« マクロスプラス | トップページ | お休み »

2009年3月20日 (金)

老人ホーム火災

2遺体発見、死者7人に=理事長、防火不備認める-老人ホーム火災現場検証・群馬

 群馬県渋川市の老人ホーム「静養ホームたまゆら」で入所者らが死傷した火災で20日午前、新たに2人の遺体が見つかった。死者は計7人となり、県警渋川署は身元の確認を急ぐ。県警は同日、出火原因を特定するため、100人体制で現場検証を行った。(時事)

いわゆる「無届け老人ホーム」での火災のよう。
先日クローズアップ現代でやってたけど、TVを見てもあまり突っ込んだ解説が見られない。

これね↓

クローズアップ現代

2月3日(火)放送(記事に個別URLなし)
介護つき住宅の落とし穴

今、東京近郊の県にある「無届け有料老人ホーム」のトラブルが相次いでいる。生活保護受給者を受け入れ、介護保険でケアも受けられるとしているが、入居した高齢者の中には、十分な介護サービスが受けられていないという人も少なくない。実は、入所者の多くは、住所を東京都内に置いたままで、生活保護や介護保険を区から受給。区は、こうした施設を黙認し積極的に利用してきた。背景にあるのが低所得でも介護をうけられる施設の不足。介護報酬は全国一律なので、土地代や人件費が高い都心では施設建設が進まないのだ。介護が必要となった低所得の高齢者をターゲットにしたビジネスの実態に迫る。
(NO.2692)

介護保険が制度化されない前はそれなりにひどいものだったけど。
でも、角度を変えてみれば、搾取、という構図になる。
責任はというと、高齢者世代そのものに求めるしかないのではないのかな。

|

« マクロスプラス | トップページ | お休み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/48864/28714382

この記事へのトラックバック一覧です: 老人ホーム火災:

« マクロスプラス | トップページ | お休み »