« 【書評?】ラテン語の世界 | トップページ | 【書評】イスラームの心 »

2007年2月26日 (月)

組合の全国集会に行ってました

土~日にかけて,兵庫で組合の全国集会に出席して参りました。

初日は旅館で寿司詰め,2日目は集団で移動と,まったくネットを見るヒマなしorz

たった今ようやく家に帰って,ネットに接続できました。

まあ学会員として組合を客観的に見つつ,一応ユース部(青年部)の役職ももらってることだし,組合員としての一通りの職務は責任を持ってこなしております。

現在における労働組合のあり方,運動の内容の実効性,構成員の意識,組織の目指す物,その他色々な点について,やはり大きな疑問を感じずにはいられません。今回の集会に出席して,その思いをさらに強くしたところです。

全体的な傾向として,組合幹部の講演は単なる愚痴と悪口の羅列になりがちです。

そして,組織が目標を立てて,その都度達成していく,「勝つ」ということをなおざりにしています。

さらに,組合員個人個人の人間としての成長においては全くもって活動の対象外です。

一人の構成員として,自分が関わる組織をこのままの状態で放置していいのか,今のところ色々な思いが渦巻いており,まとまった思考になりませんが,今後様々な組織が,時代の試練に直面していくのでしょう。

|

« 【書評?】ラテン語の世界 | トップページ | 【書評】イスラームの心 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/48864/5497697

この記事へのトラックバック一覧です: 組合の全国集会に行ってました:

« 【書評?】ラテン語の世界 | トップページ | 【書評】イスラームの心 »