« 10年の道程 | トップページ | 年金支給年齢引き上げ、保険料も引き上げ。 »

2011年10月 9日 (日)

関心の消失を恐れる

放射性物質による汚染について、どこか日本全体にあきらめのような空気が広がっている。

実際の測定や除染に多額の費用がかかることがだんだん明らかになり、現実としてその負担を負わなければならない段階になって、放射線というタームそのものを無視ないしタブー化しようとする作用が働いているのではないかと感じた。

実際のところ、一時期見られたヒステリックなまでの、放射能の危険性を訴える言説は次第にフェードアウトしつつある。正直放射性物質に真剣に向き合わなければならないのはこれからであって、事故直後にワーワー騒いでた人が、ヒステリーが治まって今から一番大事な時期に黙り込んでしまうのは、はっきり言って最悪の行動だ。自分が単に周囲の熱気に流されて騒いでいたことを自ら証明している。

私は別に原子力そのものを否定するわけでもないし、かといって絶対安全などのいうつもりもない。私が一番恐れているのは関心の消失だ。

一度しっかりコミットすることを決意したのなら、これから何年、何十年と続いていく克服までの過程をしっかりスクラムを組んで乗り越えて行くべきだし、業としてそれをする人達は実際その覚悟を決めている。折りしもようやく除染作業や放射線の影響を調査する甲状腺検査などがその緒についたばかりであり、本格的な対策はようやく始まったかりにすぎない。

結局さほどの覚悟もなしにワーワー言ってたツイッターの人や政治家や変な教授が、最近だんだんトーンが落ちてきているのを見て、なんじゃそりゃフザけんなよと思って書いた。

言論というのは決して無責任なものでなく、それほど重いものだということを言いたい。。

|

« 10年の道程 | トップページ | 年金支給年齢引き上げ、保険料も引き上げ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/48864/42403412

この記事へのトラックバック一覧です: 関心の消失を恐れる:

« 10年の道程 | トップページ | 年金支給年齢引き上げ、保険料も引き上げ。 »