« 久々に部活 | トップページ | 学会員ブロガーが心がけるべき15のポイント »

2007年8月24日 (金)

空き家バンク

今朝のNHKニュースで鹿児島の垂水市(だったかな?)の試みが紹介されていました。

「空き家バンクとは」とgoogleで検索しても,あまりパッとした内容が出てきませんが,要するに居住者のなくなった家を登録して,居住を希望する人に斡旋する事業でしょう。自治体あるいはNPO等が管理主体となっている例が多いようです。

そのニュースを見ていたところ,空き家バンクを立ち上げたはいいが,空き家の提供者が非常に少ない。田舎に空き家が多いのはもはや厳然たる事実ですが,提供するにあたり,相続上のトラブルが未解決であったり,何より見ず知らずの人間が移り住んでくることそのものに難色を示す地元の人間が多いようです。
これは非常に問題です。人口減少社会で外国からの移民を受け入れるのどうのという話がありますが,その前に都市部からの移住希望も決してゼロではないわけで,それすら拒絶するとなると今後自分が住むコミュニティをどうしたいのか訳がわかりません。今後多くのコミュニティが限界集落となって消滅の道を辿っていくのでしょうか。

自分の住む街中を見回しても,住む人のいない廃屋がゴロゴロあります。
何とか有効活用するべきとは思いますし,若い世代がもっと住みやすくなるようにこういった住宅の取引を活発にすべきと思うのですが,何かこう日本人には新築マイホーム願望というか呪縛のようなものがあるらしく,中古住宅の市場というものもほとんどありません。相場が立たないわけです。

なかなか前途多難な試みですが,避けては通れない課題なので今後の動向に注目です。

|

« 久々に部活 | トップページ | 学会員ブロガーが心がけるべき15のポイント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/48864/7659063

この記事へのトラックバック一覧です: 空き家バンク:

« 久々に部活 | トップページ | 学会員ブロガーが心がけるべき15のポイント »