« クロ現 成年後見人見たよ | トップページ | 【読書】科学する麻雀 »

2008年6月 1日 (日)

【読書】累犯障害者

創価王道さんの紹介で購入。

累犯障害者 Book 累犯障害者

著者:山本 譲司
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

重い、とにかく重い、どうしようもない現実が目の前に繰り広げられる。
我々が今すべきことは、とにかくこの本を読んで、現実の一端でも知ること。

話せること、聞こえることが人間にとって当然の機能だという浅はかな思い込み。
自分と同じ国に住みながら、互いの存在を感じようとしない心の貧しさ。
残酷なまでの無関心。

そんな社会が、繰り返し刑務所に入り、社会の底辺から決して這い上がることのできない障害者達を作り上げている。

そんな始まりも終わりもない絶望のループからどうやって障害者達を救えばいいのか。

日本の制度的にもおかしいところは非常に多い。
かつて民主党の議員として国会に送られ、後に服役して受刑者となった著者からしか見えない視点が新鮮で非常に納得できる。

繰り返しになるが、この現実を知らずして、福祉も、政治も、刑罰も決して語ってはならない。

|

« クロ現 成年後見人見たよ | トップページ | 【読書】科学する麻雀 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/48864/21340275

この記事へのトラックバック一覧です: 【読書】累犯障害者:

« クロ現 成年後見人見たよ | トップページ | 【読書】科学する麻雀 »