« 人殺しの話はたくさん | トップページ | せっかくなので限界集落の別名を考えてみた »

2008年6月15日 (日)

「趣味の無線に救われた」取り残された男性を救出 岩手・宮城内陸地震

クリップのみ。

「趣味の無線に救われた」取り残された男性を救出 岩手・宮城内陸地震


 岩手県一関市でも15日早朝から、救出活動が再開された。道路が寸断され、路上や集落で孤立状態だった8人全員が救助された。救助された人たちは、断続的な余震におびえながら一夜を過ごしたが、「趣味の無線に救われた」「九死に一生を得た」と安心した様子だった。

 「車に無線を取りつけていてよかった」。宮城県気仙沼市の自営業、小野元さん(60)は表情をゆるめた。自家用車に取りつけたアマチュア無線で現地の状況や取り残された人数を警察に伝えた。38年のアマチュア無線歴が役立った。

 小野さんは当日、近くの温泉に家族4人で向かっていた。地震発生直後、道路に亀裂が走り車の走行ができない状況に。周囲では48人が同じように行き場を失っていた。携帯電話はつながらず救助を求めることもできなかった。

 そこで小野さんは「市役所や警察に連絡取れる方いませんか」と無線で呼びかけた。直後に一関市在住の男性と交信することができ、警察に直接出向いてもらって現地の状況を詳細を伝えることができた。交信は約20回続けられた。「外部と連絡が取れたことが何よりだった」。周りにいた人も落ち着き、混乱はなかったという。

 だが、ヘリを使った被災者搬送は1回4人程度。女性や高齢者、健康状態の悪い人を優先させ、小野さんは現場で一夜を過ごすことになった。「がけが崩れるのではないかと心配でなかなか寝つけなかった」と振り返るが、夜間も無線で状況を知ることができ気持ちにゆとりをもてた。「情報があることがいかに重要かが分かった」と中村さん。

 群馬県太田市のバス運転手、早川留雄さん(57)も路上で行き場を失い丸1日路上で過ごした。

 ハイキングの日帰りツアーの乗客33人を乗せ、14日午前1時に前橋市を出発。上りの左カーブにさしかかったとき、急に道が下がったようにみえ、急ブレーキをかけた。その直後、目の前で道路が崩れ落ちた。

 「突風でもきたのか」と乗客の多くが振り返るほど車体が大きく揺れた。降りてみるとバス前輪の所まで道路がひび割れしていた。5メートル先は道路の半分が崩れ落ちていた。「数秒早く走っていたら…」

 直前にバスの後を走行していた5台の乗用車に道を譲ったことが奇跡をもたらした。

 下から突き上げる余震が頻繁にあり、昨夜は眠れぬ夜になった。「余震の直前にササが擦れる音がする。また来るのか…と不安でたまらなかった」と早川さんは振り返った。

|

« 人殺しの話はたくさん | トップページ | せっかくなので限界集落の別名を考えてみた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/48864/21643148

この記事へのトラックバック一覧です: 「趣味の無線に救われた」取り残された男性を救出 岩手・宮城内陸地震:

« 人殺しの話はたくさん | トップページ | せっかくなので限界集落の別名を考えてみた »