2011年10月11日 (火)

年金支給年齢引き上げ、保険料も引き上げ。

働く高齢者の年金減額縮小を検討 厚労省、高齢者の就労促す(日経)

厚生労働省は11日、働きながら年金をもらう「在職老齢年金制度」の見直しに着手した。60~64歳で働く会社員は給与と年金の合計が月額28万円を超えると年金が減額される仕組みがあるが、減額幅を今より圧縮する改革案を示した。高齢者の就労意欲に配慮する。年金財政の悪化を防ぐため、年金の支給開始年齢を68~70歳に引き上げる改革案も示した。いずれも労使の反対が強く、実現するかは不透明だ。(2011/10/11 22:59)

実際いつかは年金の支給年齢が引き上げられ、また保険料も上がることも必然と言えなくもない。昔はある程度の割合で支給年齢にたどり着けなかったし、逆にそういう前提で制度が出来ていた。現状65歳で就労不能と判断してしまうのは色々不都合があるし、保険のセオリーとして、就労年齢でなく生存率から計算したほうがスジがいいと思う。

あまりソースに乏しい話ではあるが、今の80近くというのは、実際乳幼児期に数分の一ぐらいにセレクトされてる。また、今の30ぐらいは、3割近く70にたどり着けない気もする。

あまり明るい未来とは言えないが、全ての人間が年金支給年齢にたどりつけるということ自体が、年金の制度破綻と同義となってしまう面もある。いずれにせよ、私が大学のゼミで習ってたとおりの約束された未来だなあという感慨しかない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月13日 (水)

地元から見る脱原発発言

菅総理が脱原発の方針を打ち出しました。

大まかに言って今更原子力推進というのはさすがに無い話なので、まあだいたいの方向は間違ってないというか止むを得ないところなんでしょうけど、やはり政策的になにも担保するものがない、言ってみれば「言うだけならば誰でもできる」レベルの空気に落ち着いてしまってるのが色んな意味で残念であります。

原発の地元に住んでる立場から見ると、これまで増設の方向で色々進めてきて、マンションやホテルも新しく建てて投下した資本この先どうすんだよというのが正直な感情で、今まで原発の点検作業員やらを当てにして生き延びてきた旅館業の人たちなんかも、これからどうすんだよという感じが街のあちこちから上がっておりまして、事情が事情だけにここはぐっと堪えるしかないんでしょうか。

何にせよ意思決定のプロセスと行政府の事務執行が整然となされていればある程度止むを得ない犠牲もあろうかと、確かにあんなものなければいいに決まってるし、原発やめて訪れる未来が明確に描かれているのであれば民間は民間でそれに対応した動きをするというものでしょうけど、国のトップが敗戦の残響をネガ焼きしたような人物であり、社会に対する憎悪とルサンチマンを国民になりかわって国にぶつけるという、まあこれはある意味日本社会の当然の帰結と言えなくもないのですが、反国家の急先鋒がこのタイミングで国家のトップになるという何とも皮肉な状況のまっただなかに我々はいるわけでありまして、本人がやめない限り尋常な手段でその地位を追うことは無理な以上、やはりこの混乱は当分続くものと思われますので、そういった色々な歴史を鑑みながらこの夏をどう乗り切るかをそれぞれ考えなければいかんよなあといったところです。

首相、会見で脱原発の方向打ち出す 具体策は示さず
http://www.asahi.com/politics/update/0713/TKY201107130598.html

菅直人首相は13日、首相官邸で記者会見し、原子力を含むエネルギー政策について「原発に依存しない社会をめざすべきだと考えるに至った。計画的、段階的に原発依存度を下げ、将来は原発がなくてもやっていける社会を実現していく」と語り、「脱原発」社会を目指す考えを表明した。しかし実現のための政治プロセスや原発削減の数値目標、電力需給の見通しなどは具体的に示さなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 2日 (土)

原発と向き合う人々

昨日NHKで地元が放送されました。

かごしま熱風録
http://www.nhk.or.jp/kagoshima/program/b-det0005.html

原発とどう向き合っていくのか
~揺れる10キロ圏内の住民~

7月1日(金) 午後7時30分~7時55分  総合
7月3日(日) 午前7時45分~8時10分  総合(再)

福島第一原発事故から約4カ月。いまなお、事態の収束は見込まれていない。川内原発から10キロ以内の地区の代表者たちは、市や国、九州電力に対して納得のできる安全対策を求め、それがなければ3号機の増設には賛成できないと反旗を翻した。今後、国内の原発をどうするのかという議論が進むなか、目の前にある原発とどう向かい合うのか揺れる住民たちの姿を追いました。

以下は今朝の私のツイートより。

原発の地元に住む者として、原発に依存する自治体を悪し様に言うツイートをみるたび、申し訳ないというか悔しいというか、因果なものだなと思う。確かにあんなもの無いに越したことはないけど、当事者なりにそれなりの葛藤は抱えているので、同情しろとは言わないけど、深く考えないといかんなと思う。

昨日nhk鹿児島で原発直近の自治会長達の動きがレポートされていた。そのうちの一人はなんと九電OBでかつて原発の建設にあたって地元に安全性を説明して回っていた。今では震災を受け、かつてよりさらに高い水準の安全性を確保できない限り反対の立場。

さらにもう一人の自治会長は周辺の会長と連盟で反対陳情を出したものの、3号機用地利用を進めてもらう立場から条件付き賛成に。より具体的な差し迫った問題として、避難する際のマイクロバスが通る道路が狭いのでせめて拡幅して欲しいと市に要請していた。

せっかく原発もあるし、このほど廃棄物の管理型最終処分場も着工したので、次はぜひ高レベル病原体の検査施設等の迷惑施設を次々と誘致して、無関心な都会の人々の陰で、補助金をたっぷりと貰うそんな生き方を進めればいいのかな。それが辺境の自治体が生きていく知恵ですね。

何も原発に限らず、やむをえず必要な施設はいっぱいあるよね。どれも当面必要だからあるわけで、そこに関わる人も何ら恥じるべきものはないと思う。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月25日 (日)

2030

twitterでの書き込みより:

どちらにせよ、英語の読めない、ITの使えない団塊の老人が多数派となる体制が今後20年は続いていくのが 今後の日本。この連中を今から再教育しようとしても無理でしょう。今やるべきは2030年に自分達がどうありたいのかを一人一人が考え、それまで必死に生 き残って、自分を磨いていくしかない。

そういえば私が役所に入った時の小論文は、今後日本で世代間対立が先鋭化するというテーマで書いた。だが結 局若者は政治の舞台に上がらず、引きも切らず団塊世代の一人がちというか孤独な舞台が続いた。亀井さんの国民新党が出てきたあたり、これは老人代表になる かと思ったが、その必要すらなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月11日 (月)

公明党に政権奪還の意思有りや無しや

総県男幹に参加し,今後の活動内容については把握できた。

続きを読む "公明党に政権奪還の意思有りや無しや"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年8月10日 (月)

九州ブロックに5人目の候補者

公明の公認候補50人(小選挙区8人含め)に
常任役員会

メモのみ。

公明党は6日の常任役員会で、今月(8月)18日公示、30日投票の第45回衆院議員総選挙の第2次公認予定候補(比例区15人=いずれも新人)を決めた。これにより、比例区の公認予定候補は計42人(前職22人、新人17人、元職3人)となった。名簿登載順位は未定。小選挙区の公認予定候補8人(いずれも前職)と合わせ、衆院選の公認予定候補は計50人となった。

(中略)

四国ブロック(定数6)では、公明新聞四国支局副部長で党四国方面青年局次長の落合英寿氏が加わり、計2人(前1、新1)となり、九州・沖縄ブロック(定数21)は、弁護士で党九州方面青年局次長の濵地雅一氏が公認され、計5人(前3、新2)となった。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年9月 1日 (月)

福田首相、辞意表明

ジムにいってエアロビクスしてる間の出来事。

これはたぶん、解散総選挙まで逆算しての計画的な行動。
偶発的なものではないと思われます。
先日の会合でちょっと、がんばろーう的な話もあったので、ああこれかといった感じ。
これ以上は言わん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 4日 (水)

どっちなんだ後期高齢者

とりあえずコピペ。
リンクはヤフーのものなので不具合あるかも。

厚労省「7割下がった」 高齢者医療、保険料実態調査

6月4日8時4分配信 産経新聞

 75歳以上が対象の後期高齢者医療制度(長寿医療制度)の対象者約1300万人のうち、新たに保険料徴収対象となったサラリーマンの扶養家族だった約200万人を除く約1100万人の7割ほどが、従来の老人保健制度からの移行に伴い、4月からの保険料が下がっていたことが3日、厚生労働省の実態調査で分かった。政府高官が同日、明らかにした。

 後期高齢者医療制度をめぐっては、これまで「新制度で保険料が上がった」との批判が多かったが、実態調査結果を見る限り、大多数の高齢者の保険料は下がっていたわけで、政府・与党が検討している運用改善策や後期高齢者医療制度廃止法案の審議にも影響を与えそうだ。

 政府高官は同日夜、記者団に対し、「きょう厚労省から報告があり、1100万人のうち7割の人は保険料が下がっている。残る3割は上がっている。7割のうち、所得がどの程度の人が多いとかは分からない」と述べた。野党4党は新制度の廃止法案を提出していることにも触れ、「民主党はどうするつもりなのか」と指摘した。

 保険料をめぐる実態調査は、舛添要一厚生労働相が4月末、新制度をめぐる混乱が続いていることを受けて、次回保険料が年金から天引きされる6月13日までに実施するよう指示。厚労省は市区町村にモデル世帯の保険料の増減を報告するよう要請していた。

同じ新聞でまったく逆の記事がw

低所得層ほど負担増えた 後期高齢者医療制度で実態調査

6月4日20時20分配信 産経新聞

 厚生労働省は4日、75歳以上が対象の後期高齢者医療制度(長寿医療制度)への移行に伴う保険料増減の実態調査結果を発表した。旧制度より負担増となった世帯割合は、年金収入177万円未満の低所得層が39%だったのに対し、中所得層が25%、高所得は22%で、所得の低い世帯ほど保険料負担が増えていた実態が浮き彫りになった。「一般的に低所得層は負担減となり、高所得層は負担増となる傾向にある」としてきた厚労省の説明が否定された形で、新たな制度批判につながりそうだ。

 調査結果によると、国民健康保険から移行した約1100万人のうち69%の人が保険料が安くなった。市区町村ベースでみると、7~9割の自治体で単身世帯や中所得層以下の夫婦世帯が負担減となった。一方、子供夫婦との同居世帯は負担増となった自治体が多かった。

 都道府県別では、負担減となった世帯が少なかったのは沖縄36%、東京44%など。ただ、与党がまとめた保険料の追加軽減策を適用すると沖縄は61%、東京も71%になり、都道府県全体でも負担減となる世帯は75%まで拡大する。

朝令暮改ってやつですか?

保険料については国民的な関心事であるわけで、先日うちの市役所にも調査用紙が回ってきて、県に送る前の回答を見せてもらったことがあるけど、安くなるのか高くなるのか、実際これが全く分からない(笑)
果たして保険料が安くなるのか高くなるのか、法則性を見出すのはプロでも至難の技だろう。
だからといって後期高齢者なんか即廃止汁、なんてアホの言うことだし。

国保の保険料と計算が違うので一概に比較できないといえばそれまでだけど。
さらに広域連合の運営内容によって差が出てきたりするのでもうややこしいったらありゃしない。
基本的に保険料の中身は所得割と均等割で、資産割とかあり得る国保の保険料と単純に比較するのは難しいのは分かる。

うーむ、本職なのに説得力のある説明が全然できてないな。
ヒマなら詳しく調べてみよう。
というか安いところあったら介護保険料みたいにそこに引っ越すとかどうだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 6日 (日)

鹿児島市議選に「あの人」が(゜Д゜)!

とりあえずこれを見てほしい。

ザ・選挙
 鹿児島市議会議員選挙-立候補者一覧

候補者リスト内に・・・
一人だけ顔写真のある人がいます・・・・
意外と見覚えのある顔です・・・・・・・・・・

↓↓↓
外山 恒一

・・・・

(゜Д゜)ポカーン・・・・

・・・・・・・・

なんで?w

あーそういえば鹿児島出身だったなあ。

外山恒一(wikipedia)

1970年、鹿児島県隼人町(現霧島市)に生まれる。

このブログでの言及はこちら
つうかなんでこんな泡沫候補の宣伝をせないかんのだ。
また片棒を担いでいるじゃないかwwww
釣られて記事を書いた自分に激しく後悔している。
ちゃんと公明党の宣伝をしろと自分に言いたいwww

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月19日 (火)

BDは普及する。だがそれよりも容量の無駄使いを何とかしてほしい

今回はかなり決着が早いなと感じた。そして引き際も洗練されている。

ロイター:東芝のHD撤退に株価は好感、損失額・ブランド低下は限定的の見方

[東京 18日 ロイター] 東芝(6502.T: 株価, ニュース, レポート)が、新世代DVD規格の「HD DVD」事業から撤退する方針が先週末、明らかになり、週明け18日の東京株式市場で、同社株は前営業日比45円高(5.74%高)の829円で取引を終えた。

 ソニー(6758.T: 株価, ニュース, レポート)などが推進する「ブルーレイ・ディスク(BD)」方式との規格争いで敗色濃厚となり、早期に見切りをつけたことが、同社の「選択と集中」路線に沿った判断と市場関係者からは評価されたようだ。また、撤退に伴う損失額や東芝ブランドへの悪影響は限定的との見方が出ている。

   

次世代DVDは意外に早く決着がついた形だ。
とはいえこれ以上撤退が引き伸ばされても両陣営誰も得しないので,合理的で妥当な判断だったと思う。

こうしてプラットフォームの一本化が成し遂げられたわけだけど,ネット界隈では話が一気に飛躍して,ディスクレスの音楽・映像配信が実現しつつあるので次世代メディア戦争に意味はない,双方敗れたり,とする声もあるが,いやそれはさすがに気が早いよ,と言っておきたい。

自分の周りには,DVDをかけたことすらない,インターネットさわったこと無い,ましてやニコニコ動画なんて存在自体知らない,要するにカセットテープから先を全く知らないナイナイナイツな婦人部のおばさま方が大勢いらっしゃるので,何かのはずみでテレビを地デジに買い換えた→ハイビジョンを録画するのに適当なメディアは何か→BDで撮らないともったいない(矢沢栄吉)→じゃあ買いますという形でお買い求めになる方々は意外と多いのではないかと思いますよ。
世の中アーリーアダプターばかりではないのですよ。

まあたとえ世の中のソフト流通が最終的にはアップルTVのような形になっていくとしても,それが3年後なのか5年後なのか10年後なのか。
人口に膾炙しておばちゃん方が自然に受け入れられるようになるまでどのくらいかかるかが問題なのだ。
その間地元のTSUTAYAもBDを仕入れるでしょう。そしてそのために設備投資をするでしょう。
そのコストを何年で回収できて儲けが出るか。またもやアップルにかっさらわれるのはいつなのか。色々辛いかもしれないけど,その間食べていけるだけのお客様はおられると存じますので,本当に頑張ってください。TSUTAYAないと困るし。

ところで,DVDからBD等の次世代メディアになって,私はてっきりDVDディスク7枚組みのスタートレックDVDボックスが,1枚のディスクに収まってくれるようになるヽ(´ー`)ノものとばかり思ってましたよ。
(BDのディスク容量は1層25GB、2層式ディスクの場合は50GB,片面一層のDVDは4.7GB)
最大10倍近くのディスク容量があるのなら,なぜ素直にDVDの10倍の時間の映像を入れないのか。過剰なクオリティのビデオを入れて情報量の無駄遣いをする意味が分からない。
80年代のドラマとかをわざわざHDにしなくていいじゃん。
それよりいいシナリオのドラマを安くたくさんみたい。

アメリカのドラマの1シーズンや日本のドラマの1クールが,たった1枚のディスクに収まる。そのちょっとした贅沢さ,豊かさを想像してほしい。
高精細なスパイダーマンを2時間見るのもいいけど,いい加減目がチカチカする(歳だし)。それより深みのあるドラマを20時間堪能するほうがいいぞ。
どちらも商品としてはアリだと思うのでこういう切り口も大切にしていただきたい。

せっかく容量の大きいディスクなのに,もったいない。(矢沢栄吉)

参考にした記事:

404 Blog Not Found:BD vs HD-DVD、勝ったのはどっち?

| | コメント (0) | トラックバック (2)