« コメント及びトラックバックを承認制にしました。 | トップページ | 9月度座談会御書:四菩薩造立抄(つくりかけ) »

2009年8月31日 (月)

一夜明け

普通に仕事に行き、普通に帰宅。

やはり身体に感じる疲れは強い。勝つときより負ける時はどっと疲れが来るものだ。

その時々の流れやどうにもならない要因で、勝負というのは左右されるものだけど、さすがに小選挙区全滅と言うのは想定外だったなあ。
300議席を超えた時点でいい加減にしてくれよと思い、ヨメも早く寝ろというので薬を飲んで寝た。

聞くところによるとうちのヨメさんの母などは昨日眠れなかったという。
つくづくここまで身体に応える結果というのも今までになかった。納得がいかない結果というのは今までしばしばあったけど、やるだけのことはやって、なおか つ結果としてまるで刃が立たなかったという感触はこれまで味わったことがない。この先どうなるんだろというか、解離的な印象を持つほどのインパクトは感じたことがなかった。
自分の手の届く範囲でベストが尽くせたつもりではいたけど。先生や男子部のメンバーに申し訳ないという気持ちがある。

いずれにしても見直すべきところは見直さなければならない。会合ばかり多い内向きの組織になっていないか、自身の視点に固執し、世の中の流れを見失っていないか。
選挙そのものが、今回も前回も完全にメディアのオモチャにされているという印象を確かに私も持っているが、それにカウンターできる方法論を果たして我々は持っているのか。昭和30年代の成功体験だけでは常に勝てるわけではない、少なくともその点だけは実証されたと考える。

まあ来年はダブルだと思って、とりあえずは今後の成り行きを見守ったりしてゆっくり考えようか。そういえば昨日の選挙特番中の、志位委員長のあの清々しさ はいったいなんだったのだろう。自分とこの候補者がバタバタと落ちていても、与党が負けることであれほど前向きになれるという、この神経はこれで見習わなければならないとさえ感じた。

|

« コメント及びトラックバックを承認制にしました。 | トップページ | 9月度座談会御書:四菩薩造立抄(つくりかけ) »

コメント

こんにちは。お久し振りです。

惜敗でしたね。
私の場合、組織とのギャップ・慣れない仕事に追われて、単純に動けたわけではありませんが、出来る限り全力で走りきりました。

その中で、800万達成と党支持率UPは、肯定的に捉えてよいと思います。

双方課題があることは間違いないでしょう。向きがある発言もありますが、批評をさらにそのまた批評をすることは、避けるつもりです。それは、リアルでするべきことであると思うからです。

当ブログにも書きましたが、泣いてはいられません。前回、同じ事で悩んだのですんなりと受け入れられたというのもありますが。これからがスタートですね。

精神的に病みやすいを背負いながらではありますが、共にひた走りましょう。

投稿: Kasshini | 2009年9月 2日 (水) 14:09

Kasshiniさんどうもです。
本当に、まずは皆様お疲れ様でした、と申し上げたいですね。

小選挙区の得票数だけなら当選できてる候補もいたんですが、相手がある戦いはこういうこともあるなといった感じです。

一応、九州比例区の占有率17%は、やったぜという感じです。

一人ひとり前を向いて、少しずつ変わって行く決意で歩いて行ければいい思います。

まあ今度、男子部でカラオケ行ったりするわけですよ。
そこで反省会をして、次の一歩に進んで行こうと思います。

投稿: eviano | 2009年9月 3日 (木) 22:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/48864/31180894

この記事へのトラックバック一覧です: 一夜明け:

» 絢香 三日月 [絢香 三日月]
"世界のたくさんの場所では、子供たちから笑顔が奪われてしまっています。大橋卓也とピアニストの塩谷哲とのコーナーでは、ザ・ビートルズのカバー曲「Lady Madonna」、絢香の「三日月」を熱唱しました。そして、それに賛同したファンが1万人集合しました。 [続きを読む]

受信: 2009年9月 1日 (火) 11:52

« コメント及びトラックバックを承認制にしました。 | トップページ | 9月度座談会御書:四菩薩造立抄(つくりかけ) »