« 箇条書き | トップページ | 今が平穏であること »

2011年7月13日 (水)

地元から見る脱原発発言

菅総理が脱原発の方針を打ち出しました。

大まかに言って今更原子力推進というのはさすがに無い話なので、まあだいたいの方向は間違ってないというか止むを得ないところなんでしょうけど、やはり政策的になにも担保するものがない、言ってみれば「言うだけならば誰でもできる」レベルの空気に落ち着いてしまってるのが色んな意味で残念であります。

原発の地元に住んでる立場から見ると、これまで増設の方向で色々進めてきて、マンションやホテルも新しく建てて投下した資本この先どうすんだよというのが正直な感情で、今まで原発の点検作業員やらを当てにして生き延びてきた旅館業の人たちなんかも、これからどうすんだよという感じが街のあちこちから上がっておりまして、事情が事情だけにここはぐっと堪えるしかないんでしょうか。

何にせよ意思決定のプロセスと行政府の事務執行が整然となされていればある程度止むを得ない犠牲もあろうかと、確かにあんなものなければいいに決まってるし、原発やめて訪れる未来が明確に描かれているのであれば民間は民間でそれに対応した動きをするというものでしょうけど、国のトップが敗戦の残響をネガ焼きしたような人物であり、社会に対する憎悪とルサンチマンを国民になりかわって国にぶつけるという、まあこれはある意味日本社会の当然の帰結と言えなくもないのですが、反国家の急先鋒がこのタイミングで国家のトップになるという何とも皮肉な状況のまっただなかに我々はいるわけでありまして、本人がやめない限り尋常な手段でその地位を追うことは無理な以上、やはりこの混乱は当分続くものと思われますので、そういった色々な歴史を鑑みながらこの夏をどう乗り切るかをそれぞれ考えなければいかんよなあといったところです。

首相、会見で脱原発の方向打ち出す 具体策は示さず
http://www.asahi.com/politics/update/0713/TKY201107130598.html

菅直人首相は13日、首相官邸で記者会見し、原子力を含むエネルギー政策について「原発に依存しない社会をめざすべきだと考えるに至った。計画的、段階的に原発依存度を下げ、将来は原発がなくてもやっていける社会を実現していく」と語り、「脱原発」社会を目指す考えを表明した。しかし実現のための政治プロセスや原発削減の数値目標、電力需給の見通しなどは具体的に示さなかった。

|

« 箇条書き | トップページ | 今が平穏であること »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/48864/40801549

この記事へのトラックバック一覧です: 地元から見る脱原発発言:

« 箇条書き | トップページ | 今が平穏であること »