« 未来部合唱団卒業式(現代の小学生のライフスタイル) | トップページ | 国保担当になりました »

2008年3月25日 (火)

3月25日付聖教新聞 名字の言

3月25日付聖教新聞 名字の言からクリップ

徳島の山あいの町が「葉っぱを売って2億円を稼ぐおばあちゃんたち」と脚光を浴びている。和食に添えられるナンテンやモミジの葉を農家が栽培し流通させる 新市場を開拓したのだ▼今では町の人口より多くの視察者が訪れる。そこでは、ファクス、携帯電話、パソコンを駆使して注目の事業を営む年配者の姿を見るこ とができる▼ビジネスには企業秘密がつきもの。が、ここは完全公開。仕組みをまねされても、絶対に負けない自信がある。それは「人と人との強い絆があるか ら」だという(横石知二著『そうだ、葉っぱを売ろう!』)▼どこでも過疎の町は、仕事がない。経済基盤も弱い。事実、この町も寒波襲来で主力産品のミカン がだめになって生活が立ちゆかなくなった。その“どん底”で悩み抜いた一人が、すし店で見つけた新規事業。愚痴をこぼしあうだけの人間関係から、目標を掲 げ、皆で幾度も共に困難を乗り越えて、共に生きる絆ができあがった▼「環境で、心の大きさは変わらない。心は、いくらでも広げていける。心は、どちらの方 向にも行ける」と池田名誉会長。環境が悪いと嘆くのか、環境を変えようと動くのか。一人が立ち上がれば、必ず続く。我らは、その最初の一人でありたい。 (糀)

学会員もITを身に着けるべき,という結論に向かうのかと思ったら,予想外の展開というか,予想どおりというか。まあこれはこれでいいか。
壮年部が今度会合のDVDを作る,と小耳に挟んだ。
活動家もパソコンをある程度使いこなせる層が増えてきてうれしい限り。
この名字の言も聖教新聞社のページからコピペできるようになって,環境的には大分楽になってきている。

|

« 未来部合唱団卒業式(現代の小学生のライフスタイル) | トップページ | 国保担当になりました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/48864/11794279

この記事へのトラックバック一覧です: 3月25日付聖教新聞 名字の言:

« 未来部合唱団卒業式(現代の小学生のライフスタイル) | トップページ | 国保担当になりました »