« 大雨災害に寄せて | トップページ | 100kg切った記念カキコ »

2011年7月31日 (日)

[書評]伊藤博文の青年時代

言わずと知れた初代総理大臣、そして韓国人青年に暗殺されたという通り一遍の知識しかなかったが、幕末から明治にかけての青年時代をどう生きたかという視点は面白かった。

西郷、大久保、木戸、岩倉といった錚々たる幕末のスターからしてみれば伊藤は「遅れてきた世代」であるが、そうした先達から薫陶を受け、2度に渡る海外遊学を経て、政治的にも人物的にも偉人と呼ばれるようになるまでの過程が書かれている。

維新の嵐が過ぎ去っても多難な時代、伊藤は次々と時代の激流に立ち向かう。

革命というものは、こういうことである。幕閣の老中や天領の代官が一斉にいなくなるのだから、その後任をすぐさま決めなければならず、革命の志士やその同調者の中からこれという人材でその穴を埋めていくのだ。新政府の官職は、そのころめまぐるしく変わっており、伊藤の役職名も次々と変わっていく、まるで夢のようなことが次々と起こっていくのだ(123ページ)

当時の人々の言葉もそのまま取り入れている部分があり、言葉遣いもそこそこ古めかしく、味わいがいがある。

自分自身も「遅れてきた世代」の感があるのだが、どう自分を鍛えればいいか考える一助になったように思う。

伊藤博文の青年時代――欧米体験から何を学んだか(祥伝社新書241) Book 伊藤博文の青年時代――欧米体験から何を学んだか(祥伝社新書241)

著者:泉 三郎
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 大雨災害に寄せて | トップページ | 100kg切った記念カキコ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/48864/41028891

この記事へのトラックバック一覧です: [書評]伊藤博文の青年時代:

« 大雨災害に寄せて | トップページ | 100kg切った記念カキコ »