« アーケードゲームと私 | トップページ | ブルドッグ小沢は鎖につないどくべき »

2007年11月 5日 (月)

小沢代表の突然の辞任に思う

ジムでストレッチをしていたらニュース速報で小沢氏辞任の一報が。
天井にぶら下がったテレビ4台の,TBS系の放送局だけが速報を流していた。
なので最初は私の見間違いかと思ったが,夕方のニュースはそれで持ちきりだったので間違いないようだった。しかしそれにしても唐突で信じられない。

とりあえず,クラッシャー小沢の本領発揮としておこう。
今このタイミングで民主党を壊すか,大連立が成ったとしてソレごと壊すかの違いに過ぎなかったのではないか。
一瞬本人の健康問題かと思ったが,そういう話は聞かないようだ。

氏本人の中にある意向はともかく,実際これで参院選の大勝も政権交代の野望もテロ特措法の協議も大連立構想も全部うっちゃった形になる。
ここまで行くと正直何をしたいのか分からない。
民主党はどうなってしまうの,という話がメインに来ると思うが,小沢氏一人辞めただけで党そのものの屋台骨まで揺らいでしまい,衆院選で決戦を,という流れどころではなく,起こったことを表面的に見るだけでもただ与党だけが得をする独り相撲にしか見えない。

大連立の話が民主党から持ち出されたという報道に対して,むきになって否定しているのが気になった。
協議の場で即座に大連立を拒絶しなかったことが「不信任」の理由と言うことだけど,どっちにしろ普通そんなことはしないでしょ。
どうも一連の説明を額面どおり受け取れない。

夏の参院選からよく分からないことが続いてどうにもうんざりしている。

|

« アーケードゲームと私 | トップページ | ブルドッグ小沢は鎖につないどくべき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/48864/8761937

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢代表の突然の辞任に思う:

» 民主党に自界叛逆難 [これから元気で]
例の石井ピンによる、ふざけた学会弾圧国会質問から約20日。 とうとう、民主党に現... [続きを読む]

受信: 2007年11月 5日 (月) 12:09

« アーケードゲームと私 | トップページ | ブルドッグ小沢は鎖につないどくべき »