« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月31日 (金)

エヴァに関する鹿児島クオリティの一例

明日の病院診察のついでにエヴァンゲリオン劇場版見に行こう('∇')と思っていたら・・・

鹿児島ではやってません(泣)

なんてこったい○| ̄|_
そういえば地上波放送も5-6年ほど全くやってなかったなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

御書中継着任

仕事終わってすぐさま着任,終了後男子部の部長会,さらにジムに行ってエアロバイク漕ぎながら本読んで,軽く筋トレして帰ってくるともうほとんど午前様DEATH。

続きを読む "御書中継着任"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月29日 (水)

買ったDVDが著作権違反かよ

070829_2134012年ほど前,東京でチャップリンのDVDが安くで売ってるのを見かけたので,4本で2000円で購入しました。

”独裁者””街の灯””ライムライト””モダン・タイムス”
どれも名作でした。

でも今日のNHKニュース見てたら,チャップリンの著作権が切れてないとのことで販売差し止め請求だってw

世知辛いこって。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月28日 (火)

【書評】ゲームニクスとは何か

ゲームニクスとは何か―日本発、世界基準のものづくり法則 (幻冬舎新書 さ 3-1)


買ったきっかけ:
書店で見かけて購入

ココログの新機能みたいなのでさっそく使ってみまs

感想:
・日本のゲームが何故世界中で通用する商品となったか
・人々は何故ゲームに夢中になるのか
・ゲームの可能性を色々は分野に応用可能である

これらの内容を明快に,簡潔にまとめてあります。分量的に薄いほうで,ゲーム関係の事情に詳しい方なら15分ほどで読み終わるのではないでしょうか。
現在の情報環境において一番の問題は,爆発的に増加するコンテンツを効率的にナビゲートすることであり,そのためのUIの進化が現在決定的に遅れており,そこに日本人が長年培ってきたゲーム的インターフェースのノウハウが活躍する場が十分にある。
また,欧米のソフトハウスも日本のゲームニクス(人を惹きつけるUI)を研究して体系化を進めており,日本の職人的なものづくりが知識の共有化を妨げ,UIの進化を妨げてしまうのではないかと憂慮している。
いずれにせよ,ヒットする商品に優れたUIとナビゲーションは不可欠であり,本当にいいものも伝わらなければ意味がない。

おすすめポイント:
本文から引用:
・『気づいている人は少ないかもしれませんが,テレビゲームというのは「プレイヤーを褒めるメディア」なのです』(151P)
・『しかし,ここで重要なのは,どれほどすばらしい検索アルゴリズムを開発し,ユーザーの行動履歴を分析して,情報マッチングを行う”環境”などを整備したとしても,最終的に重要なのはユーザー・インターフェイスだということです。』(184P)
・68〜69ページのゲームニクス理論の全体像は,なかなか示唆に富んだ内容です。

これを機にユーザーインターフェイスに関する知見が広まっていくことを期待します。


ゲームニクスとは何か―日本発、世界基準のものづくり法則 (幻冬舎新書 さ 3-1)


著者:サイトウ アキヒロ




ゲームニクスとは何か―日本発、世界基準のものづくり法則 (幻冬舎新書 さ 3-1)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

皆既月食

おー月が完全に隠れてるw
写真に写せるだけのカメラが無いのが残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バージョンアップ

朝のうちにパッチのダウンロードを済ませておいて,帰ったらさっそくログイン。
なんといってもグリップが熱いことになっております。

【竜騎士】【侍】【暗黒騎士】【おめでとう!】と言って,いいのかなw

グリップ合成はやっぱり革細工かあ。スキル上げてないので作れないや。

ところでスタッフストラップ等の競売リストの下の方にある3種類のグリップは,傭兵なら誰でも皇国軍戦績20000点で交換できます。
丁度戦績溜まっていたので,渡りに船とばかり交換して競売に突っ込む。
相場は早くも落ち着いてきたみたいだけど,売れるかなあw

スタッフストラップ 全種
MP+20 敵対心-2
Lv65~ All Jobs

なかなかの性能。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月27日 (月)

ジム通い2週間

で,あっさり腹筋が割れてきた。
人間の身体ってある意味ちょろいもんで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月25日 (土)

喜びを,奪われるな

はてな匿名ダイアリー:何でも楽しいという友人

楽しいよ。理科も、架空の事じゃなくてマジで今のここにある物体の仕組みの事で、リアルありまくり。全部即役に立つじゃん。楽しいじゃん。古文も、日本に文字とか文章とかの文化が生まれてから今までの超有名作がピックアップされててマジ便利。楽しい漢文もそうだよ。だから勉強って超楽しいよ。ついつい夜までやっちゃうんだ。やめようと思ってもなかなか「あとちょっと」とかいってやめらんなくてさー」

「一番楽しくないのは、楽しくないって思って、ダラダラやることだよ。それは全然面白くなんない。つまんないとか嫌なことは、つまんないとか嫌だって思って嫌そうにやると嫌なままだけど、開き直って、おっしゃ、やってやるって目標立ててやると、結構面白いよ」

学習することに限らず,成長すること,障害を乗り越えることが楽しくないことのはずがない。
私が仏法を実践するのも,この友人のように「生きているだけで楽しい」という実感を得るためだ。これ以外ほとんどないと言ってもよいかも。
このように考えられる友人は条件抜きで幸せだ。変な躊躇いを持たずにこのままいってほしいと思う。

で,この記事のコメントにもご多聞にもれず,非常にネガティブなものが目立つ。ちょっとどうなのよと思わないでもないけど,別に悲観する必要はない。人間の中には生きることの歓喜を感じる部分があるのと同時に,それを冷淡に嘲笑しようとする部分もある。両方とも間違いなく人間の中にあるんだ。

世の中には思い通りにならないこともあるし,こういう純粋な喜びをくじかせ,逆の方向に進ませようとする力がそこらじゅうに働いている。それを見破り,流されないようにあえて意識して生きること,そしてそのための方法と理想となる人物像を持つことが肝要だ。

自分の中の前向きな部分を伸ばしていけるように,私は題目をあげ,御書を読み,師匠の指導を仰ぐ。

全然話が飛ぶけど,ネットに決定的に不足しているのは「師匠」あるいは「師弟」の要素だと思う。
けっこう長いこと考えてるけど,そのうち書きたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月24日 (金)

学会員ブロガーが心がけるべき15のポイント

・日常の活動をきままに記録しよう

・学会の話以外にもサブカテゴリがあるといいよ

・素人書評を書くと本がたくさん読めるよ

・アクセス数を追うも追わないも自由です

・「このブログは学会と無関係です」と書くのも自由です

・アルファブロガーを目指すも目指さないも自由です

・会合があるはずの時間にエントリを書くのも自由です

・会合があるのでブログの更新を怠るのも自由です

・ネット上で折伏戦を仕掛けてもいいけど,私はいいや

・何かのはずみに実名が晒されても大丈夫な内容にしよう

・何かのはずみに同じ地区の人が読んでも大丈夫な内容にしよう

・そのうち後輩部員にアドレスを教えてブログを読んでもらおう

・その前に後輩部員にパソコンの使い方を覚えてもらおう

・やっぱりたまには御書を引用してそれらしくしよう

・最後に,悪いことは言わないから,先生と学会員の悪口は書かないほうがいいよ
(コメント欄にへんなのが湧いてくるから)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

空き家バンク

今朝のNHKニュースで鹿児島の垂水市(だったかな?)の試みが紹介されていました。

「空き家バンクとは」とgoogleで検索しても,あまりパッとした内容が出てきませんが,要するに居住者のなくなった家を登録して,居住を希望する人に斡旋する事業でしょう。自治体あるいはNPO等が管理主体となっている例が多いようです。

そのニュースを見ていたところ,空き家バンクを立ち上げたはいいが,空き家の提供者が非常に少ない。田舎に空き家が多いのはもはや厳然たる事実ですが,提供するにあたり,相続上のトラブルが未解決であったり,何より見ず知らずの人間が移り住んでくることそのものに難色を示す地元の人間が多いようです。
これは非常に問題です。人口減少社会で外国からの移民を受け入れるのどうのという話がありますが,その前に都市部からの移住希望も決してゼロではないわけで,それすら拒絶するとなると今後自分が住むコミュニティをどうしたいのか訳がわかりません。今後多くのコミュニティが限界集落となって消滅の道を辿っていくのでしょうか。

自分の住む街中を見回しても,住む人のいない廃屋がゴロゴロあります。
何とか有効活用するべきとは思いますし,若い世代がもっと住みやすくなるようにこういった住宅の取引を活発にすべきと思うのですが,何かこう日本人には新築マイホーム願望というか呪縛のようなものがあるらしく,中古住宅の市場というものもほとんどありません。相場が立たないわけです。

なかなか前途多難な試みですが,避けては通れない課題なので今後の動向に注目です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月23日 (木)

久々に部活

昨日は組合の飲み方。
今日は久々に部活。コレ見ると結婚運が上がるよ('∇')という嫁さんのチョイスで,男子部2人でDVD「微笑みの栄冠」を見るってどうよ。
リンク貼りたいんだけど,聖教ブックサービスにアフィリはないのかのう。
これが副部長に意外と気に入ってもらえた。いい人を見つけてくだs

ジムでトレーニング後,帰宅するともう12時前。
エアロバイクでサクサク本が読めてたのしい。
今日はこの本↓

サイバージャーナリズム論 「それから」のマスメディア (ソフトバンク新書) Book サイバージャーナリズム論 「それから」のマスメディア (ソフトバンク新書)

著者:歌川 令三,湯川 鶴章,佐々木 俊尚,森 健,スポンタ 中村
販売元:ソフトバンク クリエイティブ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

この手の議論はけっこう10年単位で今後続くのでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月21日 (火)

名前についてメモ

“稀星”は“きらら”と読める? 役所対応分かれる

今年2月、富山県で生まれた赤ちゃんに両親は「稀星」と名づけた。読み方は「きらら」。この名前に対し、両親が住む立山町は「“星”は“らら”とは読めな い」と伝え、受理せず。その後、夫妻は富山市でも届出が可能なことを知り、提出すると「名前に込めた思いは大きい」ということで受理された。

 これについて、母親は自治体によって対応が違う点について疑問を投げかけた。

法律上は役所に読み仮名まで登録するわけではないので,どんな読み方をしようが勝手なわけで。人名用漢字を用いていて,よっぽど極端でないかぎり,役所は受け取らないわけにはいきません。
また逆に,きょうだいに同じ漢字をあてて読み方を別々にするような名付け方は受理されません。まめちしき。

日本人の名前に特徴的な点として,歴史上の人物をフィーチャーしたものが極端に少ないように思う。英語圏ならある程度名前なんて決まりきったもので,日本と少し名前というものの位置づけが違うのではないかと思う。デスノート。

名前とはとりもなおさず「このような人物になってほしい」という親の願いに他ならない。今流行ってるトリッキーな名前は,果たしてこの子にどのように育って欲しいのかよく分からない。日本人には,手本とすべき人物像またはコンセプトがないということだろうか。あるいは今生きる人々の名前及び人物像が,跡を継ぐに相応しいと思えないが故に消されていくのか。そういえば明治大正生まれの人々と高度成長期,そして現在でこれほど名前の傾向がぶれているのも一体何なのかと思う。

また人から容易に読んでもらえない名前は,子どもが新しい人と親交を結ぶ際に余計なコストを課すものだ。珍しい名前で人目が惹けると考える親御さん方,それはちょっと考えなおしたほうがいいよ。珍しい苗字を持つ私からの忠告。

かように日本人の名付けは難しいが,だからといって学会2世に「大作」や「伸一」が多いのも,これはこれでどうかと思う(;'-')

| | コメント (1) | トラックバック (2)

休み今日まで

この連休はちょっと色々ネットを物色して回ったけど,つくづく思うのは参加者が少ねえ。ということだ。いや盆とかじゃなくて。

年代が固定的で,老若男女の交流がない。
時間がふんだんにあってコンピュータに詳しい,常に傍らにコンピュータを立ち上げた状態で過ごす人々,そういう限られた人のためのネットになってしまっている。

学会の組織から先に見てきた者から見ると,なんて狭い世界,と思ってしまう。
男子部の会合とか出てみると,鹿児島の田舎でもあーんなに人がいるのに,そのうちのどれだけが糸色望先生を見たことがあるのだろうか。
ハルヒとかぼくらのとか,そういう作品が存在すること自体を大部分の人間が知らないんですよ?ネットもしかり,そこで繰り広げられる出来事なんて,見たこと無い,知らない。だからどうでもいい。本当にどうでもいいことだ。
何回か書いたけど,ネットに接続する人,しない人の断絶,特に学会の人のネットへの無関心さには絶望しそうになる。これはちょっとこっち側の人たちも困ったもんだ。
私が孤独感を感じるということもあるけど,このままでは本当に語るべき時に語る言葉を持てなくなる。セカイが分断されていることに無自覚でいいのかと。

話が大きくなるけど,私が相手したいのはもっと広い範囲の人たちなんだ。
こう言うとなんか変な誤解を生みそうだけど,いみじくも数年前に糸井重里氏が言っていたように,まだネットを知らない人,これからネットを始める人をお客さんにした商売のほうが伸びるに決まっている。
日本のネット人口が5割を超えたからといっても,地方による差も大きいし,年代による断絶ももっと大きい。今いる人ばかり相手にして内向きのルールを充実させることばかり気をとられていると袋小路に入りかねない。

どうも私がネットが面白いと感じるには,もう少し時代を進める必要があるような気がする。牽強付会ながら,人間主義の思想を師匠から学んだからには,その時に向かってこつこつと書き続けて行きたいと思うわけです。
しかしまあ技術の進歩は早いけど,人間の意識の変化は遅いから,何年後になるかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月19日 (日)

完走したのかまだ知らないTV見てない私が来ましたよ

たまには,はてブを軸に色々なサイトを見て回る。
やっぱり24時間テレビが旬ですな。
深夜はこんなこともあったみたいで。先輩芸人の芸を潰すのはとりあえずいけないことだと思います(゜Д゜)ノ

それはさておき欽ちゃんマラソンは賛否両論あったみたいだけど。
ネットの書き込みをみてゲンナリしたけど,時速7kmで走れば誰でも完走できるだあ?そんなことは妙円寺参りでも体験してから抜かしやがれ。私は大学生の時に2年連続で午前0時出発で阿蘇山頂から60km9時間半で歩いたけど死ぬかと思うたぞ。同じ日の夕方から学祭で調理してたぞ。
確かに誰にでも100km完走できる可能性はあるけど,実際に何か成し遂げた経験のある人間なら,おそらくこのようなことを口走らないだろう。
行動する人間を陰で貶めるな。情けないぞ(はぁと

まあ坂上二郎さんがお元気で何よりでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

会館のモニタでWiiを遊ぶ!

明日は朝から未来部の会合ということで設営作業。
先日の集まりで何をしようかと話しあったところ,男女青年部で色々な出し物をしようということになり,私は会館の「あの」大きなテレビでWiiスポーツを遊んでもらうことに。

子ども達が遊ぶのは何がいいかな。
Wiiスポーツのトレーニング「ボウリングなぎ倒し」ならシンプルだし,操作に慣れていくと後で挽回できるからいいと思う。こりゃ名案。

簡単に接続できるだろうとタカをくくっていたが,いつものようにトラブルの連続。
まず,持参してきたビデオケーブル用の黄白赤の入力端子がない。
S端子入力ならあるということで,しかたなく近所のショップにケーブルを買いに。
2500円でS端子ケーブル↓新調してきました。

Wii専用 S端子ケーブル Video Games Wii専用 S端子ケーブル

販売元:任天堂
発売日:2006/12/02
Amazon.co.jpで詳細を確認する

買ってきたケーブルでさっそくつないでみたが,今度は音ばかりで映像が出ない。
どう考えてもテレビ側のS端子入力が死んでいる・・・。

色々試してみたがモニタに直結する手段が思いつかない。
ここでWiiをつなぐのは諦めるしかないかもしれない。しかたなく隣の「法話室」の小さなモニタにつなぐことに。

こちらのモニタには問題なくつながる。S端子ケーブル側にも不具合なし。
しょうがないここでやるか,と考えていたら他の男子部が来た。
「ここ明日の朝同じ時間に使うよ('∇')」とか言われた。mjsk。

さて困った。このままだと私の出し物そのものを諦めるしかないかもしれない。

ではこれでどうだ。広間の端っこにある同時放送用のミキサーの外部入力にWiiを接続し,そこから大きなモニタに映像を流す。ミキサーについている小さなモニタの下にWiiのセンサーバーを置き,ゲーム起動等のオペレーションはそちらを使う。
つないでみたらしっかりWiiは起動,なんとかボウリングも起動できた。

実際のゲームはどうか。センサーバーのないモニタの前でWiiリモコンを振ってみた,するとちゃんとボールが投げられる。
センサーからは5mぐらい離れているけど,これでいけるみたい。

結局買ってきたケーブルは使わないけどまあいいや。
たくさん遊びに来てくれるといいけど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月17日 (金)

花火の日

お盆で活動もなく,特に書くネタなし。今日は年休で休み。

昨日の介護保険窓口には,お盆で帰省して母の変わりように驚き,要介護認定申請に来る多数の長男夫婦が押し寄せる。
認定後も遠隔地からケアプラン作成とか大変そうだ。
また,窓口に苦情を言いに来た御婦人は,こんなに一生懸命練習して今の季節も正確に答えたし,いい服を着て尿失禁も隠して立派に認定調査をうけたのに,なんで要支援なのかと言っていた。そりゃそんなことすれば自立度が高まるのは当然なのだが何と言っていいのか。
無理はせず自然に認定を受けてください。これしか言いようがないのだが,つくづく介護保険制度は日本人の自然な発想からかけはなれている。特に老人をや。

昨晩は花火大会。嫁さんと街中をぶらぶら歩き回り,学校の同級生宅2階から花火を眺め,実家の屋上に登ったりして色々な場所からの花火を堪能する。
鹿児島の花火はどこもやたらと規模が大きい。花火業者が多いからとか色々な説があるが,当の地元の人間はあまりその自覚が無い(わたしもなかった)。大阪から来た親戚が「こんな大きな花火はPL教団のやつぐらい」とか言うから,へえ,そんなもんですかと言ったりしていた。そういえば本来この日は親戚が集まって屋上から花火を見ているもんだけど,今年は母と弟が仕事に出てる関係上バラバラ。父は屋上で一生懸命花火写真を撮っていた。100枚近く撮って数枚成功するかどうかなんだそうだ。私は携帯電話で花火を録画してみた。なかなか綺麗。横で2人を見ていたヨメさんがあきれていた。

父から鹿児島の地デジの搬送波は垂直偏波か水平偏波かどちらか知らないかと聞かれるが,知っているわけが無い。電波の利得に40dBの違いがあるから重大な問題だと。はあそうですかと答える。

帰宅後録画したファイルをいろいろいじってみるが,携帯電話から取り出してPCに保存し,どっか動画をネットにUPしようと試みるがうまくいかない。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年8月13日 (月)

ポリグラフ検査復命

睡眠時無呼吸症の現在の治療状況を確かめるための,終夜睡眠ポリグラフ検査。3回目を受けてきました。
以下に詳細を書いておきます。興味のある方はどうぞ^^

続きを読む "ポリグラフ検査復命"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月11日 (土)

熊本へ

とりあえず創価高校,初戦突破おめでとうございます。
渋い試合でした。リードを守りきるのも間違いなく勝利への執念ですね。

私は金~土と終夜睡眠ポリグラフ検査(PSG)受けてきました。
今朝軽く先生の感想を聞いてきたけど,夜中何回かSPO2が下がってると。
直りきってないのかな。詳しくは後日レポートします。

これからひとっ走り熊本へ。大学OBの集まりに行ってきます(*'-')ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 9日 (木)

ジム通い

プールのみ入り放題だったジムのコースを変えて,時間制限つきのトレーニングマシン・スタジオありのコースにしました。

筋トレというものに慣れていないので,軽めに筋トレした後,エアロバイクを座ったままぐーるぐーる漕ぎながら,新書を読んでます。

生物と無生物のあいだ (講談社現代新書 1891) Book 生物と無生物のあいだ (講談社現代新書 1891)

著者:福岡 伸一
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

細胞内の物質の神秘的な動きが目に見えるような,きらびやかな筆致。
科学者の名声の儚さと,とりつかれたように研究に没頭する姿を見守る視線。
つかみどころのない生命の実相を活写するダイナミックな表現力。

130kcalとともに40分という時間があっという間に過ぎ去ります。

しばらくこんな感じで読書の日々が続きそうです。痩せるといいなw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 8日 (水)

iPod Touchだそうです

全面液晶スクリーンでタッチパネル操作,容量8Gで来週発表の可能性大と。
参考→CNET記事
どっかflickrで写真みた気がするけど忘れたw

私のiPodがいつ寿命がきてもおかしくないので,出たら買うだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

捨てさせられるおばあちゃん達

仕事柄どうしても伝聞になってしまうけど,ヘルパーと高齢者がなかなか分かりあえない話。

あるおばあちゃんの冷蔵庫には,たっぷりと食材が詰め込まれていた。
物がない,ひもじい時代を生き抜いてきたおばあちゃん。
このような食べ物が捨てるほどある時代に生きるなんて,想像もしなかったことだ。

生きていくのに何不自由ないはずのたくさんの食料。
だが,ただ一つの問題は,そのほとんど全てが賞味期限切れだったことだ。

続きを読む "捨てさせられるおばあちゃん達"

| | コメント (1) | トラックバック (3)

2007年8月 5日 (日)

ごぶさたでした

さて,選挙から1週間。

日曜日に遅く起きるなんて久しぶり。
風呂に入りながら読書。

座右のゲーテ -壁に突き当たったとき開く本 Book 座右のゲーテ -壁に突き当たったとき開く本

著者:齋藤 孝
販売元:光文社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

いい本。ゲーテ関連はいつも勇気付けられます。
あと電脳コイルの小説版を途中まで読んで汗いっぱいかいて上がる。

昼から家庭訪問。気温が35℃近くあるのはどう見ても不具合だと思う。
男子部のみんなと地区部長さん宅にお礼のあいさつをして回る。
中継も終わったし,そろそろ夏季有効期間だからね。

そういえば本幹中継,昨日は着任中に先生のスピーチだけ見てました。
誰にも気づかれずに目にじわーっと涙を浮かべて,メソメソと泣きました。泣きましたとも。
どんなに頑張っても思い通りにならない,最高のパフォーマンスを見せても,勝てないときには勝てないのが勝負の厳しさです。
それでも自分で決めた勝負からぶれずに,過去最高の勝利であることを確信持っていい切れる人間が本当に強い。
何か一つ大勝利できたことがあれば,胸を張って勝利宣言していいんだ。周囲の変な雑音は気にするな。
先生の心の中にどんだけの辛さや悔しさがあるのか到底計り知れないことだけど,それでもなお人を励まし,勇気を与えることができる,これは本当に師匠として最高の人物を持てて素直に嬉しいなと感じた。
ちなみに私の場合は,担当の部員さんの実在28人中,26人の投票確認が出来た点が大勝利。みんなよく心を合わせてくれた。感動した!

てなことを色々考えながら家庭訪問終了。

家に弟が来たのでみんゴル3を貸す。
オンラインゲームは過渡期だねえとか話す。
ペルソナ3やれやれとしつこく勧めるがウザがられる。

弟が帰った後,久しぶりにwiiの電源を入れてゼルダ。
一回始めると,ダンジョン一つクリアしないとどうにも具合が悪い。
なんとか時の神殿をクリアして終わる。目が疲れた。

そういえば積み残しのゲームがある。
第3次スパロボαとか,長いゲームは油断すると心が折れる。一気にクリアできる人間の精神力を尊敬してしまう。
FF12も一回長い中断があったなあ。
ドラクエ5も,一回やってるからまあいいか状態。あとICOとかMGS3等々。

7時過ぎに,選挙お願いしたみなさんにお礼の電話。
来週のOB戦行くよーとかそんな感じ。

日が沈んでからウォーキング行って,風林火山見ながら書いてます。
相変わらず登場人物みんながスパイ。
まさにエスピオナージ大河ドラマ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »