« 2月度座談会御書:生死一大事血脈抄 | トップページ | 8月度座談会御書:四条金吾殿御返事 »

2010年4月25日 (日)

2030

twitterでの書き込みより:

どちらにせよ、英語の読めない、ITの使えない団塊の老人が多数派となる体制が今後20年は続いていくのが 今後の日本。この連中を今から再教育しようとしても無理でしょう。今やるべきは2030年に自分達がどうありたいのかを一人一人が考え、それまで必死に生 き残って、自分を磨いていくしかない。

そういえば私が役所に入った時の小論文は、今後日本で世代間対立が先鋭化するというテーマで書いた。だが結 局若者は政治の舞台に上がらず、引きも切らず団塊世代の一人がちというか孤独な舞台が続いた。亀井さんの国民新党が出てきたあたり、これは老人代表になる かと思ったが、その必要すらなかった。

|

« 2月度座談会御書:生死一大事血脈抄 | トップページ | 8月度座談会御書:四条金吾殿御返事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/48864/34379097

この記事へのトラックバック一覧です: 2030:

« 2月度座談会御書:生死一大事血脈抄 | トップページ | 8月度座談会御書:四条金吾殿御返事 »