« 新たな気持ちで | トップページ | アーケードゲームと私 »

2007年11月 2日 (金)

大連立構想ですか

会談が密室になるとマスコミが自分達のプレゼンスを示そうとして動き出すのでどうもなあ。大連立なんて話もその辺から立ち上がってきたような感触を受けた。
自民党のほうから働きかけたという話は,へぇと言うか意外だった。

公明党的には(´・ω・`)どうもなあ。ちょっと面白くないのは確か。
この存在感の薄さどうにかならないものか。公明新聞ではいいこと書いてるのに。よそのメディアに影響を与えない言説って,現在のメディアではどう評価するべきなのか。

確かに構想的には思いつきそうな話だけど,色々あって結局実現しないのは想定どおり。これで動くとはどっちも思ってないんじゃないか。本格的な情報戦の口火を切ったと考えるべきでしょう。

ああこれも小沢さんが大好きな権力闘争ゲームだ。

結局福田赳夫と田中角栄の争いの焼き直しに過ぎないので,民主党と自民党の戦いと言ったってどう見ても「自民党」内の政権抗争に過ぎない。

要するにこう,それぞれの利益団体の代表が砂山をぐわーっと取って,棒を倒さないようにどれだけ自分のところに砂持ってこれるか,どれだけ利権を引っ張ってこれるかの分捕り型政治,パラダイム的にそれ以上のはないみたいなので,ゲームに参加していないそれ以外の人間はまったくの傍観者にならざるを得ないので自分には関係ないでしょ的な話になる。だから若いのとか,組織じゃない人間とか政治が関係ないと感じてしまうんだ。

政治に参加できてない多くの人に向けて,あなたも加われますよ,と働きかける,政治参加の道を開くことができるようにアピールする。で既にあるモノの奪い合いでなく,新しい価値を創造できる仕掛けを作る政治にする。そういうふうにパイを増やして行く方向で動いてほしいなあと思う。
公明党にそれができるか。頑張って。

|

« 新たな気持ちで | トップページ | アーケードゲームと私 »

コメント

これで中選挙区制が復活するのであれば、それはそれでいいんじゃないでしょうか。
定数によっては、公明党候補で戦えますからね。

投稿: にっし~ | 2007年11月 3日 (土) 20:47

にっし~さんどうも。
コメントの返事書こうと思ってるうちに小沢さん辞めて大変なことになってますね。
民主党はどうなってしまうの。

投稿: eviano | 2007年11月 5日 (月) 00:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/48864/8732084

この記事へのトラックバック一覧です: 大連立構想ですか:

« 新たな気持ちで | トップページ | アーケードゲームと私 »