2009年3月19日 (木)

承前

ubuntuを入れたvaio-uなんだが、
パーティションマネージャでWindowsの入ったとこをカカッと削除したら
OS NOT FOUNDで起動しなくなったぜィヤッホーーーーウ!

続きを読む "承前"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月15日 (日)

ubuntuを

10年もののvaio-u(PCG-U1)に入れてみた。
これで最先端のUMPCだわーいわーい。

インストール後、パッチのダウンロードに3時間orz
べっ、別に後悔なんかしてないんだからっ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月27日 (水)

第三文明9月号 徳力基彦:ネット世代論

抜き書きのみ。

仕事でインターネットに触れた世代は、多かれ少なかれ、インターネットを情報源の一つとしてとらえているだろう。いわば「ワークスタイル」としてのインターネットである。
しかし、76世代と呼ばれるようなネット世代は違う。彼らがインターネットと出会ったのは大学時代であった。日常生活や、就職活動でインターネットを使い始めた最初の世代である。彼らにとってインターネットは、「ライフスタイル」の一環であり、感覚的には生活の一部に組み込まれているものだ。

・・・

インターネットを数ある情報源の一つとしてとらえている人は「便利になった」という程度の感覚かもしれない。ところが、実際には席に座ったまま手軽に収集できる情報量は、ほぼ「0」から「無限大」へと変化したといえるほど激変しているのだ。

・・・

このような変化に対し、ついていけない人が出ているのは当たり前だ。当然、ついていけない世代は、インターネットの進歩を脅威に感じることになる。その結果、二つの世代の間にはさまざまな対立が生まれている。
だが、二つの世代は単純に対立するのではなく、本来は協調し合えるものである。

・・・

だが、これまでに述べてきたように、世代間のギャップがありすぎるために、本質的な解決策を探る生産的な議論はできていないようだ。インターネットをあたかも悪の巣窟であるように訴える世代は、たとえばモバイルコンテンツフィルタリング規制などさまざまな規制を推進しようとする。一方で、76世代に代表されるネット世代は、いまだにそのようなことを言っているのかと反発し、一方的な規制に反対する。世代間の対立が、議論を空転させているのだ。

・・・

学者や作家と意見を交わすことなど、一般人にはほぼ不可能であったが、ブログであれば比較的容易にできる。私自身は『ウェブ進化論』の著者で有名な梅田望夫氏とブログを通じて交流できるようになったことは、衝撃的な経験であった。

・・・

ブログを開設することによって、仕事面でも私生活でも大きく道が開けたという人は少なくない。
その意味で個人的には、ネットの進歩に否定的な人も、ぜひ一度ブログを開設してみることをお勧めしたい。

tokuriki.com

第三文明:9月号

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 9日 (水)

crossreview

Logo_3

100文字のレビューが共有できるサイト。

なかなか面白そうです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年4月14日 (月)

vistaパソコン導入顛末記

この週末はひたすらパソコンのセットアップ。
私が購入したのはツクモ電機のJ4501
ゲートウェイといえば、かつては牛柄だったなあ。

以前のシステムを導入したのはたしかアテネオリンピックの頃で、地上波録画できるというので自分でパーツを組んで組み立てた。
だけどパーツの相性か、時々前触れもなく止まるので、今度はレディメイドのパソコンで止まらないやつが欲しかったわけで。
で、ある日読んだ週間アスキーに10万円で地デジも録画できるパソコンが出るというので、じゃあこのへんで、という感じで購入した。

たしか先々週の末ごろに注文して、届くまでに5日ほど。意外と早い感じだった。
正確に言うと、届いたのは先週金曜の夕方。
現在のようにSP1もインストールして安定した環境が構築できるまで、やはり3日はかかった。
・・・といっても半分近くはiPodがらみのトラブルだったんだけど。

初日の金曜日は飲み会の帰りということもあり、ユーザー名登録とiTunesとfirefoxのインストール。

翌日は早速ケースを開けて、データ退避させていたハードディスクを増設。
HDDユニットのはめ込み方にしばらくてこずったものの、なんとか固定に成功し、ケースを閉じようとしたら、SATAのプラグが引っかかって閉まらないwww
近くのパソコンショップにカギ型になってるケーブルを買いに走る。

まだまだこのくらいのトラブルでどうのこうの言っていては始まらない。
ようやくパソコンのフタを閉めて起動させる。
一応ディスクも認識するし、データも問題ない。
firefoxのデータを引き継ぎ、iTunesに音楽ファイルを放り込む。
本体側に保存してるブックマークもわずかなもんだし、大体のデータはネットの向こう側にあるから、最近はパソコンの引越しもだいぶ楽になってきたなあ。

次はモニタだ。
今まで使っていたdell製の19インチモニタ。こいつをパソコンにつないでマルチモニタにしてしまえ。
さてどうするんだっけ。たしかグラボにもう一つデジタル出力がついていたな。
ここを繋いでみると、あっさりとマルチモニタ成功。
ついでにFF11をインストールしバージョンアップ。サブモニタで写してみるとなかなかキレイ。
なかなか順調ではないか。ちょっと映像がボヤけるけど。

モニタがつながったついでに、地デジも見てみよう。
専用モニタは輝度も高く、ちょっと明るすぎるかなと思うけど映像はクッキリ。
地デジの映像もクッキリ。
録画予約のインターフェイスも分かりやすい。
でもデジタル接続のdellのモニタにウインドウをドラッグした途端、エラーが出て地デジ緊急停止。
地デジ再起動→止まるを繰り返して左モニタから救出できない。
HDCPの関係だと思うけど、なんとなくドラッグしてしまった時とか怖いな。
どうやったか忘れたけど何とか戻ってこれた。これも気をつけないと。

ためしに太王四神記を録画してみた。
録画した映像は、DVDに焼いてしまう以外は外に持ち出せなくなっている。
できればiPodで再生可能な形式にエンコしたいところだけど、何とかならないだろうか。
この点はアナログ放送のほうが数段使い勝手がいい。
ダビング10にもそのうち対応するらしいけど。


明けて日曜日。
次はiTunes関係。
結論からいえば、ここが鬼門中の鬼門だった。
もう二度と、金輪際、vistaでiTunesは使わん。

トラブルをざっと挙げるだけでも
・touchへのデータ転送がエラーしまくる
・touchの初期化をやたらと要求してくる
・touchの復元プログラムが正常に実行できない
・データ転送が全部終わった次の瞬間、touchの曲が消える
・touchをスピーカーにつないで再生すると、曲が途中で止まる

5回ぐらいデータ転送しなおしたけどだめぽ。SSDは遅いのかしらんが1回に2時間かかる。
そしていちいち失敗する。
これはもうだめかもしれn

仕方がないのでXPの入ったノートにiTunesだけ引っ越すことにした。
だけど現在ノートには嫁さんの音楽ライブラリおよびiPodのプロファイルが入っている。どうしよう。

結論から言うと、shiftを押しながらiTunesを立ち上げると幸せになれます。

ライブラリ選択ダイアログが出るので、ライブラリを新規作成して音楽等々を放り込む。
こうすることで、嫁さんのライブラリとの共存に成功。
音楽と写真とケロロ軍曹の動画ファイルの転送に成功したのであります。


だけど、one more thing 問題が残っている。

メール機能をはじめとするiPodのプログラムアップグレードが転送されていない。

iTunesのstoreを開くとアップデートの紹介とダウンロード料金が表示されている。
ソフトの内容はもう知ってる。お金もすでに払った。
もう一回払えばいいのですか?再購入ですか?それはちょっとどうかなあ。

アカウントの記録を見るとすでに購入したモノの履歴は残っており、アップグレードも確かに購入したことになっている。
証拠ならここにある。ほれほれ。2度は買わんぞ。ダウソさせておくれ;;

・・・万策尽きた結果、appleに事情をメールすることにした。

翌日。というか今日の夕方。
アップルからメールが来てました。
かいつまんで言うと、事情はわかったので再度ダウンロード可能にしましたよ。とのこと。

これはすごい。ありがとうapple
DBをちょちょいと操作すればこういうこともできるのか。
この辺は流石だなあと思わずにはいられない。

そんな感じで数々のトラブルを潜り抜け、SP1もあっさりとインストールに成功し、こんな長文を書いてもパソコンが止まることなく(感泣)環境的にだいぶ強まったと言える。

週末つぶしただけのことはあったかな。
あと青年幹の結集も・・・・
あと鹿児島市議戦も・・・・・・・・

えーと、まあどっちも一応勝利できたのでよかったです。
今度はマジメに頑張ります。はい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 6日 (水)

召喚呪文メーカー

次のお題。

召喚呪文メーカー
http://www.voidelement.com/summon/Blueseeker

evianoでどうなったかというと。

続きを読む "召喚呪文メーカー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 5日 (火)

勝手にブログ評論されてみた

勝手にブログ評論やってみた。
(このブログの評論)

勝手にブログ評論
Prayin’ for the ground評論
紳士たる者、郵便法違反を疎かにしてはいけない。

総合得点 31

1月30日のようであるとも言える。腐ったステーションがひとつあると、全体がダメになってしまう。紳士淑女は刮目して郵便法違反を見よ。

それほどまでに、ひたすらにガーゼ交換は豊かであると言える。

時には優雅なスマブラXを、また時には鋭い郵便法違反。それが社交術というものである。

このブログの読者にお勧めの一冊
国鉄車両形式集 8 客車・貨車 ―栄光の国鉄車両哀惜のエピローグ (8)
¥ 5,040
山と溪谷社


似たようなブログ
兼業翻訳者の迂闊な日常

”ひたすらにガーゼ交換は豊かであると言える。”
・・・シュールやなあw

31点はまあ,わりと期待より高かったですよ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年1月14日 (月)

はてなハイク

はてなハイクにはまってしまいました。

はてなハイク
http://h.hatena.ne.jp/

私のidはこちら。
はてなハイク - id:eviano
http://h.hatena.ne.jp/eviano/
御笑納ください。

もちろん画像はシャピロ=キーツ
Dcg_shapirokeets
<今後ともよろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 6日 (木)

こんな情報通信法はイヤだ

第二章 インターネット局の免許等

    第一節 インターネット局の免許

第四条  インターネット局を開設しようとする者は、総務大臣の免許を受けなければならない。ただし、次の各号に掲げるインターネット局については、この限りでない。

4級アマチュアインターネット技士:
ウェブページの閲覧及びメール等の送受信のみ可能。

3級アマチュアインターネット技士:
掲示板等への書き込みが可能となり,広くネットに意見を表明することができる。
ただし,2ch語及びAAの解読試験を課される。

2級アマチュアインターネット技士:
ブログ等ウェブサイトの立ち上げが可能になる。

1級アマチュアインターネット技士:
ドメイン名の取得が可能になる。

そっから先はプロの領域ということで。

他にも総合インターネット通信士,海上インターネット通信士,海上特殊インターネット技士等々,インターネット局の開局に際して細かい条件が付される場合があるので法令を参照のこと。

参考:
nikkei netの記事→
wikipedia:アマチュア無線
日本アマチュア無線連盟
JARD養成過程講習会のご案内
電波法電波法施行令

| | コメント (0) | トラックバック (0)