« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月31日 (木)

がん対策基本法について調べてみたい

喫煙率低減で付帯意見 がん対策基本計画案まとまる
(yomiuri online)

計画案は〈1〉がんによる75歳未満の年齢調整死亡率を10年以内に20%減〈2〉すべてのがん患者と家族の苦痛の軽減と、療養生活の向上を全体目標として掲げた。

 重点課題として、今後5年間に〈1〉がんの放射線療法と抗がん剤療法の推進、専門医の育成〈2〉がん治療の初期段階から、痛みなどを軽くする緩和ケアの実施〈3〉がん患者の状況を把握するがん登録の推進、を定めた。

公明党サイドからもらった色々なチラシを眺めていたが,この分野はもっと強くアピールしてもいいのではないかと,ふと思った。
予防重視とか,セカンドオピニオン,ホスピスあるいは薬物による疼痛緩和等々,ガン治療に対する様々なアプローチがあるけど,具体的な戦力が揃わないことには話しにならない。田舎は特に(;´д⊂)

というわけで何か本読んでみようかな。
とりあえずこのへんとかこんなのとかを読んでみようかと考えてるけど,どんなもんでしょ。
ガン治療周辺はどうもアレげな情報が多くて選ぶのが大変。ヨメさんも本持ってるんで見せてもらおうかな。
これだけは読んどけ的な本があったら,教えていただければ助かります。

オススメ本があったら何か書くかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月29日 (火)

聖戦士

役所の組合の飲み会。

※読むにあたって,全員ユース部であり,ほぼ全員同年代であることを念頭においてお読みください。

続きを読む "聖戦士"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

そういうもんです。

やっぱりエントリを立てることにしました。
soda-breadさんのコメントより:

>>そういうもんです。
>そういうもんですか、やっぱり。
うん,やっぱりそういうもんなんですよねえ。

ちょっと先日先輩に指導を受けまして。1日1時間あげろと。
で題目あげてみると,やっぱりあげないのとは大違い。
なんていうか,日常が充実する感じというか。

こんな世の中で,1日のうち1時間という時間を作って,ただ御本尊に相対して題目をあげることのなんと贅沢なことか。
この感じを言葉に表すのは非常にもどかしい感じがしますね。いつかこの感じを書ける時が来るのでしょうか。

より多くの知識を求めてblogosphereに参加してみても,御本尊の前で題目をあげることや,面と向かって一人の人間と対話することから得られるものに代替する機能は,未だネットに実装されていないというのが私の確信です。
ただ同時に学会員の中からブロガーというか,ネットに参画する人間がもっと増えて欲しいと切に願っております。
ただ自然に生きる,ごく普通の人間の姿をネットに持ち込んでいってほしいと思っています。
今そういうものがとても不足しているような気がします。
少し言葉が過ぎたかもしれません。

ここまで書いてどうも言葉足らずですが。
色々大変な世の中,どうか信心は手放さずに勝利していってください。
これからもゲームとFFや読書の話と同じような目線で,学会の話も書いていきたいと思います。

弊ブログを末長く御贔屓にお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月27日 (日)

ネット界最強の存在

今さらこんな話もなんだけど,ブログでの議論が本格的な対話に進展する成功例が極端に少ない。
面と向き合うなんて贅沢は言わない,1対1で話せれば何かしらとっかかりがありそうなものだが,それって技術仕様上不可能なことになっている。ネット上でも,実はリアルでも。

例えば2ちゃんねるの場合だと,誰「が」書いているのか,何「が」書かれているのかといった主体を明確にすることが機能上難しい。
だからといって時代がブログになったとしても,完全なコミュニケーションが成立しているわけではない。
TCP/IPで完全なコミュニケーションが可能なコンピュータが本当にうらやましいなあと感じる。

ブログの場合は誰「に」届けたいのか,何のため「に」書いているのか,目的性,あるいは届けたい相手がいるのに届かないという点でもどかしさを感じる。
あるいは知らない間に自分への言及がされていたり,自分の発言が思わぬ議論を呼んでいたり。ほのめかさざるを得なかったり,IDを書くのは刺激的に過ぎる場合だったり。
あるいは向こうから私に届けたいメッセージがあるのかもしれない。これは私の感受性の問題か。私に聴く能力がないということ。

読者を怖いと思うことはブログ書きの第一歩というが,読み手を惹きつける文章を作ってアクセスアップを狙うとかそんなに器用じゃないし,アクセス数=ブログの価値という考え方には少し疑念を持っている。

CGMって言って,ブログの書き手が力を持つようになったと言っているけど,本当に一番強いのは物言わぬ読者,数。記事を読む/読まないを完全に読者が選択できる。これは強い。
ブログの書き手は,現仕様では絶対に読者に「読ませる」ということ,強制することができない。例えそれがどんなに必要なことでも。
あんたの文章なんか死んでも読みたくない,とか書かなくていいですよ。
ただ読まなければいい。それだけ。

ネット上のマナーや人間性に問題があると考える向きもあるが,テクノロジ上の問題も大きいような。
卑近な例で例えれば,ストIIがストIIダッシュになるようなもの。
ハメ技になるようなシステム上の破れをパッチしたり,でも本格的なパラダイムの転換もたまに起こったり,そんな途中な感じがなんとも。生煮えな話。

まあアクセス減ってるうさ晴らしだと思ってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土日が忙しい件

5月26日 土曜日

自宅で勤行後,朝から組合のビラ配り。

続きを読む "土日が忙しい件"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月23日 (水)

AmazonでEdy

Amazon.co.jp、電子マネー「Edy」による決済を開始

ショッピングサイトに決済サービスを提供するウェルネットと、電子マネー「Edy」を運営するビットワレットは23日、ショッピングサイト「Amazon.co.jp」にEdyによる決済サービスの提供を開始したと発表した。

お,これは。
今度ためしてみよ。そんなわけで貼っとく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月22日 (火)

磨く

たまには御書を。

一生成仏抄

譬えば闇鏡も磨きぬれば玉と見ゆるが如し、只今も一念無明の迷心は磨かざる鏡なり是を磨かば必ず法性真如の明鏡と成るべし、深く信心を発して日夜朝暮に又懈らず磨くべし何様にしてか磨くべき只南無妙法蓮華経と唱へたてまつるを是をみがくとは云うなり。(384ページ)

策や理屈をいくらあれこれ考えても,いざガチで闘う段になったら,題目をあげてる人間には本当に勝てません。
そういうもんです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月21日 (月)

今日のクロ現

5月21日(月)放送
アフガニスタン 麻薬との戦い
 
   治安悪化が急速に進むアフガニスタン。長引く"対テロ戦"の陰で、この国の復興、ひいては国際社会の安定に大きく影響を及ぼしかねない事態が進行してい る。アヘンやヘロインといった麻薬の原料となるケシ栽培が全土に拡大し、世界の生産量の9割を超えたのだ。麻薬は、中央アジアやイラン経由で欧米に大量に 流れ込んでいるだけでなく、密売による利益がタリバンの大きな資金源となっている。ケシの花が咲く4~5月。アフガン政府は、アメリカなどの支援を受け、 ケシ撲滅のための"もう一つの戦争"を戦っている。ケシに頼らざるを得ない農村の窮状。麻薬によって蝕まれる都市部の現状。アフガニスタンの実相を描く。
            (NO.2412)

                                      

続きを読む "今日のクロ現"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月19日 (土)

コイル第2話

コンピューターおばあちゃん最高w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月18日 (金)

家庭訪問でビデオを見てもらう

今日もぼちぼちと家庭訪問。
今回は行く先々で一緒にビデオを見るスタイルをテストしてみた。

続きを読む "家庭訪問でビデオを見てもらう"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月13日 (日)

【書評】新聞社&電波利権(あるいはネットとアマチュア無線の話)

メディアに関する興味深い本を2冊。

新聞社―破綻したビジネスモデル Book 新聞社―破綻したビジネスモデル

著者:河内 孝
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

電波利権 Book 電波利権

著者:池田 信夫
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2冊を合わせて読むことで,戦後のメディアの実態がよく分かる。

続きを読む "【書評】新聞社&電波利権(あるいはネットとアマチュア無線の話)"

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2007年5月12日 (土)

電脳コイル 第1話

各方面で話題になっているようなので見てみました。
教育テレビだから鹿児島でも観れます(;´д⊂)

続きを読む "電脳コイル 第1話"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FF11 追加ディスクだそうです

FF11サービスから5周年。私はPC版開始後始めたから約4年,長いことやってきたもんです。

というわけで恒例の冒険記録。

チャット回数:126121
NPCに話しかけた回数:26487
パーティ参加回数:634
アライアンス参加回数:83
戦闘回数:24707
戦闘不能回数:313
敵を倒した回数:16109
GMコール回数:2

この数字がどうなのかというと,同じキャリアの人より少し少ないぐらいと思われます。

参考:

累積プレイ時間[111日 22:59:22]

モーグリからアニバーサリーリングをもらいました。
取得経験値が2倍になるって,■eにしては思い切ってますな。

とここで,次なる追加ディスクの情報が入ってまいりました。

ファイナルファンタジーXI アルタナの神兵
公式サイトはこちら

なんか旧大陸の過去の風景が多数流れております。
むー。
時間移動?

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年5月10日 (木)

CPAPのメンテナンス

時間休を取って市内へ,睡眠時無呼吸症の治療で使っているCPAPのメンテで病院へ。
朝起きた時の筋肉痛について軽く質問してみたけど,病気の治療そのものとは関係ないのでは?という先生のアドバイス。
自分で対処することにしました(´・ω・`)

そういうわけで帰りのヤマダ電器で低周波治療器の安いのを購入。

アマゾンにもあったりする。報酬対象外。

てなことしてるうちに男子部メンバーから電話。
そういえば明日は各地区同時に会合だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 9日 (水)

乾いた五月の夜の空気

3周目の認定審査会が終了。
バタバタしながら,なんとか単独で仕切れるようになりました。
新しい課にも大分慣れてきたといったとこでしょうか。

続きを読む "乾いた五月の夜の空気"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 6日 (日)

総県男幹(連休の終わりに)

GW最終日は総県男子部幹部会。
市内へ車をとばして行ってまいりました。

続きを読む "総県男幹(連休の終わりに)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 5日 (土)

バベル観てきました

異国の人々に言葉は通じない。
砂漠のただ中で助けを呼ぶ声は誰にも聞こえない。
耳が聞こえない私の声を,誰か受け止めてほしい。

何気ない人差し指から放たれる無邪気な弾丸は100m先まで飛び容赦なく命を奪っていくのに,なぜ言葉は,声は,全身を振り絞って放つ感情は相手に届かないのだろう。

続きを読む "バベル観てきました"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 1日 (火)

ピタ・ゴラ・スイッチ♪その2

2巻も購入。これはすごい。

ピタゴラ装置 DVDブック2 DVD ピタゴラ装置 DVDブック2

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2007/04/18
Amazon.co.jpで詳細を確認する

1巻も買ったけど,2巻もますますパワーアップ。
エスプリの効いたw仕掛けがぎっしりつまってます。
やっぱり繰り返し見ました。面白いっす。

ところで巻末の佐藤雅彦氏のあとがきについてですが。

ピタゴラ装置が今や多少知られるようになったせいか,最近webや雑誌で,「ピタゴラ装置とはゴールドバーグマシンの一種で云々」というような解説風の文章をたまに見かけることがあります。そのたびに,私は小さな違和感を覚えずにはいられません。

タイトルは,「ビー玉は,ちっともうまく転がってくれない」
-想像の自由,現実の不自由-

ちなみにゴールドバーグマシンについてはこちら

ビー玉ひとつでさえ,思うように坂道を転がってくれないのです。

あちらは概念の表現,こちらは実際のものづくり。
似ているようで,目指すところがまったく違う。実際に作ってみると分かる。解決しなければならない山積みの問題との格闘です。
なるほど。見ている側にばかりいては忘れてしまいがちな大事なことですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »