« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月20日 (水)

ある意味,患者側からの言い分 - 【書評】「痴呆老人」は何を見ているか

正直,期待していた内容とは全然違っていたのだけど,こういう視点もあるのだなと一応心に留めておこうと思った。

「痴呆老人」は何を見ているか (新潮新書 248) Book 「痴呆老人」は何を見ているか (新潮新書 248)

著者:大井 玄
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ちなみに目次は以下のとおり。
大雑把な感想ではあるが,認知症の発症機序や予防法,患者の側からの言い分等を詳説したものではなく,痴呆を軸として筆者の心の赴くままに,ブッシュ政権から日本人論に至るまでの様々な観念論を披瀝した本であった。

はじめに
第一章 わたしと認知症
なぜ怖がられるのか/ぼけと「痴呆」/佐久平での宅診/急性抑うつ反応/「申し訳なさ」と癒し/精神症状と人間関係
第二章 「痴呆」と文化差
異質なものへのラベル/沖縄の「純粋痴呆」/世間的イメージの誤解/「一水四見」という文化差/「生かされる」と「生かされている」だけ/アメリカ人にとっての自立性喪失
第三章 コミュニケーションという方法論
ゲラダヒヒの平和社会/偽会話となじみの仲間/「理解する」は大事ではない/笑顔はなぜ大切か/ブッシュ大統領の「痴呆老人」的反応/個人史をたずねる/体の位置と敬語/相手の世界へのパスワード
第四章 環境と認識をめぐって
彼らの原則/環境と環境世界/見ているもの、ではなく、見たいもの/コトバで世界を形成している/最小苦痛の原則/「思いこみ」を支える深層意識/思いが生む虚構現実/現実を構成する経験/現実は「事物」でなく「意味」/外向きの世界仮構
第五章 「私」とは何か
二つの「私」/《Me》と「Mine」/《私》と目先の利益/がん患者と無常の自覚/「私」を統合する/自己とは記憶である/「つながり」への情動/『蜘蛛の糸』の不安/ほどけていく「私」
第六章 「私」の人格
相手の数だけ人格がある/『24人のビリー・ミリガン』/社会病理を映す多重人格/生きるための言語ゲーム/若返り現象/住みやすい過去へ/暴流のようなエネルギー/「いのちが私をしている」/実体的自我は存在しない
第七章 現代の社会と生存戦略
生命と年齢の関数/長く伸びたグレイゾーン/上手なつながり/「病気」の増殖/苦痛を病気化してしまう /自由と不安/言語習得の心理ステップ/日本特有のひきこもり/失神するほどの無力感/自分vs.世界/自立とつながりの自己/甘える理由/生存戦略の大 転換のなかで/キレる理由/自立社会の呻き声
最終章 日本人の「私」
つながりの心性/班田収授の精神/江戸の循環型社会/強権と個人的自由/心と私心/「自己卑下」と先祖の智恵
参考文献・註記

おわりに

そして,帯に書かれたフレーズがこの本の方向性を良くも悪くも決定づけている。

われわれは皆,程度の異なる「痴呆」である。

この本の筆者が今日使われている「認知症」という言葉に違和感を感じ,差別意識を隠蔽するものだと非難する理由は理解できるが,人間の精神的機能を完全に失うものとして捉え,あらゆる痴呆症状をひっくるめていきなり同一のものとしてとらえてしまうのはやはり違和感を感じる。
これはこれで,痴呆の恐怖を間近に感じる世代の感覚としては妥当なものかもしれないが,現実に私が介護保険の申請受付の窓口において目の当たりにしている認知症患者は,今まさに適切な診断と処置を提供することで症状の進行が阻止できるか,あるいは重度化するかの瀬戸際にいる人々であって,筆者が言うように,直ちに延命措置を拒否して白旗をあげるような絶望的な状況に至るまでにはまだ早いのではないか。
東大医学部教授の先生に向かってこういう言い方をするのも何だが,今まさに認知症のフロントラインにいる人々にとっては全く役に立たない(そもそも役立てようという目的で書かれた本ではたぶんない)話の数々であることだけは断言していいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月19日 (火)

BDは普及する。だがそれよりも容量の無駄使いを何とかしてほしい

今回はかなり決着が早いなと感じた。そして引き際も洗練されている。

ロイター:東芝のHD撤退に株価は好感、損失額・ブランド低下は限定的の見方

[東京 18日 ロイター] 東芝(6502.T: 株価, ニュース, レポート)が、新世代DVD規格の「HD DVD」事業から撤退する方針が先週末、明らかになり、週明け18日の東京株式市場で、同社株は前営業日比45円高(5.74%高)の829円で取引を終えた。

 ソニー(6758.T: 株価, ニュース, レポート)などが推進する「ブルーレイ・ディスク(BD)」方式との規格争いで敗色濃厚となり、早期に見切りをつけたことが、同社の「選択と集中」路線に沿った判断と市場関係者からは評価されたようだ。また、撤退に伴う損失額や東芝ブランドへの悪影響は限定的との見方が出ている。

   

次世代DVDは意外に早く決着がついた形だ。
とはいえこれ以上撤退が引き伸ばされても両陣営誰も得しないので,合理的で妥当な判断だったと思う。

こうしてプラットフォームの一本化が成し遂げられたわけだけど,ネット界隈では話が一気に飛躍して,ディスクレスの音楽・映像配信が実現しつつあるので次世代メディア戦争に意味はない,双方敗れたり,とする声もあるが,いやそれはさすがに気が早いよ,と言っておきたい。

自分の周りには,DVDをかけたことすらない,インターネットさわったこと無い,ましてやニコニコ動画なんて存在自体知らない,要するにカセットテープから先を全く知らないナイナイナイツな婦人部のおばさま方が大勢いらっしゃるので,何かのはずみでテレビを地デジに買い換えた→ハイビジョンを録画するのに適当なメディアは何か→BDで撮らないともったいない(矢沢栄吉)→じゃあ買いますという形でお買い求めになる方々は意外と多いのではないかと思いますよ。
世の中アーリーアダプターばかりではないのですよ。

まあたとえ世の中のソフト流通が最終的にはアップルTVのような形になっていくとしても,それが3年後なのか5年後なのか10年後なのか。
人口に膾炙しておばちゃん方が自然に受け入れられるようになるまでどのくらいかかるかが問題なのだ。
その間地元のTSUTAYAもBDを仕入れるでしょう。そしてそのために設備投資をするでしょう。
そのコストを何年で回収できて儲けが出るか。またもやアップルにかっさらわれるのはいつなのか。色々辛いかもしれないけど,その間食べていけるだけのお客様はおられると存じますので,本当に頑張ってください。TSUTAYAないと困るし。

ところで,DVDからBD等の次世代メディアになって,私はてっきりDVDディスク7枚組みのスタートレックDVDボックスが,1枚のディスクに収まってくれるようになるヽ(´ー`)ノものとばかり思ってましたよ。
(BDのディスク容量は1層25GB、2層式ディスクの場合は50GB,片面一層のDVDは4.7GB)
最大10倍近くのディスク容量があるのなら,なぜ素直にDVDの10倍の時間の映像を入れないのか。過剰なクオリティのビデオを入れて情報量の無駄遣いをする意味が分からない。
80年代のドラマとかをわざわざHDにしなくていいじゃん。
それよりいいシナリオのドラマを安くたくさんみたい。

アメリカのドラマの1シーズンや日本のドラマの1クールが,たった1枚のディスクに収まる。そのちょっとした贅沢さ,豊かさを想像してほしい。
高精細なスパイダーマンを2時間見るのもいいけど,いい加減目がチカチカする(歳だし)。それより深みのあるドラマを20時間堪能するほうがいいぞ。
どちらも商品としてはアリだと思うのでこういう切り口も大切にしていただきたい。

せっかく容量の大きいディスクなのに,もったいない。(矢沢栄吉)

参考にした記事:

404 Blog Not Found:BD vs HD-DVD、勝ったのはどっち?

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008年2月16日 (土)

四条金吾殿御返事に思う

今回ブロック座だったけど,参加は1ブロックのみ。

四条金吾殿御返事

火をきるに・やすみぬれば火をえず、強盛の大信力をいだして法華宗の四条金吾・四条金吾と鎌倉中の上下万人乃至日本国の一切衆生の口にうたはれ給へ、あしき名さへ流す況やよき名をや何に況や法華経ゆへの名をや、

大学の頃の先輩の指導を思い出す。

学会員であることを隠してバイトして,職場の信頼を得てからカミングアウトしたいと言っていた部員さんに,先輩の部長が一喝。
「最初に堂々と学会宣言して,学会の看板を背負って人一倍努力して信頼を勝ち取れ」と。
自分ひとりの評判ではなく,信心する上での実証として仕事で成果を出していけと教えられた。
だから「四条金吾・四条金吾」ではなく「法華宗の四条金吾・四条金吾」なんだと。
組織の名を背負うということに,人によっては拘束感とか不自由を感じる者もいるかもしれないが,これまで私が仕事や生活のうえで壁を乗り越える励みになってきたことは確かである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月12日 (火)

父と子

本日の勤務時間,私の係に電話が来た。

40歳代の男性で,父親と2人暮らし,奥さんは10数年前に他界。要介護認定の申請の仕方を教えて欲しいとのこと。
二人暮らしで他に家に出入りする者はおらず,仕事が忙しくて10時過ぎに帰ってくるため父ともほとんどコミュニケーションがない。
最近近所の噂で遠くまで徒歩で徘徊しているのを見たのでそろそろ介護を考えたほうがいいのではないかと思って聞いてみた,とのこと。

とりあえず私は,介護保険被保険者証と主治医のフルネームを用意して窓口に来られてみてはどうですか,と尋ねてみたが,仕事が忙しくていつ来れるか分からないということなので,分かりましたそれでは包括支援センターに情報提供して地域の支援センターから実態調査がてら様子をみてもらいましょうと話し,電話を切るとすぐさま隣の課にある包括センターに事情を説明し,訪問してもらった。

2時間後,地元の支援センターの職員が真っ青な顔して役所に来た。

本人宅に行ってみたところ,丁度本人がいたので話をしてみようとしたが,意味不明な受け答えをして言葉が通じず,食事(訪問給食を利用)もまともに食べておらずほぼ脱水状態,床にはあらゆる物が散乱し,布団の近くには尿の水溜りができ,話をしながらトイレにいきたそうな動きをしたかと思うと,その場で排尿しようとしたとのこと(お食事中の方すいません)。
なんとか身体を支えて家の外に排尿してもらったが,他にも疥癬等の症状があり,限りなくネグレクトに近い状態だったので,とりあえず介助しながら食事を摂取してもらい,落ち着いたところで庭先から包括支援センターの職員に電話報告し,虐待相談窓口にまで話は回り,ようやくのことで帰ってきたものの,今後の処遇を真剣に考えなければならない大変な問題ケースだったとのこと。

報告を聞いて,先ほどの電話で私が聞いた依頼者の深刻味のまったくない声とのギャップに愕然とした。
こんな電話が来たらすぐに包括に回していいからねと言われたが,あの話の内容ではここまで事態が深刻だとは到底想像できない。
包括に回さずにそのまま認定申請を待っていたらどうなっていただろうと思うと怖いものがある。

自宅に行った支援センター職員の話によると,息子が日常的に10時過ぎに帰ってきて利用するスペースと,その頃すでに寝ている父親を邪魔しないように,2人の領域にまったく行き来がなく,お互いが無関心に過ごしているうちに状態が悪化していったのではないかと思われる。

また,市役所の福祉的な発想ではあるが,周囲に助力が望めない独居のお年寄りに比べて,稼得能力のある息子が同居している世帯は介護力があると見なされて支援の優先度が低いため,今まで全くと言っていいほど福祉サイドからの働きかけは行われてこなかった。
高齢者+40~50台の長男という組み合わせの世帯は実は思いのほか多く,働き盛りの息子がこうやって親の要介護化を見逃すというケースも,稀ではあるが存在している。

この前のNHKにスペシャルにあった例にあるように,重度の認知症と思われる症例も脱水症状を抑えたり適切な投薬を行うことによって,症状が改善される場合が有り得る。これからおそらく支援センターの職員が大至急認定申請を書き,何らかの介入がなされるだろう。

それにしても,息子さんの忙しさが気になる。休みを取って訪問調査とケアプラン作成に協力してくれるだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月11日 (月)

快気祝

ひさびさにスポーツクラブへ。
記録を見ると,前回行ったのは12月18日となっていた。
うわー2ヶ月近くも行ってなかったか。

思えばその間胃カメラでポリープを切り
年明けた後は入院して痔を切り
いろいろあったものよ。

そんなこんなで,私を含めて父(帯状疱疹)と叔母(乳がん)とまとめて海辺の茶屋で快気祝い。刺身と焼酎を楽しんできました。

余談ながら,会食中のこぼれ話。
私には父方のばあちゃんと,母方のばあちゃんがいるのですが,話をそろえてギャル曽根を見るのはつらい,見たらすぐチャンネルを変えると言っていました。
やっぱり物のない時代を生きてきた方々にとっては,男も食べられないほどの量を食べる女性は,大食いがもったいないという上に二重の意味で受け入れがたいのかも知れない。

いや,あれは食べても太らない,いくらでも美味しく思いっきり食べたい,そんな現代の女性の夢を叶えてくれるから人気があるんだよ,ただ食べるだけじゃなくて調理師免許持ってるし,とか色々と懸命に説得してみたが,価値観の違いはいかんともし難く。
まあ別に悪いことしてる訳でもなし,無理に説得する筋合いの話でもないのでそのまま流れたけど,さすがにギャル曽根に食べるな,というのも気の毒な話なので難しいなあと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NHKスペシャル 闘うリハビリ観たよ

いやー先日の認知症の番組といい,最近のNHKは男前やなあ。

080210_b

闘うリハビリ
第1回 あなたはここまで再生できる ~脳がもつ可能性~

脳科学や画像診断の発達によって、これまで目に見えなかったリハビリの効果がつぎつぎと実証されている。いま、急速に進化するリハビリの最前線からの報告。

冒頭の長嶋さんの声が圧巻だった。
この人は本当にこのために生きてきたのかもしれないと思った。
自分の立場が分かっている。
スーパースターのやるべき行為が分かっている。
あの顔ひとつで,機能回復に励んでいる人々をどれほど勇気付けることだろう。
皆も続けよ,と心の中で叫ぶことしきりだった。
番組も前後編ということで今日の夜もあるので,ぜひ観るべし,と宣伝しておきたい。

番組の後半,発症してからかなりの時間が経った症例でも機能回復が可能であるという最近の実例が紹介されていた。
実際我々の業務上でも,例えば脳梗塞で倒れて,早めにリハビリを開始しても,ある程度の時間が経って症状が固定化されてきたら,残存機能をなんとか生かして自立なり介護なりを検討していくことが通例だったわけだけど,機能回復に限界も期限も事実上ない,となった場合,ぶっちゃけ費用対効果という面からも色々考え直さないといけない部分が増えてくると思う。
実際のところ,高齢化と介護の周辺のファクトはこれから色々と大きく変わっていきそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

【書評】世界一愚かなお金持ち,日本人

書店で見かけて購入。
タイトルが割りと挑発的なので最初どうかな,と思ったが,仰ることは実にしっかりしていて好感が持てた。
うちのヨメさんに昨日見せたら,1時間ちょっとで読めていたので,どなたでも気楽に読めるはず。ぜひおすすめしたい。

世界一愚かなお金持ち、日本人 Book 世界一愚かなお金持ち、日本人

著者:マダム・ホー
販売元:ディスカヴァー・トゥエンティワン
Amazon.co.jpで詳細を確認する

マダム・ホーさんという方を実は存じ上げなかったのだけど,ディスカバーのページからプロフィールを引用させてもらうと,

【マダム・ホー氏プロフィール】
100の不動産を持つアメリカ在住の投資家。

神戸のインターナショナルスクールを経て16歳で私費留学生として単身渡米。名門私立校南カリフォルニア大学(USC)及びUCLA両大学院修了。

インドネシア出身の華僑、ダニエル・ホーと結婚後、20代で最初の1億をつくる。
20代から医学・金融専門の一流同時通訳として、常に世界 のVIPや成功者と接し、年間10万マイル以上国際線に乗る生活をしている。ロサンジェルス、ハワイ、香港、ジャカルタ、パリでの海外在住経験によるグ ローバルなお金哲学と投資経験を持つ一方で、日本の茶道(裏千家準教授)から中国の論語、人相学、風水学もたしなむ真の国際派ミリオネア。

上昇志向がある若者を支援するNPO設立と、亡くなった母の名前でのホスピス建設を志し、日本で著述・セミナー活動を展開している。

しかも,本書内では若かりし頃,コーラも買えないほどの苦労をしておられるとのこと。
お金が無くても相手を信頼しあえる夫婦の絆が非常にイイ話だった。

他にも大事な話がコンパクトにまとめられているので分かりやすい。
ここではメモ代わりに列記してみる。

・1億円作るのにアメリカ人は7年,日本人は1440年!
・不動産は1にも2にも3にもロケーション
・日本の政治家は「ウラ金」で儲け,英米の政治家は「不動産」で儲ける
・信用形成は,アメリカ人はクレジットの返済履歴,日本人はコネとキャッシュ,中国人は人相(!)で判断する。

各国で税制や社会常識が違うので,誰でも著者のように不動産投資で儲かると言えるわけではないけど参考になるのではないか。

特に最後の項目,現代の経済において事実上最大のリソースとなっている信用(credit)をどう形成するかという点が実に興味深かった。

社会体制が不安定で,為政者すら明日の立場は分からない,中国をはじめとするアジア大陸の国々においては,その人が間違いなくお金を返せるか,ビジネスパートナーとして大丈夫かというのを人相を見て判断するという。
人は自分自身の身体から逃げられない上に,三つ子の魂百までと言うように,幼少のころから嘘をつかず生きてきたか,約束をきちんと守ってきたか,人を裏切らないか,生き様が顔に出てくるのだという。
本当に最後の最後にものを言うのは,一日一日積み上げてきた生き様なのだ。

この本に関する他の書評もあわせてお読みくださいませ。

俺と100冊の成功本 - 世界一愚かなお金持ち,日本人

「ビジネス・ブック・マラソン」バックナンバーズ - 『世界一愚かなお金持ち,日本人』マダム・ホー著

A-style - 2008.1.18『世界一愚かなお金持ち、日本人』

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008年2月 6日 (水)

召喚呪文メーカー

次のお題。

召喚呪文メーカー
http://www.voidelement.com/summon/Blueseeker

evianoでどうなったかというと。

続きを読む "召喚呪文メーカー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 5日 (火)

勝手にブログ評論されてみた

勝手にブログ評論やってみた。
(このブログの評論)

勝手にブログ評論
Prayin’ for the ground評論
紳士たる者、郵便法違反を疎かにしてはいけない。

総合得点 31

1月30日のようであるとも言える。腐ったステーションがひとつあると、全体がダメになってしまう。紳士淑女は刮目して郵便法違反を見よ。

それほどまでに、ひたすらにガーゼ交換は豊かであると言える。

時には優雅なスマブラXを、また時には鋭い郵便法違反。それが社交術というものである。

このブログの読者にお勧めの一冊
国鉄車両形式集 8 客車・貨車 ―栄光の国鉄車両哀惜のエピローグ (8)
¥ 5,040
山と溪谷社


似たようなブログ
兼業翻訳者の迂闊な日常

”ひたすらにガーゼ交換は豊かであると言える。”
・・・シュールやなあw

31点はまあ,わりと期待より高かったですよ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

スマブラX 亜空エンディングの歌詞

何気なく書き写してみたよ。

Audi famam illius.
あの人の噂を聞いたことがある

Solus in hostes ruit
たった一人で敵陣に舞い込み

et patriam servavit.
故郷を救ったとか

続きを読む "スマブラX 亜空エンディングの歌詞"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年2月 4日 (月)

痔ろう入院記録

痔ろうの入院記録を時系列順にまとめておいたので,そのまま置いときます。

病名:不完全痔ろう
手術日:1月17日
入院期間:1月16日~1月30日(15日間)

お見舞い等については記録してますが表示してません。
わざわざお越しくださった皆様にこの場を借りてお礼申し上げます。

ちなみにこれらのサイトも参考になります。

痔ろう闘病記
http://blog.livedoor.jp/jirou_jirou/

痔ろう体験記
http://jirou.lolipop.jp/
・痔ろうとは
http://jirou.lolipop.jp/jiroutoha.html

痛くないよ,痔の手術
http://osakakoumon.blog15.fc2.com/
(↑痛いときにはそれなりに痛いけどね:-)筆者

お尻に違和感を感じている方,これから医師の診察を受けようと思っている方,入院の実態を調べてみたい方は参考になさってください。

以下入院記録です。

1月16日
10:00 病院入り

続きを読む "痔ろう入院記録"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年2月 3日 (日)

信書便絡みの記事をみるのも久しぶり

気になったのでメモ。記事はすぐ消えそう。

ヤマト運輸を指導へ=メール便で郵便法違反の疑い-総務省

2月2日11時1分配信 時事通信

 総務省は2日、宅配最大手のヤマト運輸に対し、郵便法違反の疑いで近く業務改善を指導する方針を固めた。同社が、人材派遣大手グッドウィルから派遣労働者あての書類をメール便で配達したのは、現時点で郵便事業会社にのみ認められている受取人を特定した「一般信書」の配達に当たると判断した。
 総務省が問題視しているのは、派遣労働者給与の一部天引きが問題となったグッドウィルが、天引き分の返還の周知のため、労働者約80万人に昨年7月以降にメール便で発送した書類。同省関係者は「書類内容は明らかに(受取人を特定した)一般信書」と指摘。配達されたメール便の多さも重視しているもようだ。 

グッドウィルのついで,かな。
郵便法の信書規定が死文,とはいえないけど実行困難な法律であることは今さら指摘するのもどうかと思うが。

グッドウィルの担当者も,通常の郵便とメール便の区別はつかなかっただろうし,ヤマトのほうも同じような感じでしょう。
はやいとこ信書便事業の郵便局独占を外してほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風邪で寝込んでスマブラX

ごぶさたしております。
水曜日に退院後,外の寒さに驚いて風邪をひいた(ヨメさんから貰った)のをこじらせて,金曜日にようやく半日仕事に出たものの,いまだに具合が悪い。
今日やっと,はてなハイクに少し書き込んだところで元気が出て,たまには何か書かなきゃなと思っとります。

入院中には3本ほどゲーム終わらせて,15冊近く本読んで,3-4枚DVD見て,入院経過もカンペキに書き,たまにはこんなサバティカル休暇もいいなと思って非常に元気だったのですが,退院後の体調が最悪です。

痔ろうの手術経過とかも,どっかの誰かが見つけて役に立てていただけるのではないかと思うのでそのうち置いとこうと思います。

そんなわけでほとんど外出していないのでこれといった出来事もなし。
むしろ引きこもってスマブラしててよかったと。他人にうつしたくないし。
とりあえずスマブラXの経過でも書いとくか。ネタバレ注意ってことで↓

続きを読む "風邪で寝込んでスマブラX"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »