« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月31日 (水)

まだ風邪

復活できておりません。

今日は仕事行ったけどどうにも咳が止まらずゲホゲホ。

今年の風邪は治りが遅いです。皆様もお気をつけあそばせ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月29日 (月)

風邪

宮崎交流後、風邪。2日目。37.2℃、病欠。

健康管理がどうも下手です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月27日 (土)

宮崎へ交流に

嫁さんは昔宮崎で働いていたわけで、少ないながらも知り合いがいる。

今回また近々選挙がある関係で、ドライブがてらご機嫌伺いに行きました。まあいわゆる交流というやつですな。

ここのところしばらく風邪気味で、昨日も鍼を打ちにいったばっかりで体調万全とは言えない中、朝は9時過ぎにもそもそと起き出し(夜型)、高速に乗っかって宮崎方面へ。
途中のICで降りて嫁さんの同僚の家へ向かう。

玄関先に出てきた先方の御婦人は突然の訪問でどてら姿。いやアポ無しで気の毒。本当にどうもすまんですw
こんなふうに押しかけるから人によっては学会員がうz(ry
急な訪問にもかかわらず喜んでいただいて本当にありがたい。用件を手短にお伝えして暇乞いを申し上げる。

そして東国原政権下の宮崎市街へ。

知事選ポスターどっか残ってたら撮ろうかとか妄想してましたが、さすがにあり得なかったw

市街地南部の宮崎平和会館へ。
選挙あるたび何度か来ているので場所ももうおなじみ。
庭の駐車場は満杯で、しかたなく建物下の駐車場に停める。なんかえらい人が不思議そうに見ていた。鹿児島からきましたー('∇')と言ったら事情が分かった模様。暖かく出迎えていただいた。

写真は宮崎平和会館から大淀川を望む。
070127_141201

でも交流勤行会は今日じゃないんだそうだ(´・ω・`)
周辺の地図とかをもらって、トイレを使わせてもらって再び車に乗る。

で、なんか最近宮崎は新たな会館ができたらしい。
そういえば地元でもらった会館の地図は別の所だったなあ。
というわけで大淀川を渡ってもうひとつの会館へ。

宮崎文化会館に到着。いや新しい会館だなあ。写真は撮らなかったけど。
入り口であいさつして中をひととおり見せてもらう。
ここも交流勤行会は今日じゃないんだそうd○| ̄|_

ところで、知り合いの住所がもう一箇所あったのでナビで場所をしらべる。
すると、かなりの奥地、いや、失礼。現在地からの距離が大きいというべき。
日帰りの予定で今日中に回るのは無理と判断。
ちょっと時間あるから、新しくできたイオンに行ってみるべということになった。

空港からちょっと北の、やたらと広いイオン宮崎ショッピングセンターに到着。
本当に、やたらと広い。ハワイに行ったときのマウナケアショッピングセンターを思い出す。さすがにあそこよりは少しコンパクトだと思うが、宮崎に悖るまじき大きさ。いやまた失礼。何が言いたいかというと、本当に広い。

イオン1F奥のニトリに初めて入る。入り口で白くまの抱き枕を見つけて、発作的に、買おう。と思う。
さらに奥にあるセミダブル用マットレス「かため」を見つける。安い。テンションが上がる。
一気にニトリファン。マットレスを手に提げて、背中に白くまをしょってレジへ。

だいぶ日も暮れてきたので帰路につく。高速降りてすぐの温泉で休憩。家族風呂でまったり。
9時前に帰宅。
なんか半分以上ドライブな気がするが・・・お気楽にも程があるような気もするけど、これもまあ学会活動。

昨日の鍼と今日の高速代、そしてマットレスと白くまで、週末におろした2万を使い切る。
5000wiiポイント付きのコントローラ、いつ買おうか思案中。
友人は表ゼルダを攻略中なんだそうだ。私はwii版ゼルダをなんとかしなければ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月26日 (金)

姫帝羽虫の髪飾りげっつ

ひさびさに年休とって、ゆっくり題目上げて、読書して、夕方から腰に鍼でも打ちに行こうと思っておりました。
時間あるから、ちょいとログインしてNM狩ってみようかなと思い、シーフに着替えて砂丘へ。

ターゲットはValkulm Emperor。
たしか約1時間に1回、周りのトンボと抽選でわいてきます。

結果:開始10分でげっとヽ(´ー`)ノ

070126_124701_1


やばいwリアルラック消費してるww
同じ目的のプレイヤーが4人ぐらいいてはりましたが、飛び込んできていきなりかっさらって行った形で、さぞやお気の毒かとお察ししますw

よーし忍者あげるぞー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月25日 (木)

非合法黙認がもたらすもの

書いてたら長くなったのでトラバにしました。

404 Blog Not Found
99%有罪は、非合法黙認の温床

もう一つの、もしかしたら一つ目の問題よりも大きな問題が、表題の「非合法黙認」だ。すなわち偽陰性(False Negative)の問題である。

自動車の制限速度が極めて身近な例でしょう。
いっそ日本全国一律20km増しにして、1kmでも超えたら容赦なく摘発すればいいと思います。

壮年部の先輩方から、「昔の車は40km出せばガタガタ揺れて危険だった」と聞きますが、当然今の車も道路も改良が進み、妥当なスピードは変わっています。なのに制限速度は昔のまま。

一度決まったものを死守するあまり、すっかり有名無実化したルールが非常に多いです。

民法上の嫡出推定、食品の品質管理、耐震偽装・・・

ルールが実態に合わない、ないしルールを守らせるシステムが機能しなくなったら、積極的にルールを変えるべきですが、我々はよく権威化したルールに振り回されてしまう。または、ルールを守ることそのものが目的となり、そのルールが保護しようとしていた利益の方を蔑ろにしてしまう。どうせ守れないというあきらめがモラルの低下を招き、他の一般的な規範を遵守するという意識が失われる。

守れないルールを放置するという行為が、規範意識全体の低下となって、他でもない自分達に跳ね返ってくるわけです。

自分達をとりまいているルール、それが設定された背景、そして現在において妥当かどうか、ぶっちゃけ変えるために必要な議席数はいくつか。政治って物が興り来る動機を感じ、知ることから始めて政治を監視していかなければならない。いやさすがに制限速度は国会ではなくて公安委員会ではないかと思うがw

これを面倒な世の中と感じる向きもあるかもしれないが、随うべきルールを人から決められるよりはマシと思う。
なにせ私には、有り難いことに1票がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心理学的適性ジョブ

こんなんやってみました。

本当はけっこう感情的な私。
一番向いてるのは青魔道師か('Д')
詩人の適性がいまいち低いorz

興味のある方はどうぞ↓

http://ff11.squares.net/ff-whatsjob/utf8.html

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年1月20日 (土)

ツアー終了

火、水、木、金曜日と4日間連続で、部内の座談会をコンプリート。
今回はうまいこと4つバラけてくれ(やがり)ました。
まさに南入といった感じ。いや、4本場か。

A地区では先日書いた民主党のCMの話。

B地区では地区婦人部長が最近習いだした大正琴を披露。
というのも、ある日駅前で花壇の手入れをしている見知らぬ御婦人に、
選挙をお願いしようと思って声をかけたら、
実は琴のお師匠さんで、途中省いていろいろあって、
4万する本格的な大正琴を貸して(譲って)もらって、
現在無料で稽古をつけてもらってると。
なんですかそのわらしべ長者w
どんな風に人生開けてくるか分からないもんですな。

その地区部長夫妻は堺の会館で管理者をされていた方で、
阪神淡路大震災の直後、会館に援助物資とバイク隊が集結して
すごい勢いで大阪に走っていったのを涙ながらに見送ったんだそうだ。
日ごろから語りに行ってるあの家には、一人暮らしの誰々がいる、
という情報を一番持っていたのが学会の婦人部だったと、胸を張って言える。

「その国の仏法は貴辺にまかせたてまつり候ぞ」
本当に実践してきた強さが、災害の中で示すことができたわけですね。

C地区では戦争の話がこれまた多宝会から飛び出す。
昭和20年8月13日、なんとかって将校が降伏文書を持って
フィリピンのなんとかって港に入る通信を傍受したんだと。
なんかすごい話のような。

D地区では3地区の報告を交えてしめくくりの御書講義。

平日はだいたいパソコンの前に座れるのが10時過ぎな生活です。
その後深夜までゼルダしてる私も、なんかアレなんですが。
土曜日はわりとゆっくりできた感じでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月16日 (火)

舵から手を離す

というわけで、座談会行ってきました。

会合中、壮年部(多宝会かな?)のおじいちゃんが、

「民主党のあのCM、小沢一郎があれくらいの波をかぶったぐらいで舵から手を離して、、、舵から手を離したら船がひっくりかえるだろうが!!!横にいる2人(筆者注:菅氏と鳩山氏)もロープから手を離して、私が若い頃船に乗ったときは、何があっても舵から手をはなすなと、ロープにもこう身体で引っ張って、一度波をかぶって船が45度傾いたときも、身体がこうなって必死にしがみついて、でも舵だけはこうやって手は離さずに・・・」

いや、おじいちゃん、落ち着いて、血圧上がるwww

「だいたいあんな恥ずかしいCMを長い間流して、誰もCMやめろって言わなかったのか、民主党員に船乗りはいなかったのか、あんな連中に国を任せられない、いざというときに手を離す、あれが連中の本性じゃ」

とますますヒートアップ。鼻に酸素吸入のチューブつけて、補聴器もつけておられますが、超元気です。

そんな感じでおじいちゃんに圧倒されっぱなしですが、元気をもらってきました。
明日はちゃんと御書予習してから参加します○| ̄|_

| | コメント (1) | トラックバック (0)

確認不足

我が部は明日から3日連続で座談会ーっと♪
そういえばあと1地区、まだ聞いていなかったので電話してみよう。


「あーすいませんお疲れ様です。そっちは座談会何日でしたっけ?」

「16日ですよー」

「16日って、今?今から?」

「今から。7時から。よろしくねー('∇')」

「ガチャン ツーツーツー」
・・・

ぎゃああああああ御書講義予習してねええええorz
今から行ってきまs

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年1月15日 (月)

Zガンダムやっと観た

週末のTSUTAYAでレンタルビデオ旧作を5本セットで借りました。
ハルヒと、Zガンダム2-3と、あとヨメさんチョイスの映画2本(なんだっけ)

で今日はZガンダムの話。
そういえば先日ラジオで石井竜也が「ゼットガンダム」って言ってた(゜Д゜)









機動戦士ZガンダムIII -星の鼓動は愛-


DVD

機動戦士ZガンダムIII -星の鼓動は愛-


販売元:バンダイビジュアル

発売日:2006/08/25

Amazon.co.jpで詳細を確認する

話には聞いていたが、ラスト近くでウエーブライダー形態のZガンダムが、シロッコのジ・Oにワーッと突っ込んで、さあどうなる!の後の一連のシークエンスを見て、文字どおりひっくり返った。
そんな感じで色々細かいところが変わってて、あれ?こんなだったかな?と感じるところが所々あるが、何と言っても印象的なのは、カミーユのキャラクターの大転換である。
内省的でひねくれた少年が、勇気にあふれて自分で状況を切り開く、前向きなキャラに「新訳」されている。
これによって、カミーユがストーリーをどんどんドライブしてくれる感じで、話のテンポが非常に良いと感じた。

今日の『聖教新聞』と『公明新聞』
 Zガンダム3 星の鼓動は愛を観た


 「生命」を、それを生み育む「母」「女性」を、人の「生死=戦争」さえも、自らの「手段」とし、宇宙に憎しみと争いを撒き散らすシロッコ。

 「地球の重さと大きさも想像できない」傲慢な「男」に、主人公・カミーユの「一撃」が炸裂した。

そんな具合で、見ていてなかなか爽快。そのとおりシロッコの悪役っぷりが非常にはっきりしていて、エンターテイメントとして分かりやすいという点が非常に評価できる。

ただ、カミーユの描写が変わった分、それ以外のキャラクター、特にシロッコ、ハマーン、そしてシャアの描写がわりと当時のままの感じで、この辺も新訳して欲しかったなあという不満は残る。
キャラクターの他にも、エゥーゴ、ティターンズ、ジュピトリス、アクシズという各勢力の、次々と合従連衡を繰り返す関係が、短い映画版では非常に目まぐるしく、もう少し分かりやすければ・・・あとヤザンやバスクの死に方があっさりしすぎ・・・でも放送当時の何がなんだか分からない状態よりはだいぶ分かりやすくなっているのかな?

しかし前面投影面積のあんなに大きいモビルスーツと、狙いやすいブリッジむき出しの宇宙船間による戦争という、元寇に対抗した鎌倉時代の武士もかくやという夢物語以外の何者でもない舞台設定で、各勢力のボス同士が宇宙空間で撃ち合いながら心を通わすという、冷静に考えてみたらキテレツな話をここまで説得力ある見せ方で観客をグイグイ引き込む力量というのは、つくづくトミノさんって怖いなーと考える。

嫁さんのモビルスーツ助けるために艦ごと前進して戦艦一隻巻き添えにするヘンケン艦長、
戦闘中に自軍のエース機をしょっちゅう見失うブライトさん、
ニュータイプ能力の感じるままにあっちこっち飛び回るカミーユ、
どう見ても小学生少女のエースパイロットを侍らせるシロッコ、
そしてトミノアニメには欠かせない戦艦の中の子供たち!

そんな無理のある世界を愛してやまないアニメファンです。

| | コメント (0) | トラックバック (9)

2007年1月12日 (金)

「灯台」2月号 特集:テレビゲームと子どもたち

会館の壁に貼ってあった広告を見て、これはチェックしておかねばと思いさっそく購入。

以下が特集の内容です。

【読者の声】わが子は(私は)こうしてゲームを卒業した

σ(゜∀゜まだ卒業してない30歳


進化するテレビゲームの現状と展望:浜村弘一

もくじの執筆者名が「浜松弘一」になってます!!!!!!!
おなじみのファミ通のヒゲ編集長。
あ、現在は(株)エンターブレイン代表取締役社長さんですね。
次世代機が発売されて盛り上がるゲーム業界を、かいつまんで解説されてます。
そして子どもと一緒にゲームを楽しむほほえましいパパの姿。

チャート式 テレビゲームにはまるタイプ・はまらないタイプ

私は熱中型でした。上から2番目。中毒型って廃人のことでつか。

テレビゲームが子どもの自律神経に及ぼす影響:城仁仕
興味深い記事でした。プレイ時間が長いといろいろなリスクが発生するそうです。

テレビゲームと上手に付き合う
--オンラインゲームが開く子どもの可能性:馬場章

グッと来るタイトルですねえ。
最初に「ゲーム脳」を破折して、歴史教育に「大航海時代online」を活用している例を紹介。

マンガ・みんなの太陽 ゲームとどうつき合う?:関口たか広

親までゲームをする時代ですね、そーですね。


・・というわけで内容についての感想ですが、あまり馴染みのないこの雑誌、幼児や小中学生を持つ親の世代をターゲットにしており、昔ファミコンでゲームに触れたものの、現役でゲームをしている割合は少ないという、そういう集団を対象としています。

ファミコンの登場から24年という歳月が過ぎましたが、この時間は子どもが親になる程の時間が経ってしまったと考えれば十分長い歴史ですが、ゲームというものが人間の生理や頭脳にどういう影響を与えるかという医学的なデータが蓄積するためにはいまひとつ短い期間と言える、そういう時間です。

そんななかではあるものの、ゲームとどのように付き合うのがベストなのかという現在進行形の親達の悩みを、ゲームがすでに子ども達の生活の中にあるものとして冷静な目で共に考えていこうとしている点から、記事の内容は非常に高く評価できます。

いくつか興味深い内容がありましたので、ちと引用します。

浜村弘一:

今までのゲームは、速く走るとか、敵を速く倒すとか、そういうことを競うものでした。しかしDSは、さわったり声を出したりして簡単に操作でき、勉強するとか料理するとか犬を飼うというようなことをゲームにしてしまった。それが今までにない新鮮な快感を与え、多くの人に受け入れられた、ということだと思います。

今の子どもたちは、本も読むし、漫画も読むし、ゲームもある、という環境のなかで生まれ、育っているので、単純にゲームを毛嫌いしてもしょうがないと思います。それよりもゲームにはどういうものがあるかを知り、子どもにいいゲームを選んであげて、感動や人を愛することや勇気を学ぶことに賢く利用してほしいと思います。ゲームには、いいゲームもたくさんありますから。

城仁士:

自己効力感というのは、人間が、ある結果を生み出すために必要な行動(原因)を、自分はどの程度、行う自信があるかという個人の確信のことです。---(略)---テレビゲームに接している時間が長い子どもほど、ゲームをやらないことへの不満足感に耐える忍耐力に欠けるということが言えるかもしれません。

馬場章:

(「ゲーム脳」説の問題点として)簡易な脳波測定器を作り、大学生や小学生の脳波を測っているようですが、脳波はそんなに簡単に測定できるものではありません。また森先生しか持っていない測定器だったので、私たちが追試験をできなかったのです。これでは科学的な手法とは言えません。

現在までの実験では、オンラインゲームによって生徒たちの歴史学習に対するモチベーションが引き上げられただけでなく、知識の増大と定着により、彼らの成績が確実にあがってきていることが明らかになっています。

と、さらに詳しい内容が知りたい方はぜひ本書をお買い求めいただきたいわけですが、単純にまとめると、一番の問題は行き過ぎた長時間プレイということになるようです。

今までは没頭できるゲーム、やってもやっても次があるゲーム、先が知りたくて止め時がわからないゲームが「面白いゲーム」と言われ、売り上げも大きかったと言っていいでしょう。他のことをやっていてもいちいちゲームの続きが気になったり、頭の中に画面がリフレインする経験が私にもあります。言い方が悪いかもしれませんが、プレイヤーをいかにゲームに縛りつけられるかは、売り上げないしインカムに直結していたわけです。

しかし今の時代は、ゲーム自体が他の様々なメディアと競争していく必要があるわけで、個人の時間を大きく奪うようなゲームは次第に忌避される傾向にあります。わざわざDSの例をあげるまでもなく、これからは「面白いゲーム」「いいゲーム」そのものの価値基準が大きく変わっていくだろうと思われます。

そういえば、MOTHER2なんかは長時間プレイしていると父親が心配して電話してきましたね。

いくつかのオンラインゲームでは、長時間戦闘し続けると獲得経験値が減っていったりする仕様がありますが、これからの理想としては、電源を落としたときにスッキリとリアルに戻れて、ゲームを軸とした家族や友人とのコミュニケーションが活発になる、例えて言えば酔い覚めのよい焼酎のようなゲームが好まれていくのではないでしょうか。特にコミュニケーションという面では、やはりオンラインゲームは非常に可能性があると思います。

ためしに「焼酎ゲー」とか呼び名を作ってみたいですが、なんか誤解されそうな呼び名ですな(´_ゝ`)
だいたい酒だし、子ども飲まないしw


※「灯台」を刊行している第三文明社ホームページはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年1月11日 (木)

鹿児島もそれなりに寒いです

最近ひんぱんに書き込むせいか、アクセス数も心持ち伸びております。
だいたい皆様正月明けてエンジンが暖まってきた感じでしょうか。

私はというと、男子部名簿の整理に明け暮れ、
中国株売りたくなる自分の衝動と戦い、
夜中10時過ぎてスピーチを始める男子部幹部の前を泣く泣く中座し(;´д⊂)
ブログのリピートの低さに一通り凹む精神修養の日々でございます。

皆様もどうか五次会じゃないご自愛ください 草々

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シャレになりませn

昨日の日記に引き続き、部内の人数確認。

・・・

人数半分になっとるやないかいΣ(゜Д゜;)

そんなに放置した覚えはないんだけどなあ。
やっぱり都会に働きにいったりとか理由はいろいろですが。
えらいこっちゃ。過疎化激しいなあ○| ̄|_

頑張って体勢を立て直そう。
逆にアレですよ。えーと少数精鋭とか(焦)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 9日 (火)

せっせと名簿作り

iPod、なんとか動いてます。
ランダムに曲を選んだらしばらく(?-?)考え込んで次の曲が鳴り出すw
うーむやはり買い替えかなあ。9日(米国時間)のJobs様に注目ですな。

夏に向けて我が部の最大の課題は名簿の再構築。
町内で区画整理が起こって人の出入りが激しい。
男子部は10名近く都会に働きに行ったりしてます。
うちの部は、39人いるはずなんですが、どこにそんないるんだ?wと。
もちろん、新しく御本尊様を頂いた方や、転入して来られた方なんかもしっかり押えないといけません。

そんなこんなで名簿と実際の部員さんがかなり合ってなかったり。
そういった情報管理もぜーんぶ昔から手作業なんですな。
さすがに最近はエクセル使うけど。でもパソコン使える人が壮年部にいn(ry
このへんもう少し効率よくならないかなあと思うけど、良くも悪くも学会ってこれがないと。

明日部活を兼ねてやろうと思っていたら婦人部会合の着任○| ̄|_
都合よく(?)副部長のK君も創価班なので終了後にやろうということに。
連れ出す予定だった部員さんに悪いことしたなあ。
今度家で会合やるときはクリスマスの名残りのアイスケーキ出してあげるからw

よーし今回こそ地区部長を追い掛け回して名簿作るぞっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 7日 (日)

速報

ディスクのチェックひたすら待ったら終わりました。

まさかと思い,iTunes起動してつないでみたら,認識しやがりました!
今曲を転送中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 6日 (土)

difficult to careなのか

iPodの認識不具合は改善せず。

iTunes再インストール,iPodサービスの再起動,Tempディレクトリの掃除,msicuu.exeを使用,システム構成ユーティリティでスタートアップをオフにして再起動などなどAPPLEホームページの指示通りひととおり試したが,状況は変わらず。

やはり復元を行ったときに失敗したかなあ。
外付けディスク状態でディスクチェックを行ってもフェーズ2で止まってることからHDDの劣化かもしれないし。
まあ多分コレがそもそもの発端なんでしょうね。

しょうがない修理に出すべとAPPLEホームページのフォームに書き込んでいったが・・・

修理費用:29000円

・・・新しいiPodと同じ金額ディスカ(;゜ロ゜)
しかも現物見る前に確定でつか。

このiPodには,20Gの外付けハードディスクとしての余生以外残されていないのでしょうか。
でも余命222日だしなあ。
一晩寝たら普通につながるとか,・・・そんなオチは嫌だー。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

意外と短いiPodの寿命について

iPodの調子が悪い。

新年明けて仕事初めの日の昼休み,音楽を聴こうと思ったら,

ミュージック>アルバム>すべて>ぬるぽ。

あれー?(´・ω・`)

今までも時々曲をシークできなくて次の曲をしれっと再生したりしてたけど・・・
渋谷のまんだらけで買ったBORDERDOWNのCD入れて聴いたのが最後になってしまうのかっ。

こんなときはあわてず騒がずAPPLEのサイトをチェック。
えーとソフトは最新版を使ってるし,サイトの指示通りHOLDボタンをカチカチっと動かして,MENUと中央ボタンをぐーっと押さえてiPodをリセットしてみる。
一回立ち上がって曲が復活したが,PC本体との同期がどうも調子が悪い。
問題をなんとか解決したい一心で,次の段階としてiPodをリストアしてみたら,PCにつないでもiTunesが認識してくれなくなりました。

これは根本的な処置が必要ですかね。

・・・というわけで現在PC内の音楽データをバックアップ中。
この後iTunesを再インストールして,無事認識してくれるよう祈るのみ。
コレで駄目ならAPPLEに電話かなー。
それから修理か新規購入かの2択を迫られるのだろうか。
この前wii買ったばかりなんで少々痛いかもー。

ところでiPod Death Clockというスゴい名前のサイトを見つけました。
私のシリアル入れてみたら,

Serial: XXXXXXXXXXX
Model: (4th Generation) iPod, 20 GB
Manufactured: August, 2004

で余命あと222日とのことでした。
要するに買って3年ってことねw
3万近い商品の寿命が3年ってのもどうなのかと(´_ゝ`)

いっそ買い換えてしまえ(゜Д゜)という私の中の何かと今戦っていまs

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 5日 (金)

正月テレビと美輪さんと御書みたいな

そういえば年末結構テレビ見ましたな。

年末は紅白のアレ
元日の夜はひたすら跳び箱、
お笑い芸人やたら出てきたけど、私的に一番光っていたのは
「さけるチーズ~」「幽体離脱~」のザ・たっちでしたな。
なんか昨年中に見た時より面白くなってたぞ。
あとトミーズ雅のやる気のなさが凄かった、演技ならたいしたもんだ。
そういえば格闘技も見なかったし、白門でチャットしながらガキ見てる間に年越した感じです。
一時期は着任しながら年越してたもんですが。

まあここまでが前フリみたいなもんで。

正月テレビ最後のシメ的な番組がオーラの泉でした。

なんか夜7時とかにやる番組かよwと思いながらヨメさんが好きなんで見てましたが、
美輪明宏さんが、たしか綾戸智絵さんに対して「人身はうけがたし・・・」と言い出したので
ハッΣ(゜Д゜)として見てたわけですな。

ほー日蓮大聖人の御書まで読んでらっしゃるとは博学な方だなあと感心した次第。
さすがですな。

ちなみに学会ホームページの御書検索で「人身」「受けがたし」で検索すると4件ほど出てきますが、この御書が一番ポピュラーかな。

「崇峻天皇御書」

人身は受けがたし爪の上の土・人身は持ちがたし草の上の露、百二十まで持ちて名を・くたして死せんよりは生きて一日なりとも名をあげん事こそ大切なれ、中務三郎左衛門尉は主の御ためにも仏法の御ためにも世間の心ねもよかりけり・よかりけりと鎌倉の人人の口にうたはれ給へ、穴賢・穴賢、蔵の財よりも身の財すぐれたり身の財より心の財第一なり、此の御文を御覧あらんよりは心の財つませ給うべし。

有名な「蔵の財(たから)より身の財、身の財より心の財」という言葉も出てきますね。
カンタンに言うと、人間として生を受けるのは爪の上の土のように非常に希少な確率であるので、ダラダラと生きずに仏法のために全力で生きて、社会的にも信頼を勝ち得て人生を全うしなさいという意味です。

人間に生まれるのが非常に低い確率であるのが分かっていながら、なんで何回も(しかも有名人に)生まれかわるのかとか、しかもパリかよとか、そこ変なツッコミしないw
「一人が一人に生まれ変わる」ってのも一種の固定観念かもですよ^^気をつけましょう。
むしろn人がn人に生まれ変わってると考えれば・・・
理論上無理ではないm9(゜Д゜)どぎゃーん
ナポレオンが最期に吐いた息の分子は確率的に地球上の全員の口の中に入っているのです。
これってニセ科学ですか?wいずれにしろ美輪さんに逆らってはいk(ry

そういえば年末のLS忘年会でこのブログの話をしたら、「特定の方向に話を引き込もうとしているw」と言われたけど、まあそりゃそうだけどねえ。そのためにブログ作ったわけだし。工作員ですが何か?いや適当に気をつけまs

あんまり御書に書いてないことをベラベラしゃべっても変な業を積むばかりですな。
まあ身土不二って言葉もあることだし。あたら無理な話でもございません。
生まれ変わりだの前世だの守護霊だのも占い程度に自己責任で楽しんでたらいいんじゃないでしょうか。
テレビはテレビであんな感じです。

でも生命ってやつが永遠なのは間違いないからみんな安心だね!(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (7)

2007年1月 4日 (木)

ピタ・ゴラ・スイッチ♪

東京でみかけてグッときたので帰郷後購入。

ピタゴラ装置DVDブック1 DVD ピタゴラ装置DVDブック1

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2006/12/01
Amazon.co.jpで詳細を確認する

シンプル、かわいい、意外な動き。装置のセンスも最高です。
フィニッシュの「ピタ・ゴラ・スイッチ♪」のロゴの出方がとても気持ちいい。
値段が安い上に時間も19分とサクッと気楽に見られます。
私が子供なら1日中見てるかもなー。
実際今日買ってきてから2回リピートしてしまいました。
非常にクセになる楽しさですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゲーム 始 ま っ た な

なんか月曜日のような気がしてしかたがない仕事始めの日の夜。

何も考えずに書き出してみましょうか。

そういえばwii買いました。
触って初めて分かることってあるんだねー。
近所のゲーム屋で試遊台があって、小さいテレビでも十分イケると思い購入。
近所の別の店で偶然売ってたので1月1日にお買い上げ。
はじめてのwii(コントローラセット)とゼルダ購入。

単3電池の重みがじわじわ来ます。
ゲームで遣わない筋肉を使ったよ。
ブログで散見されるように、ゲームにおいてインターフェイスって重要ですね。

ファミコンが発売されたのが私が小学1年のとき。
かれこれ24年もの間、十字キーとボタンに慣れ親しんだ私の指は、右の中指がコントローラを保持するために外側に湾曲しています。
ほい写真w
070104_194201
皆さんの指も見てみるといかがでしょう。
ゲームというものが人体にすら影響を与えてしまうという現証が私の体にも刻まれているわけですな。
ていうか私手タレと嫁に言われるほど手がきれいでs

そんな十字キーインターフェイスに慣れ親しんで、2007年いよいよゲームは大転換といった風情です。
任天堂思い切ってやったなあ。

お次は映像について。
私のテレビは13型のAQUOSで、近くに座ってゲームしている分にはwiiの映像もクッキリですが、画面の大きさの点で少々物足りない。
そこで最近50型のプラズマを購入した弟の家に突撃してみました。

うっかり写真は撮ってませんが、ゼルダなんてすごかったですよ?
2時間かけて森の神殿クリアしてしまいましたよ。さるーw

ついでに持参したゲームキューブでスマブラをやってみましたが、wiiとはっきり解像度違いますね!
GCは50型テレビでは細かい部分が比較的ぼやける感じです。
こりゃ次世代ゲーム機ってのが必要になる時代だわな。

つくづく、次世代ゲーム機なんて要るのか?と懐疑的になっていた私ですが、実際に体験してみて、あーやっぱり次世代だわぁと説得されてしまった話でした。
ゼルダボチボチ進めていきたいです。かなり楽しいわー。

ちなみに弟の家で?年ぶりにジャンプ読んだ。知ってるマンガは半分ぐらい。
内容的には押えるところ押えてるし、まあいいんだけど、なんでこんなメタマンガが多いかなーと少し気になった。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年1月 1日 (月)

あけまして初泳ぎおめでとうございます

新年ですから清々しくいきましょう。

Koshikijima

対岸にうっすらと甑島が見えます。
ここは西方海岸。
これから水泳協会の新年初泳ぎでございます。

Takibi

到着するなり穴を掘り始め,用意していた木材を放り込み着火。
灯油で火勢を強めてたき火の用意はOK。

海岸周辺のごみ拾いを20分ほど行った後,みんな集まって泳ぎ初め式スタート。
神主さんの祝詞を黙って聴きます。
セレモニーが終わったら,参加者約30人がいよいよ海へ突入です。
突入する当事者なので写真はないですw

海はべた凪,遠浅の浜辺はどこまで行っても腰までの高さ。
今日のコンディションは,気温・水温ともにそこそこ低めでした。
身体に水をかけたり,腰までつかったりしながら徐々に身体を慣らしていく。
そういえば役所に就職してから7年ぐらい連続で,元日はこの海に入ってます。

入って5分もすれば徐々に体も慣れて,顔を上げてドルフィンキックで泳ぎまわったりもできます。
泳いだ後急いで創価班着任に行っていた年もあるから,最近だいぶ余裕です。
ひとしきり泳いだら,海から上がってたき火とぜんざい,ココアで身体を温めます。

今日は新年勤行会の着任こは無しで,泳いだ後は母方のばあちゃん家で家族だんらんでした。
あと運よくwiiが売っていたのでゲットしたりw

Beach

ともかくこの静かな海のように,この一年がなにより平和であることを祈念して。
今年もいい年でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »