「恥ずかしがらないといけない」のは、いじめている側です。そちらの方が、本当は「みじめな人間」なんです。
 だから、胸を張りなさい。目を伏せてはいけない。そんな、くだらない人間の仕打ちに負けてはいけない。負けたら、自分が損だよ!

「いじめ」がなくならない原因

 松村 今、思ったんですが、たしかに「いじめ」について話していると、「いじめられる側にも問題がある」という考えの人が、けっこう多いんです。時には、学校の先生方にも、そういう考えの人がいるようで、ビックリしました。この考え方が、“いじめが、なかなかなくならない”大きな原因ではないでしょうか?

 名誉会長 「いじめられる側の問題」というのは、たとえば?

 松村 よく聞くのが、「暗いいから」とか「わがままだから」とか「なまいきだから」とかです。

 白土 体つきのことや、「目つきが悪い」とか、「勉強ができる」というのも理由にあげられます。

 名誉会長 しかし、反対に、勉強ができないことが、いじめの原因とされることもあるでしょう?

 白土 そうなんです。

 名誉会長 勉強ができても、できなくても、いじめられる。太っていても、やせていても、いじめられる。「暗いから」といって、いじめられ、反対に「目立つから」といって、いじめられ、じゃあ、どうしたらいいのか。

 松村 どうしようもありません。

 名誉会長 だから、いじめられる側の責任じゃないんです。100パーセント、いじめる人間が悪い。
 第一、「暗い」とか何とか、どんな表情をしていようと、個人の自由じゃないですか! 何も、そんなこと、人からとやかく言われる義務はない。何も悪くない。

 白土 その通りだと思います。ただ、その子が「ウソをついた」とか「約束を破った」とかが、いじめの原因になる場合もあるようなんですが……。

どんな“理由”もすべて“言いわけ”

いじめられる側も悪い?

 名誉会長 それが事実だとしても、「だから、いじめていいんだ」ということになりますか? たとえ、相手が悪くても、いじめてはいけないんです。
 相手がウソをついたら、ナイフで傷つけてもいいのか。そんなことはない。相手の性格が悪かったから、殴っていいのか。そんなことは、絶対にない。それと同じです。「いじめ」は暴力です。どんな理由も、理由にならない。
 「いじめられる側にも原因がある」というのは、いじめる人にとって、つごうがいいから、そういうのです。また、いじめを「見て見ぬふり」とをしている人が、自分の勇気のなさをごまかす「言いわけ」です。私は、そう思う。

 松村 本当に、そうです。もしも、何かの理由があって「気に入らない」なら、それを友情をこめて伝えて、なおすように努力してもらえばいいんですから。
 だけど、そんなことはしないんです。「いじめの材料」に使っているだけです。

「いくじなし」だから被害者に?

 白土 父親に相談したら、「いじめられるなんて、お前に『いくじがない』からだ」とか言われて、いじめられている自分のほうが悪いように責められた人もいるようです。いじめられるのは「弱い」からだ、強くなればいいんだ、という声はよく聞きます。

 名誉会長 それも、間違いです。いじめを増やしている原因です。
 それじゃ、いじめている人間が「強い人間」なのか。そうじゃないでしょう。人を苦しめる人間の、どこが強いんですか。人間として、一番弱い、一番醜い心ではないですか。自分で自分の醜い心に負けている「弱い人間」ではないですか。
 そういう暴力人間を「強い」ように勘違いしているところに、「いじめ」の根源がある。日本社会の狂いがある。
 昔も日本は、お隣の韓半島(朝鮮半島)や中国を侵略しておいて、「日本が強く、相手が弱い国だったからだ」と、まるで相手が悪いようなことを言っていた。
 その狂った論理が、今も抜け切っていない。社会全体が、今なお「人間としての正義」ということがわかっていない。ここに問題があるんです。

 白土 よくわかりました。

 松村 いじめで自殺した子に対して、「死ぬのは、本人が弱いからだ」と言った人がいました。
 私は、死んだ子が、かわいそうで、涙が出てきました。死ぬところまで追いつめられて、どんなに苦しかったことか……。それなのに、死んだ後まで、なんで、そんなことを言われなければならないのか! だから、池田先生が「いじめた方が1000パーセント悪い」と、はっきり言ってくださって、本当にうれしいです。

自信を失うな

 名誉会長 そうだよ! だから、いじめられている人は、「自分が悪いんだ」などと思ってはいけない。自信をなくしてはいけない。「どうせ自分のせいなんだ」などと、あきらめてはいけない。
 反対に、「自分は、正しいんだ」「いい人間なんだ」「自分には、すごい使命があるんだ」と言い聞かせなさい。本当に、そうなのだから!
 心の中で、「君たちが何をしようと、自分は負けない! 間違っているのは、君たちだ!  人の悲しみがわからないキミたちのほうが『悪』なんだ!」と叫びなさい。そして「自分は、一生、人をいじめるような人間にはならない」と決意することだ。

 白土 本当は、いじめる相手に対して、「やめろ!」と言えれば、一番いいんでしょうが……。そうすると、「反抗」したために、余計、いじめられるようになる場合もあるんです。

名誉会長 それは状況しだいだし、いじめがひどくならないよう、賢く対処しなければならない。
 「いじめは狂犬に噛まれたようなものだ」と言った人がいる。正しい反論が通用するような状況でないことが多いでしょう。だからこそ、「いじめ」という狂ったことをするのだから。しかも、今のいじめは、大人が想像できないほど陰湿で、暴力的になっていると言われる。まともに相手をして、けがをしてもしかたがない。
 具体的にどうするべきか、これから一緒に考えていきたいと思うが、ともかく、どんな状況にあろうと、まず「心では負けない」ことだ。「あきらめない」ことだ。「絶対に、乗り越えてみせる!」と、まず決めることだ。そう決めれば、状況によって、いろんなやり方があるはずです。

| | コメント (4) | トラックバック (8)

コソ勉中

1回目の模試結果が届く。

評価は「C」・・・・・orz

が、がんばります(;゜д゜)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月24日 (火)

リアル韓流学会員ですが何か(´_ゝ`)b

リアル韓国系学会員の私が来ましたよヽ(´ー`)ノ

gizmo総合案内所 韓国人と学会員

また、ちょっと思いついたんだけれども、
「学会員は半島系」とか「池田大作は在日」とか
言われるのも、まあ理解出来なくもないんだよね。
無茶な理屈を押し通す学会員や、火病る学会員も居るからね…。
そう考えると実は、やみくもに「学会員」を嫌う人は、
やみくもに「韓国人」を嫌う日本人と同じメンタリティなんだよな。

gizmoさん連続トラバすいませんねえ。
というのもこの件をいつ言うか考えてたところに渡りに船だったもので。

いきなりこんなタイトルで気を悪くされた方がいれば申し訳ございません。
私自身の出自と血筋の前に、まずは私の韓国観なんかについて。


池田先生は「韓国は文化大恩の国」と言われました。
インドから中国、韓半島の百済から日本に仏教が輸入され発展してきた歴史を考えた上で、途中の中国も韓国も、それ無しでは現在の日本がありえない、宗教上文化上の大恩があります。
まずはそこに対するリスペクトを忘れちゃいけない。

まあ私個人は韓国という国のことを「わからずやの兄貴」みたいな感覚でとらえています。
チャングムとか観てても、なんであんなに復讐大好きなのか理解しがたい部分とかありますし。
どのゲーム見てもなんであんなに日本のパクリなんだと思うし。
キングオブファイターズなんてキムカッファンが出てきたと思ったら今ではすっかり韓国ゲーだし。
だんだん関係なくなってきましたが^^;細かいところを挙げればキリがありません。

話は変わって現在の日本と韓国との関係ですが、対人関係になぞらえてこう考えてはどうでしょう。
初めて知り合った者どうし、最初はカッコよさや新奇さで好感を覚えますが、次の段階として口癖や態度で不満な点が見え始める。今はこういう時期じゃないかと思います。
なんかの本で読んだ覚えがあるような気がしないでもない・・・だれかいい本あったら教えてくださいw

gizmoさんの記事内のイタい韓国人だって、同じような日本人もゴロゴロいることだし。
親日財産没収法なんかも結局は政治闘争じゃないですかね。あんまり知らんことに口出し過ぎると墓穴を掘るのでこのくらいにしておきたいと。
どの国も人間に大差ないように思えますがどうでしょうかね。
ともかくさっきの「わからずやな兄貴」説同様、どうしてもお互いに遠くに逃げることができないので、おそらく付き合い続ける以外に選択肢はないでしょうから、細かい点は我慢汁。
まあ長い目で見ると悲観すること無いんじゃないでしょうか。
gizmoさんのおっしゃるとおり、何かにかこつけて人を貶めたい人間にとっては願ったりのネタでしょうね。
まあその程度の話ですよ。


最後に、私の家族について少し。

私の父も母も、父親(つまり私から見るとおじいちゃん)が韓国人だと知ったのは、1984年、ソウルオリンピックの年でした。
あいや、最初は父だけで、その後10年ぐらいしてから両方ともハーフだって聞かされたのかな?
よく憶えてませんw
ともかくオリンピックの年に、ソウルに行かずに大邱(テグ)のおじいちゃん家族に会いに行きました。
その後数年して祖父が亡くなったと聞いたけど、朝鮮人参飴食べたりチゲ食べたり楽しかったですよ。

母の父はすでに他界しており、数年前に親2人が韓国に渡り、母方のじいちゃん一家の戸籍謄本の写しを持って帰って来ました。日本語で書かれていたので読みやすかったです。

私はというと、出自が分かったからといって日常生活に大きな変化があるわけでもなく、飲み会の席などで、韓国人とのハーフ同士で産まれたから都合ハーフだと言ってネタにして笑いを取ってます。
あまり血統に自覚的ではありませんな。
韓国に行った後は自分なりに日韓関係に注目するようになり、日朝ピョンヤン宣言の時はぬかよろこびし、日韓ワールドカップの時はわいわい盛り上がり、韓流ブームの時は勘違いしてペ様ばりの笑顔を浮かべたりして楽しく過ごさせていただきました。本当にありがとうございました。

まあ自分の親が韓国人の子として生きてどうだったとか、ばあちゃんは夫と別れわかれで生きてきてどうだったのかとか、面と向かって深い話は聞いたことありませんが、まあそれなりに色々あったりなかったりじゃないかと思いますよ。今さら聞いたってなんだかなあな話だし。
補足ですが私の親は2人とも鹿児島生まれ、父は奄美大島育ちで母は大阪の堺育ち、鹿児島に戻ってきて知り合った2人は鹿児島で結婚して子供を産みましたとさ。現在自営業の我が実家ですがとくに珍しいところはないですね。(ないか?)

だいたいこんな感じですが、あとアレですか?池田先生が在日ですか?
それなら私的になお親近感がわきますねえ。
行動力も日本人離れしてると思ったらそういう秘密があったのかとw
そもそも韓国系の人ってそんなに珍しいんでしょうかね?よくわからんです。

私が飲み会の席でバラしたところで、今まで見たところ不快な思いをした/させた/させられたことはありませんので、血筋の何が問題なんだろうと逆に考え込んで夜もぐっすり寝られます。
睡眠時無呼吸症候群の私が言ってもなんですが。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006年10月23日 (月)

【訃報】ばってん荒川さん

お笑い芸人、ばってん荒川さん死去 2006年10月22日18時26分

 鼻の下に大きなほくろ、世話好きで話し好きの「お米(よね)ばあさん」の扮装で、熊本弁の漫談や演歌を歌った、お笑い芸人のばってん荒川(ばってん・あらかわ、本名米崎一馬=よねざき・かずま)さんが22日午前11時23分、膀胱(ぼうこう)がんのため死去した。69歳だった。

突然聞いてショックでした。
思えば大学時代、KKT(日テレ系)の夕方の情報番組テレビタミンで、ばってん荒川さんのリポートを楽しく拝見しておりました。
濃いーい化粧に、着物姿で熊本のおばちゃん言葉。(いわゆる「おてもやん」ですな)いかにも熊本独特のキャラでした。私最初は完全に本物のおばーちゃんだと信じ込んでおりました。よく考えれば有り得ないのにw
鹿児島出身の私にはかなりカルチャーショックでした。鹿児島だと猪俣睦彦さんあたりのポジションでしょうかね。
ローカルなネタですいません○| ̄|_・・あの人は、ちょっと女装はしないよなあ^^;
鹿児島と熊本の文化の違いが感じられます。

熊本下通りを時々普段着で歩いておられたそうです。かなり普通のおじさんだったとか。
下通りの角のレコード屋には、荒川さんの曲の看板がデカデカと飾ってありました。今年の8月行った時はまだあったからたぶん今でもあるのでしょう。
少なくとも熊本では知らぬもののいない超有名人でした。

心より御冥福をお祈りします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年10月21日 (土)

試験勉強

昼からファミレスにこもって勉強。
答え合わせ→詰め込み詰め込み。
11月に試験があるのです。

061021_170701

家庭訪問と水泳行きたひ。
って昨日も言ったなw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月20日 (金)

1日100アクセス達成

061020_235001

実は開設当初から100HITを一つの目標としておりました。
2月13日から数えてえーっと何日目だっけ?にして達成でございます。
これでまた野望に一歩近づいた(cたけくま先生)のでございます。

訪れていただいた皆様に深く深く感謝。
これからも弛むことなく腕を磨いて参る所存にございます。
皆様の益々の御発展を祈念してあいさつに代えさせていただきます(´∀`)

Take care of yourself!

eviano

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おわびと日記とキルビル

帰宅後gizmoさんのコメント拝見→あおざめる((((゜Д゜;))))
あわてて追記させていただきましたが、なんともはや○| ̄|_

自分で書いた文章改めて見返してみると・・・
本当にgizmoさんを非難してるようにしか見えない。
しまったーwこれから細心の注意を払って文章を書こうと思います。
再度、申し訳ありませんでした。

RE:にっしーさん
希望対話ですね。了解いたしました。
伊藤議員さっそくの質問GJですね。
これからもよろしくお願いします。

私はというと、コメント書き込み後座談会へ。
男子部御書講義で、今月の御書に絡めて前述の記事のようないじめについての話。

座談会は、壮年部でひざ上切断手術から生還した方の体験を交えた、本格的な感じでした。
血栓が動脈をふさいで足が壊死を起こし、肉が腐って骨が見えてきてたんだそうな。
これはもうどうにもならないと、太ももから下を切断する決断をしたんだそうです。
切った後は不思議と痛くないとのこと。壮絶でした・・・。

座談会終了後、別の拠点に移動して男子部で唱題会。
題目の目標を越えられてよかったよかった。
帰りしなに麻雀格闘倶楽部やって(2位・1位)ブックオフでDVD買ってシメる。
キル・ビルはやっぱり1ですよ。









キル・ビル Vol.1


DVD

キル・ビル Vol.1


販売元:ユニバーサル・ピクチャーズ / ジェネオン エンタテインメント

発売日:2004/04/16

Amazon.co.jpで詳細を確認する


座談会は明日まで。平行してちと試験勉強中。
そんな感じで皆様こんごともよろしくです。

そういえば、泳ぎに行きたいですがジムに行くヒマがないです・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月19日 (木)

小さな勇気を持つことから

ココログがメンテ→予想外の復活→接続障害とかなりテンションの下がったevianoですコンニチワ(´_ゝ`)

では行ってみますか。

gizmo総合案内所

声を大にして怒れ

たとえば、いじめ。
いじめられていると思ったなら、声を大にして怒れ。



ところで、なぜ「いじめ」と表記するのか非常に疑問に思っている。

(※追記:表現に不備な点がありました。「一般的な新聞等、または公の文書においてなぜ「いじめ」と表記するのか」と訂正させていただきます。)

現実から目を背けちゃいけない。紛れも無く「苛め」である。

それは子供たちの心を苛烈なまでに苛み、時として死に至らしめる苛酷な仕打ちなのだ。
私自身も中学を卒業するあたりまで強烈ないじめに遭い続けていた経験から、死をも考えるに至る子供たちの境遇と心が少しなりと分かるのではないかと思っている。

いやむしろ、大人になってその立場を離れてしまった以上、あの頃の自分の感情を取り戻すことはできないだろう。それほど苛烈な体験だった。

名誉会長の著書「青春対話」において、いじめは、いじめる側が100%悪い、と断言している。

どんな理由があろうとも、いじめや差別を正当化できることは、絶対にできない。 いじめは、人道上の犯罪であることを、皆の共通認識にすべきでしょう。
実を言うと私は最初、この話がどうしても受け入れられなかった。 私の経験上、苛められる側も原因があり、苛められないように頑張らないといけない、というのが私が出会ってきた多くの教師の指導だったからだ。 あくまでも児童は平等に扱い、決して苛める側の人間だけを糾弾したりはしない。 まず苛める人間と苛められた人間とを同じテーブルにつかせ、なぜ苛めるのか、いやむしろ「なぜ苛められたのか」を解明しようとする。

君を見てるとどうしても苛めたくなるんじゃないか?
苛めを受けない強い人間になろう。
みんなの意見も少しは聞かないと社会で生きていけないよ。

私の見てきた中では、先ほどの池田名誉会長の主張とは正反対の解決法が主流だったのだ。

「苛められる側が悪い」という認識に立った子供たちは、どういう行動に走るか。
少なくとも、自分が苛められないために取るべき方法を考えるだろう。
一番手っ取り早いのは、苛める側に回ることだ。
次に、苛めの当事者と関わりあわないこと。
こうして「いかにして苛められないか」あるいは「いかに苛める側に回るか」に心を砕きつつ、子供たちは成長して大人になっていく。

今回の事件における現場の状況を私はよく知らないが、このサイクルが動き出す前に「苛めるほうが悪い」と声を上げられる人間が必要だ。
そうしない限り、悪は、拡大生産され続ける。

名誉会長の指導に戻るが、根本にあるのは、仏法上の「悪を滅する」という指向性である。
「功徳」の功とは悪を滅するということ、徳とは善を生ずるということである。
両者は表裏一体であるため、悪を滅せずに善を生ずることはありえない。
「いよいよ・はりあげてせむべし」(1089ページ)なのである。
また同時に悪を見ながら放置したものも同罪という、実に厳しい教えなのである。

その延長線上で、聖教新聞の有名な「3面座談会」があったりするわけで、この点が特に「学会は排他的」とか、「他の宗教を批判するべきではない」とか、「反逆者に厳しすぎる」等々、日本人にとって特に受け入れがたい部分と思われるわけだが、少なくとも、どういう基本概念の上であのような主張を繰り返すか、またなぜ学会という組織が「悪を滅する」ことにこだわり続けているかお分かりいただけただろうか。

なお私は決して、今回の事件の現場にいた数多くの人たちを告発する趣旨で本エントリを書いたわけではないことをお断りしておきたい。
何が悪で、何が善か定まった見方の無い混乱した時代である。何人を不用意に断ずることはできない。
誰彼が過去に起こした苛め、またそれを見てみぬ振りした人々の過去の行動を責めても何の意味も無い。

大事なのは未来だ。

2度とこういう悲惨な子供を出さないために、私たちが何かできることがあるとすれば、悪を許さない小さな勇気を持ちたいと願うこと。

始めは小さくても捨てずに持ち続けることで大きく成長させていける。
そこから始まるのではないかと思っている。

つたない文章ではあるが、読んだ人が次にどういう行動を取るべきか、考えるきっかけになりさえすれば満足です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年10月16日 (月)

のだめカンタービレ

ソフトバンクCMの曲にわろた。

それだけですか?ええ、それだけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たまには夜更かし

予告どおり車を洗いました。
弟からマンガ貸してもらって読んでます。
銃夢,いいんだけど,なんかストーリー強引な希ガス。



銃夢Last Order 9 (9)


Book

銃夢Last Order 9 (9)


著者:木城 ゆきと

販売元:集英社

Amazon.co.jpで詳細を確認する

夜はFF11でシロアリ退治。
ラストラムパンプス取れました。【みなさん】【ありがとう】!
あー中継見れなかったっす○| ̄|_ハンコック氏見たかった・・・

ケータイ大喜利いまいちテンション低いですな。

明日からまた仕事です。
またじっくりとした記事書きますかね(´_ゝ`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月15日 (日)

まったりとした週末

昨日はネコにひっかかれて必死に消毒してたり。

中継は創価班着任。明日昼見に行こうかな。

土日とヨメさんの実家で稲刈りの予定がキャンセルに。

明日夜はアントリオン狩りの予定。昼間中継見たり車洗ったりしようかね。

そんな感じのまったりとした週末。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月11日 (水)

時のオカリナ懐かしい~

FIFTH EDITION:ゼルダが挑む「時のオカリナ」の壁

僕にとっては、ゼルダは特別なゲームです。誰が何といおうと特別なのです。ええ、特別ですとも。

奇遇ですな。
先日DVDの山の中からGC版時のオカリナを発見したばかりです。
GC版風のタクトのおまけでついてたやつ。
今やっても非常~~~に楽しいです。
敵のいる位置からバトル音楽が聞こえてくるんですよ。それがBGMと溶け合ってるの。
倒す瞬間のストップモーション。剣で斬っている手ごたえ。
まさにゲームが2Dから3Dになる瞬間を体験したというか。
いやその頃すでにバーチャとかありましたが、あれですよかつて2Dで体験したゼルダの世界が、そのまま3Dにコンバートされたという体験が、私にとってのゼルダだったような。(マリオは別ゲームだtt)

風のタクトはオカリナをタクトに置き換えて、画像をトゥーンシェイドにしたゲームでして、画は確かに凄かったけどオカリナほどのエポックメイキングさは無かったですな。

wii版はなんかリンクが獣化?してますね。FIFTH EDITIONさんの記事にトレイラーが貼ってあるので興味のある方はどうぞ。

もぎたてチンクルのばら色ルッピーランド Video Games もぎたてチンクルのばら色ルッピーランド

販売元:任天堂
発売日:2006/09/02
Amazon.co.jpで詳細を確認する

64版オカリナとGC版タクトは在庫無しだそうです(;´д⊂)さあブックオフへGO!w

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年10月10日 (火)

【書評】若者はなぜ3年で辞めるのか?

答えは,老人達のエゴ。
そして,これから老人になろうとする人々のエゴ。



若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来


Book

若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来


著者:城 繁幸

販売元:光文社

Amazon.co.jpで詳細を確認する

この本にも書かれているが,私(30歳)より少し上の,35~40歳の人たちが特に気の毒な感じである。
私の勤めている役所で言うと,少なくともパソコンが1人1台に配布されるなど,就職する際に考えもしなかっただろうと思う。とにかく仕事に必要とされる技能がここ10年で劇的に変わった。
これからワープロに替わって,パソコンがメインになりますよ!と先輩に言っても「はあ?」と言われていたのが,たかだか6年前のことである。そこからついていけなくなった人々のストレスたるや相当なものであろう。
単に年功序列が崩壊したのみならず,時代のキャズムにまともに呑み込まれた年代である。
入社だけなら,バブル期の大量採用で楽勝だったのに,波乱に富んでいるの一言では済まない。

ともかく,そこから一回り後に就職することとなった私等においては,就職においてはただ悲惨の一言だった。
大学の法学部卒で,内定が取れた者がだいたい4人に1人だっただろうか。
100人が受験した市役所の試験で,合格した3人の中になんとか這入れたわけだが,とにかく急場を凌ぐために必死で逃げ込んだシェルターと言うべき部分が大きい。

そういえば,試験のときに書いた小論文のテーマが「高齢者と若年層の対立」だったなあ(´・ω・`)
実際には住む世界が全く違う故に対立すら表面化しないわけだが,これはまた別の話。

そうやって就職した年代にとってこれから最も難儀な「仕事」は,働く動機の確保である。

辞めようと思えばいつでも辞められるし,役職が上がることに対して大した夢も無い。
組織のために自己を犠牲にするという忠誠心が果たして現在の若者にどれだけ残っているだろうか。
ただ役所はある程度Mなところが無いと務まりませんがw

就職してから大変な35歳,就職するまでにひどい思いをした30歳,それぞれの年代に困難さを抱えているわけだが,なんとか「充実した仕事をしたい」という欲求のもとに,社会を変えていくことはできないだろうか。

同じような感じで40歳,50歳,そして定年間際の人々は,なんとか年功序列のルールを維持し,最後まで完走できるものなら完走して,退職金をもらって逃げ延びることにエネルギーの大半を費やしている。
いずれにしても,組織で何かを成そうとするよりも,組織が自分に何をしてくれるか(そのために組織を維持することが何よりの目的となっている)をひたすら望み,自分のエゴに汲々としている。この点も年功序列が残した弊害と言えるのではないだろうか。

全ての年代の人々が似たような煩悶を抱えながら,パラレルな世界が林立し,けっして交わり,対話することがない現状に苛立ちを覚えずにいられない。

本書がどうしても現代社会の困難さと問題点の羅列が続き,組織から飛び出す者,組織に裏切られる者,組織を立ち上げる者,組織にしがみつく者それぞれの成り行きを書いているが,ではどうすればいいかというという特効薬を提示するとなると非常に難しい。本書はやはり若者の政治への参加,自己の確立,そして教育の改革という点に収斂している。

逆に言えば,それほどまでに日本人に自立心,自律心が養われていないことになるのだが,こういうファンダメンタルな話になると,またどうしても宗教の話をしたくなるが,もう少し社会制度の上でいじれる点がいろいろありそうな気がする。

少なくとも労働基準法に書いてあるとおりの労働時間,採用ルール,休暇制度を遵守するだけで,労働環境は今より大分まともになると思うのだが,取り締まる側が及び腰なのか,周りを見回しても休めないのが当たり前な職場がそこらじゅうにある。私のヨメさんが勤めていた病院の看護師の待遇などを書いてみたくもあるが,この件は長くなりそうなので機会があれば改めて書きたい。

ともかく,労働基準法の保障する労働環境が死文化しているのは,特に形骸化した労働組合,休暇申請を出せない職員一人一人の責任を指摘するべきであろう。

法の上に眠る者は救われない。

やりがいを持って働ける職場の実現のためには,自分からそうするための具体的な行動が必要なんじゃないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006年10月 5日 (木)

部員にパソコンを教え始めた私が来ましたよ。

仕事が明けて7時から男子部の部活。
ひととおり日程確認も終わり、おもむろにノートパソコンを立ち上げる部長(私)。

「これからパソコン教えるから・・・」

前触れも無くパソコン教室の開講を宣言する。

何と言うか、業を煮やしてというか、こらえきれずに学会員にパソコンを教えだす男子部長(私)。

こんな時のために仕事の片手間にメモ紙にレジュメまで書いていた。
どこまでヒマなのか私。

・マウス操作
 左クリック、右クリック、ダブルクリック、ホイール

・Word起動
 新規作成、半角/全角キー、その他のキーの役割
 ローマ字入力

・ファイル管理
 フォルダ構造、マイドキュメント
 ファイル作成、コピー、削除
 ハードディスクおよびファイルサイズ

・Excel起動
 セルの選択、入力、編集、オートフィル
 合計(sum)、代入、四則演算
 方眼紙として使う、会合の体制表を作る

ここまでで1時間の超特急。

最後に秘密結社鷹の爪とやわらか戦車を観て終了w

次回予告:『Googleで検索、インターネットの仕組み』に乞うご期待。(;゜д゜)

・・・勢いで始めてしまったがどうなることやら。
どうなんでしょうね、覚えられるんでしょうかね。
昔役所で『らくらくインターネット塾』の講師役したけどあれも何かアレだったしなあ。

その後近所の会館に行って圏男子部の打ち合わせ。
終了後の帰り際にジムに行き、プールで500m泳いで帰宅。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年10月 4日 (水)

zuntataのビデオ見つけた

はてブで見つけました。

うまく見れるでしょうか。
Gダライアスのクリオネですねえ。
きっとビデオからエンコして(ry

いやーいい時代になったもんだ。
大学時代にゲーメスト読んでパターン組んで倒したの思い出します。
他にもyoutubeでzuntataで探すと結構見つかります。
ニンジャウォリアーズとか出てこないかなw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 2日 (月)

ゆるーい部長

週明けはまったりと活動。

仕事から帰宅後地区の協議会に出る。
おばちゃんたちの話がミサイルのように、板野サーカスばりに逸れまくる。
座談会の日程がなかなか決まらない。
ようやく決まったところで男子部の部長会の会場へ。
道すがら麻雀格闘倶楽部。
最近白虎3段になり好調。

男子部会会場に着いたら、まだ地元支部の部員さんがいた。
会合なのか、ただダベっているだけなのか、ゆるーい話題で盛り上がる。

いわく、生まれた時からファミコンがあるってすごいなーとか、

いわく、涼宮ハルヒは因果具持と一念三千が隠しテーマだとか、

いわく、wiiはおじさん的にはゲームの作りこみが物足りないかもなーとか。

いいのか男子部でこんなこと言っててw
いいのかよその部のおじさんがこんなこと言っててw

涼宮ハルヒの憂鬱 Book 涼宮ハルヒの憂鬱

著者:谷川 流
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (4) | トラックバック (0)

久々に1日インしました(´_ゝ`)

学会的には今日は2級試験の日でしたが、
私は本日は自宅で【ヒーリングします。】

というわけで久々にFF11のトピックが書けます。
1日つないでたの久しぶりだなあw

昼間はコルセアを7→10まで上げ、夜は短剣スキル上げ。
めでたく短剣スキルが230に到達したので、早速トライアルダガーを貰いに行きました。
しばらくは使い込んで潜在外しかな。

あとはカザムの地からフランスへ声援を送るわけです。
がんばれディープインパクト。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 1日 (日)

懸賞当たった

061001_002201

なんか青光りしてますが、VISAの商品券が当たりました。
マツダのお店で走行距離書いたらそのままの金額の商品券がうはwwwwおkwwwww
私こういうの、結構、当たります(´_ゝ`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »