« 肋間神経痛 | トップページ | 宙に浮いた年金記録の実際 »

2007年7月 1日 (日)

【書評】戦争民営化

午前中は外出せずに風呂入りながら読書。練習の一環としてやや速読気味に。

戦争民営化―10兆円ビジネスの全貌 Book 戦争民営化―10兆円ビジネスの全貌

著者:松本 利秋
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

1時間半ぐらいで読了。もすこし早くしてみようかな。

本来は「世界史と傭兵」とか「近代の戦争と傭兵」とか堅いタイトルになるべきところを,少しでも売れるようにとの思いでこのタイトルになったと思われます。ややすべり気味ですが。
歴史上の戦争における傭兵の占める位置や,イラク戦争に至るまでの近代戦争を傭兵という切り口で,データをふんだんに用いて切り取っている点は非常に読み応えがある。

しかし,それにしても,残念なことに,誤字が多い。

ざっと読んで気づいただけども約10箇所。
その中の一つがコレ。

本来ならば,暑い鉄板で周りを防護し,窓やフロントのガラスは防弾ガラスを施した警護専用車を使用するべきであるのに,

(185ページ)

バグダッドが暑いのはよく分かった(´_ゝ`)

|

« 肋間神経痛 | トップページ | 宙に浮いた年金記録の実際 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/48864/6985586

この記事へのトラックバック一覧です: 【書評】戦争民営化:

» 目で右脳を鍛える DS速読術【DS用】【ゲームダッシュ0613】【マラソン0613】 [wiiで楽天ショッピング]
速読訓練ソフトがニンテンドーDSに登場!速読のトレーニングをして、勉強や読書の効率をあげよう!ネットで一番安いところ紹介しています!今すぐこちらへアクセスを  [続きを読む]

受信: 2007年7月 2日 (月) 14:30

» 速読できると [速読]
いいですよね。速読能力が開花して、あなたの人生の成功を願っています! [続きを読む]

受信: 2007年7月 6日 (金) 12:26

« 肋間神経痛 | トップページ | 宙に浮いた年金記録の実際 »