« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月29日 (月)

胃カメラふたたび

今日は以前からの計画通り夏季休。
だが、どうにも胃の調子が悪く朝から近所の病院へ。
先生に事情を説明したら、じゃあいまから内視鏡入れましょうと昼から急遽胃カメラを飲むことに。

私は身体が大きく(182cm95kg)、麻酔やアルコールの類があまり効かない。
前回胃カメラを飲んだ際も食道の反射がひどくてえづきまくり。
今回麻酔を少し強めにしたようだが、まったく変わらず。
うぇーうぁーうぉーとずっと声出してました。
カメラも2-3分でさっさと撤退したようです。

結果のほうはというと、前回はポリープ切除して胃の中3箇所ぐらいホッチキスでとめたわけだけど、今回は異常なし。
食道から胃の入り口が逆流性食道炎でただれているようでしたが、そんなに大したことなかったです。
胃の痛みは、神経性の要因が大きいとのこと。
腕をつねれば痛みがやわらぐよ、って、そんな。

帰宅後、麻酔のせいで眠い眠い。
昼3時から8時前までくったり寝てました。
まあこれはこれで休養になったのかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月28日 (日)

エヴァ破

ヨメと一緒に観てきました。

何か書くことが即ネタバレになる類の映画なので、感想を書くのが難しいな。
第一印象として、ちょっと忙しすぎるかなといった感じ。
アクションとして爽快なんだけど、もうすこしエピソードどうしの繋がりが欲しい。
どうしても使徒を一体倒すごとに展開が切れてしまう。

全体を貫くテーマが欲しい私としては、前作のほうがすんなり受け入れられた。
DVD等で売り出す場合にはその辺がかなり修正が入るかも。
おそらく本格的な料理アニメになるのではないか。もちろん冗談だけど。

もうすこし消化できたら何か書けるかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月22日 (月)

近況など

・日曜日に男子部で街頭に立ってみた。
楽しかったし写真も撮ったけど、これってネットにアップするのってどうなんだろな。顔バレしないからいいって問題でもなさそうだし。

・その打ち合わせでmini10で書記をしてみるといい感触。
これをその場で全員にメールできたらいいのに。
e-mobile圏外なのぜこんちくしょう。

・でも11:30のNHKニュース見ながらはてブもなかなか快適。

・雨降って蒸し暑い。

・エヴァ破の初日は嫁さんの実家で田植え打ち上げパーティだそうです。orz
日曜日に観に行くことになりそうです。

・仕事一段落したと思ったら次々とややこしい案件が。
どう見ても難癖としか思えないものもあってなんともはや。

・そろそろ題目多めに上げていきたいなと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月18日 (木)

DELLはじまた

注文していたinspiron mini10が届きました。

さすがにCPUとモニタをちょびっと贅沢しただけあってなかなかの快適さ。
マルチタッチパッドも意外と快適。
いろいろといじってみる予定。

ところでvaio-uはどうするかねw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月12日 (金)

6月度座談会御書:四条金吾殿御返事

なにの兵法よりも法華経の兵法をもちひ給うべし、「諸余怨敵・皆悉摧滅」の金言むなしかるべからず、兵法剣形の大事も此の妙法より出でたり、ふかく信心をとり給へ、あへて臆病にては叶うべからず候、

前回と同じタイトルだけど違うんでそこんとこよろしく。1192ページですよ。

というかブログの更新が座談会御書だけってのはいかがなものか。
最近ははてなブックマークに顔出すことが多くてこっちの更新は遅れがち。仕事忙しいし。

それはともかく。座談会での御書講義も久々の経験。
先月は参加するだけだったので少しでも進歩といったところか。
一応前日にネットの講義見て準備してから臨んだけど、すこしパンチが足りなかったかな。
もっと闘争心ってやつを前面に押し出した感じでもよかったかもしれない。

私としてフックしたのは「怨敵」という概念で、
これはもちろん幸福実現党・・・などではもちろんなく、自身の「臆病」な心。
我々が目的としてるのはどこまで行っても個々人の人間としての成長。
それが国家救済という大目標と相似形になってるところが、いまいち一般の日本人に受け入れられない部分かもしれない。色々な誤解や軋轢はここから生まれていると思われる、が、かといって我々の進む道を曲げるわけにはいかず、なかなか難しいところ。

まあ何だかんだいって80年近くの長い歴史を経て、日本の社会と折り合いをつけてきた。
その辺のぽっと出の集団にこれがマネできるかどうか。
一重にその集団の持つ哲学の深さが鼎の軽重を決めると思うがどうだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »